All about Photonics

Business/Market 詳細

エキシマとフェムト秒ガン科レーザ市場、2016年に6億6600万ドル

September, 14, 2016, NY--フューチャマーケットインサイツ(FMI)の調査によると、エキシマとフェムト秒眼科用レーザ世界市場は、2016年に安定した成長を示しており、販売額は6億6600万ドルに達する。エキシマレーザシステムは、引き続きフェムト秒レーザよりも販売額が多い。北米がNo.1市場であり、APAC(中国と日本を除く)は、エキシマとフェムト秒眼科用レーザの世界的に高収益が期待できる市場と見られている。
 老年人口の著しい増加と糖尿病の大幅増が、エキシマとフェムト秒眼科用レーザシステムの需要を継続的に活発化する主因となってい。眼科用レーザシステムの技術的進化が、普及を急速に拡大し、需要を後押しする要因になっている。屈折矯正手術と白内障手術数の増加により、ますます多くの病院や眼科クリニックが眼科用レーザシステムの需要を押し上げている。ヘルスケア意識の高まりと特に発展途上経済における支出増も市場成長の原動力になっている。
 とは言え、眼科用レーザシステム関連の高コストが市場成長の障害となる可能性がある。加えて、LASIC後の合併症が、エキシマとフェムト秒眼科レーザシステム大量普及の長期的な課題となると見られている。
 製品タイプでは、エキシマレーザシステムが引き続き、2016年を通じてフェムト秒レーザに対して優位を占める。エキシマレーザは、市場全体のシェアが60%を超えると予測されている。フェムト秒レーザは、2016年は前年比で大きな成長が見込まれている。継続的な技術と機能の進化により普及は拡大するものの、フェムト秒レーザシステムの販売には高コストがマイナスの影響をもたらすと予測されている。
 アプリケーションベースでは、屈折矯正手術分野が、2016年は最大約70%の売上シェアを占めると予測されている。また、同分野は白内障手術、嚢切開、繊維柱帯形成や診断など他のセグメントと比較して成長も最速である。白内障手術は、二番目に大きなアプリケーション領域になると見られており、エキシマやフェムト秒レーザシステムの大きな需要が見込まれている。
 エンドユーザでは、眼科クリニックセグメントが、2015年は最高売上高であり、2億7900万ドルだった。この分野は2016年も巨額の売上が見込まれており、2億9100万ドルに達すると予測されている。病院と外来外科センタは増加が見込まれている。またマルチチェーン眼科病院は、屈折矯正手術の急増により、米国で激増すると予測されている。
 地域ベースでは、北米が引き続き主要市場であり、2016年の市場全体の30%を超える売上高シェアとなる見込み。売上高では、北米のエキシマとフェムト秒眼科レーザシステムは、2015年の2億900万ドルから、2016年には2億1700万ドルに増加する見込み。西欧は引き続きエキシマとフェムト秒眼科レーザシステムの普及が拡大し、中国と日本を除くアジアパシフィック(APECJ)は、大きな成長機会が見込まれている。APECJは、この地域でヘルスケアインフラストラクチャが急増しているため、主要市場にとどまると見られている。中国は、2016年は最高成長率であり、エキシマとフェムト秒眼科レーザシステムにとって最も高収益の期待できる市場と見られている。