All about Photonics

Business/Market 詳細

中国市場のレーザ溶接普及は2019年に約21%

October, 26, 2016, London--2015年、溶接装置産業は、収益、輸出などの主要経済指標が下降していくと見ていたが、R&D投資が新製品を生み出し、2014年比で18.8%成長となった。こうしたことからプレイヤは、現在の低迷市場において競争優位性を維持しようとしている。
 Market Publishersによると、中国では2015年に溶接装置の販売と生産は、それぞれ24%、22%減となり、在庫は33%増加した。同じ年に、インバータ・アーク溶接機械の販売と生産の増加が続いた。中でも、MIG/MAGアーク溶接機の成長が約4.6%と最大になった。
 レーザ溶接は、成長が続くと予測されている。これは堅調な中国の自動車市場と活気のあるEV市場が基盤になっている。切断や溶接のレーザアプリケーションにより、高度な自動化と柔軟な工業システムが可能になる。予測期間で、様々なレーザアプリケーションが、スポット抵抗溶接など、古典的な製法の大きな部分にすでに取って代わっている。従来のアプリケーションは、ドアの溶接、ドアステップ、側板、フロア、ルーフジョイント、車の前部、フード部分の溶接。レーザ溶接の普及率は2019年末で17~21%と予測されている。これは、一定の自動車部品でレーザ溶接利用が特別に利用されるためである。
 Chisult Insightのレポート「中国溶接装置産業調査レポート、2016-2019」は、中国に焦点を当てながら、世界の溶接装置産業の包括的な分析を行っている。