All about Photonics

Business/Market 詳細

技術の進歩がラマン分光世界市場の成長を後押し

October, 7, 2016, Wellesley--技術的進歩がラマン分光の世界市場の成長を促進している。BCCリサーチのレポートによると、プローブベースの技術がリアルタイムラマン分光の優位性となり、これが大きな市場成長を後押しする要因となる。
 ラマン分光は、組織における振動、回転、その他の低周波モードを観察する技術。化学では、この技術は分子が特定できるフィンガープリントを見るために一般に使用されている。ラマン分光は、単色光のラマン散乱、非弾性散乱に依拠している。通常は、可視光、近赤外、あるいは紫に近い領域のレーザからの光を使う。ラマン分光の主要アプリケーションに含まれるのは、ライフサイエンス、半導体、炭素材料、材料科学。

ラマン分光の世界市場は、2016年と2021年それぞれで11億ドル、18億ドルに達し、5年CAGR 9.9%で成長。ライフサイエンスが最大アプリケーションセグメントで、2016年の4億1600万ドルからCAGR 9.6%で成長して、2021年には6億5800万ドルに達する見込みである。半導体は最速成長アプリケーションセグメントで、5年でCAGR 10.7%と予測されており、2016年の1億6300万ドルから2021年には2億7100万ドルに達する見込みである。
 様々なアプリケーション、特にヘルスケアと研究におけるラマン分光の技術進歩が、市場の成長を刺激している。さらに、診断、ライフサイエンス、材料科学、マイニング分野におけるラマン分光の普及増は、最も重要な成長原動力。主要な市場の制約に含まれるのは、熟練労働力と高い導入コスト。
 2つの他の成長要因には、R&D需要の増加とアプリケーションの増加。アプリケーションは、国土安全保障、医療診断、食品加工、炭素材料、半導体など。
 BCCリサーチアナリスト、Sinha Guarav氏は、「プローブベースのラマン分光は、装置販売に関しては、市場で最大シェアである。また、この製品セグメントは、予測期間を通じて市場をリードし続けると見られている。サンプリング技術では、表面増強ラマン散乱(SERS)が最大市場シェアで、2015年の世界市場で40.9%を占めた。非常に過酷な条件におけるサンプルのリアルタイム分析要求の増加が、予測期間中でSERS需要を促進すると見られている」とコメントしている。