All about Photonics

Business/Market 詳細

前臨床イメージング(生体内)市場、2021年に9億1040万ドル

September, 6, 2016, Maharashtra--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)の「前臨床イメージング(in-VIVO)市場」調査によると、市場は2016-2021の期間にCAGR 6.2%で成長して、2021年には9億1040万ドルに達すると予測されいる。
 レポートは、診断法(光イメージング、PET、SPECT、CT、MRI、超音波、音響光学イメージング、磁性粒子イメージング)、試薬(光イメージング試薬、造影剤、PETトレーサ、SPECTプローブ)ごとに、2021年まで、北米、ヨーロッパ、APACおよびその他の地域(RoW)の主要な市場原動力、制約、商機、課題を分析、調査している。
 製品ベースで、世界の前臨床イメージング市場は2つの主要カテゴリ、すなわち診断技術と試薬に分けられる。前臨床イメージング法市場はさらに、7種類のイメージング法に分けられる。光イメージングシステム、前臨床核イメージングシステム、マイクロ-MRIシステム、マイクロ超音波システム、マイクロCT、前臨床光音響イメージングシステム、前臨床磁性粒子イメージング(マイクロMPI)システム。同様に、前臨床イメージング試薬市場は、さらに5つのセグメントに分けられる。
 診断技術セグメントは、2016年世界の前臨床イメージング市場で相対的に大きなシェアを占めると見られている。このセグメントは主に、世界中で前臨床調査研究におけるイメージングシステムの広範なアプリケーション、システムの高コスト、技術的に進んだ新しい前臨床イメージングシステムの開発と商用化に帰することができる。
 分子イメージング領域における技術的進歩、非侵襲的小動物イメージング技術に対する需要増、前臨床研究をサポートするための公私の取り組みと財政支援数の増加など多くの要素が前臨床イメージング市場成長の原動力となっている。
 2016年、世界の前臨床イメージング市場では北米が最大地域セグメントになると予測されている。それに続くのがヨーロッパ。しかし、APAC市場は、2016-2021の予測期間にCAGR 2桁で最速成長地域になると予測されている。薬学およびバイオテクノロジーR&Dに対する継続的な政府の支援、放射線同位元素製造をサポートする公私の投資増、橋渡し研究活動数の増加、主要アジア諸国の発展する規制シナリオを含む多くの要素がAPAC地域における前臨床イメージング市場の成長を後押ししている。
 2015年現在、主なプレイヤは、PerkinElmer、富士フイルムホールディングスコーポレーション他。