All about Photonics

Business/Market 詳細

光インタコネクト市場、2022年に130億ドル

October, 18, 2016, Maharashtra--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)の「光インタコネクト市場、2022年までのグローバル予測」によると、市場は2015年に36億6000万ドル、2016-2022の予測期間にCAGR 18.13%で成長して2022年には130億3000万ドルに達する見込みである。
 帯域需要の増加とデータセンタネットワーク内の電力削減要求が、高効率のインタコネクトの必要性を作り出している。これは従来の銅線ベースの電気インタコネクトでは満たすことができないからだ。データセンタオペレータは、クラウドコンピューティングや他の新興ウエブアプリケーションによるネットワークトラフィック増に対処するために著しく高い帯域を必要としている。コモディティスイッチをベースにした現在のデータセンタネットワークは、こうしたトラフィック増に直面して過度な電力を必要とするようになっている。光インタコネクトネットワークは、有望なソリューションとして最近登場してきたもので、電力消費を削減しながら一段と高いスループットを提供する。

光トランシーバ市場の重要な役割
 光トランシーバ製品カテゴリは、2016-2022年に光インタコネクト市場で最大市場シェアを維持し優位を占めると予測されている。これは100G、40Gデータレートベースの光デバイスの採用が増加するためである。インターネットやクラウドコンピューティングの拡大が続いていることから膨大な帯域需要がでてきており、これに対処できるのはデータレート25G超をサポートできる光トランシーバしかないと見られている。

2015年ではデータ通信アプリケーションが最大市場シェア
 2016-2022年、データ通信アプリケーションが最大市場シェアを維持し、光インタコネクト市場で優位を占めると予測されている。広さ22,501平方メートルを超えるメガデータセンタの増加が、高密度光ネットワークの前例のない増加となり、光インタコネクト採用拡大の原因となっている。

北米が最大市場シェアを維持
 2016-2022年の予測期間で、北米が最大市場シェアを維持し、光インタコネクト市場で優位を占めると予測されている。北米には、Facebook, Oracle, IBM, Microsoft およびGoogleなどの企業が存在するので、実質的に北米はインターネットベースのビジネスで独占状態にある。それと相俟って、産業にも一般大衆にもインターネットが深く浸透しているので、北米は光インタコネクト市場で地域のリーダーとなっている。しかし、APACの光インタコネクト市場は急成長が予測されている。その背景には、インターネット接続の急増、インドや中国などの国々でEコマースなどのデジタルビジネスの高成長、現在の通信基盤アップグレードに政府や産業が継続して投資していることなどがある。