All about Photonics

Business/Market 詳細

OFS、MERLIN宇宙トランシーバプロジェクトに参加

February, 21, 2014, Brøndby--OFSは、MERLIN (Multi-gigabit, Energy-efficient, Ruggedized Lightwave Engines for advanced on-board digital processors)、通信衛星向けのトランシーバを開発する研究プロジェクトに参加する。資金はEUが提供する。
MERLINの目的は、次世代の大容量衛星通信でテラビット光接続を可能にする新しい宇宙フォトニクスハードウエアを開発することにある。
低消費電力、広帯域レーザとレシーバ、低消費電力放射線耐性強化電子ドライバ、新しい放射線耐性強化光ファイバを独自に組み合わせたテラビット光相互接続が今後3年のプロジェクトの焦点となる。過去最高の150Gbpsスループット、過去最高の<10mW/Gbpsエネルギー消費、耐久性の高いトランシーバを提供できる宇宙グレードフォトニック集積プラットフォームに、これらの技術集積することがMERLINの目標になっている。
OFSフェロー、Dr. Lars Grüner-Nielsenは、OFSの役割について、「OFSの作業チームは、コスト効率よく容量を拡張でき、エネルギー効率もよいサテライトを実現するために、放射線耐性の高いマルチコアマルチモードファイバを開発することだ」と説明している。
プロジェクトのまとめ役、ConstelexのLeontios Stampoulidis氏は、「MERLINのトランシーバ開発が成功すると、光相互接続テラスケールデジタルオンボードプロセッサをベースにして極めて柔軟性の高い先進的な通信衛星ペイロードが出現することになる。しかも、容量の拡張性、電力効率は画期的であり、経済性も高い」とコメントしている。