All about Photonics

Business/Market 詳細

フォトニクス市場、2021年に7242億ドル

September, 30, 2016, Maharashtra--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)は、「フォトニクス市場、2021年までの世界予測」レポートを発表した。世界のフォトニクス市場は、2016-2021年にCAGR 8.4%で成長して、2021年に7242億ドルに達する見込みである。
 ディスプレイ、情報通信技術、フォトボルテイック(PV)、医療技術&ライフサイエンス、計測&自動ビジョン、照明と製造技術などのアプリケーションからの需要増が、フォトニクス市場を牽引している。アプリケーションの中で、情報通信技術はフォトニクス市場の最大アプリケーションと見られている。このアプリケーションセグメントでは、フォトニクスは、データ変換、増幅システムや光変調システム(例えば、変調器、スイッチ、ルータ)、データ伝送用の光ファイバケーブル、ハードドライブやサーバなどのストレージ機器に使用される。

APAC地域の需要拡大がフォトニクス市場成長の主要原動力
 2015年APACは、世界のフォトニクス市場で最大シェアを獲得し、2016-2021年に最高成長率となる見込みだ。日本は現在、フォトニクスの最大市場であるが、予測期間中に中国に取って代わられると予測されている。インド政府は、通信業界だけでなく建設プロジェクトを支援するために投資促進プログラムを開始した。これがフォトニクス需要を大きく牽引する見込みである。インドは、フォトニクスの最速成長市場。