All about Photonics

Business/Market 詳細

世界の分布光ファイバセンサ市場、2026年までCAGR 10.4%成長

October, 21, 2016, NY--フューチャマーケットインサイツ(FMI)は、「分布ファイバオプティックセンサ市場:業界分析と商機評価2016-2026」を発表した。分布ファイバオプティックセンサ世界市場は、2015年に11億ドル、2016-2026年の予測期間にCAGR 10.4%で成長すると予測されている。
 FMIによると、石油やガス産業での採用増とインフラストラクチャ投資増が分布ファイバオプティックセンサ市場成長の主因。加えて、様々な建設プロジェクトで光ファイバセンサを導入する政府の政策が世界的な分布ファイバオプティックセンサ市場成長を後押ししている。分布ファイバオプティックセンサ固有の品質と特性も世界的な需要の原動力になっている。
 FMIのアナリストによると、分布光ファイバセンサの高コスト、APEJやMEAの主要市場の一部にみられる経済減速が、世界の分布ファイバオプティックセンサ市場成長の阻害要因となる。

市場は、技術(レイリー散乱ベース分布センサ、ブリルアン散乱ベースセンサ、ラマン散乱ベースセンサ、干渉計分布光ファイバセンサ、分布FBGセンサ)、アプリケーション(歪センシング、温度センシング、音響/振動センシング、圧力センシング、その他)、業界(石油&ガス、セキュリティ、エネルギー&公共設備、交通インフラストラクチャ、産業アプリケーション)、その他で分けられる。
・ラマン散乱ベースセンサ技術セグメントは、2015年の世界分布ファイバオプティックセンサ市場成長で33.3%の市場シェア。レイリー散乱ベース分布センサせくメントは、予測期間でCAGR 12.1%成長が見込まれている。
・温度センシングアプリケーションセグメントが、2015年に最高市場シェアで、5億1820万ドル規模だった。音響/振動センシングセグメントが予測期間では健全なCAGR 12.2%成長と予測されている。
・石油&ガス産業セグメントが、2015年は最高市場シェアで、世界の分布ファイバオプティックセンサ市場の60.9%を占めた。

地域市場予測
世界の分布ファイバオプティックセンサ市場は、7つの主要地域にセグメントされている。北米、ラテンアメリカ、MEA(中東&アフリカ)、日本以外のアジア太平洋(APEJ)、西欧、東欧、日本。2016年、北米が最大市場、30.9%のシェアと推定されており、予測期間を通じてこの優位性は継続すると見られている。北米の分布ファイバオプティックセンサ市場は、2015年に3億4210万ドル、予測期間を通じて販売額の優位性は継続する見られている。APEJは、予測期間を通じて年ごとの成長率は高いと予測されている。