All about Photonics

Business/Market 詳細

フォトニックセンサとディテクタ市場、2016-2026年にCAGR 7.2%成長

October, 14, 2016, London--フューチャー・マーケット・インサイツ(FMI)は、「フォトニックセンサ&ディテクタ市場: グローバル産業分析&機会評価、2016-2026」レポートを発表した。それによると、グローバルフォトニックセンサ&ディテクタ市場は、2015年に225億ドルだったが、予測期間(2016-2026)にCAGR 7.2%で成長する見込みである。
 FMIによると、通信基盤への投資増、光ファイバ通信実行のための様々な政府の戦略が、世界のフォトニックセンサ&ディテクタ市場成長の主要原動力である。加えて、世界的な熟練労働者不足への対処と運用コスト削減のための産業自動化ソリューションの導入促進、また医療機器における新技術の継続的な開発と実装も、世界のフォトニックセンサ&ディテクタ市場成長を後押しする要素の一部である。

世界のフォトニックセンサ&ディテクタ市場は、センサタイプ(光ファイバセンサ、バイオフォトニックセンサ、イメージセンサ他)、ディテクタタイプ(フォトトランジスタ、シングルフォトンカウンティングモジュール、フォトダイオード、フォトセル他)、および最終ユーザ分野(防衛&セキュリティ、医療&ヘルスケア、化学&石油化学、家電&エンタテーメント、産業製造、航空、R&Dなど)をベースにして分けられている。

調査の要点
・光ファイバセンサセグメントは、2016年に市場シェア37.7%を占めると推定される。バイオフォトニックセンサは、2016年の市場シェアで二番目に大きなセグメントで、2016年末に29.9%のシェアが見込まれている。
・販売数量では、シングルフォトンカウンティングモジュールセグメントが、予測期間でCAGR 10.5%と最高成長率が予測されている。フォトトランジスタセグメントは、2016-2026の間にCAGR 7.0%成長が見込まれている。
・航空セグメントは、2016-2026年でCAGR 10.2%成長、一方、防衛&セキュリティセグメントは、2016年末には最高市場規模、26.3%のシェアが予測されている。

地域市場予測
グローバルフォトニックセンサ&ディテクタ市場は、北米、ラテンアメリカ、西欧、東欧、APEJ、日本、MEAに分かれる。北米市場が、2015年では最高市場規模で、74億ドル。北米は、2016年末には世界のフォトニックセンサ&ディテクタ市場で32.7%の市場規模に達すると推定される。APEJ市場は、予測期間において世界のフォトニックセンサ&ディテクタ市場で最も魅力的な市場になると予測されている。APEJ市場は、2016年末で44億ドル、2026年末で114億ドル規模と予測されている。

主要プレイヤは、浜松ホトニクス、オムロン、ONセミコンダクタ、サムスン、ソニー、キーエンス、Pepperl+Fuchs GmbH, Prime Photonics, LC, Banpil Photonics,、NPフォトニクス。