All about Photonics

Business/Market 詳細

光トランシーバ市場、2022年に68億7000万ドル

October, 11, 2016, Maharashtra--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「光トランシーバ市場、形状、データレート、距離、波長、アプリケーションと地域ごとの2022年までのグローバル予測」によると、光トランシーバ市場は、2016-2022年にCAGR 13.5%で成長して2022年には68億7000万ドルに達する。光トランシーバ市場の最大成長要因は、インターネットの普及とデータトラフィックの増加。スマートフォンや他の接続機器の需要増、クラウドコンピューティングが本流となっていることが、光トランシーバ市場成長の別の原動力である。

QSFP、QSFP+、QSFP14、QSFP28フォームファクタ合計で光トランシーバ市場の最大シェアを維持
 QSFP、QSFP+、QSFP14、QSFP28フォームファクタは、数少ない他のトランシーバに比べて成長率は低いと見られているが、2016年の光トランシーバ市場で最大シェアだつた。主な理由は、これらのトランシーバが、データセンタの高密度信号伝送、HPC、高速データ処理、VoIPなど主要トランシーバアプリケーションに最適であること。

SFP+とSFP28フォームファクタが最高成長率
 SFP+とSFP28トランシーバが予測期間において最高成長率が見込まれている。これは、2016年SFP+とSFP28トランシーバの市場規模が数量的に大きいことに原因があり、それとともにデータセンタ、クラウドコンピューティングなど多くのアプリケーションで利用されるネットワークの多様性の増大に適用できるようになっていることにも原因がある。

光トランシーバ市場の大量消費市場はアメリカ
 アメリカは、2016年光トランシーバ市場全体で最大のシェアを確保すると予測されている。アメリカは、多くの大手データセンタやクラウドプロバイダ会社の拠点である。また、データ通信需要も伸び続けている。スマートフォン、タブレット、VoIP装置などの通信機器需要の増加、成長するウェアラブル機器、伸び続けるデータセンタ適用性などにより、光トランシーバ市場はアメリカで飛躍的に成長した。