All about Photonics

Business/Market 詳細

UV/可視光分光計市場、2021年に11億6320万ドル

October, 13, 2016, Maharashtra--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「UV/可視光分光計市場、2021年までのグローバル予測」によると、市場は2016-2021年の期間に2016年の9億4420万ドルから、CAGR 4.3%で成長して2021年には11億6320万ドルに達する見込みである。
 グローバルUV/可視光分光計市場は、計測器タイプ(シングルビーム、デュアルビーム)、アプリケーション(学術、産業)、地域をベースにして分けられている。
 計測器タイプをベースにすると市場は、シングルビームシステム、デュアルビームシステム、アレイベースシステムおよびハンドヘルドシステムに分かれる。2016年、シングルビームシステムセグメントは、UV/可視光分光計市場で大きな部分を占めると推定される。これらの計測器は、簡便で経済的であることから、臨床検査、医療、石油化学、生化学、バイオテクノロジー、品質制御、環境保全で分析装置として通常用いられている。
 アプリケーションでは、市場は学術と産業アプリケーションに分かれる。2016年産業アプリケーションセグメントが、UV/可視光分光計市場で大きな部分を占めると推定される。計測器は、使いやすく、柔軟で、手ごろな価格、スケーラブルであることから、ライフサイエンスR&D、製造、品質保証/品質制御(QA/QC)および環境テストなど、様々な産業分野で用いられる。
 地域的には、市場は、北米、ヨーロッパ、APAC、その他(RoW)に分けられている。2016年、北米がUV/可視光分光計市場で最大シェアを占めると見られている。しかし、APAC市場は、予測期間を通じて最高CAGRで成長すると見込みである。成長の原動力は、主要市場プレイヤのこの市場への参入。
 UV/可視光分光計市場の主要プレイヤには、島津製作所(日本)、PerkinElmer(U.S.)、Thermo Fisher Scientific(U.S.)、Agilent Technologies(U.S.)、Hach Company(U.S.)が含まれる。