All about Photonics

Business/Market 詳細

世界のUV LED技術市場、2020年までにCAGR 36%成長

September, 5, 2016, Toronto--テクナビオの市場調査レポートによると、UV LED技術は、2020年に6億5800万ドル超の市場規模となる。
 UV LEDの普及増は主に、低所有コストに後押しされている。UV LEDは、従来の水銀ランプと比べると初期コストは高いものの従来の水銀ランプよりも寿命が少し強化されている。さらに、コンパクトサイズ、低放熱、ゼロウォームアップタイム、低エネルギー消費、耐久性の強化が低メンテナンスコストと相まって、旧来のCCFL技術と比べると約50%のコスト削減になる。2015年中、APACが市場全体の約43%を占めて世界市場で優位に立った。この地域でのUV硬化装置や技術の高い利用率が、予測期間においてAPAC市場の成長に貢献すると見られている。
 「家電でのUV LEDの採用が増えている。LEDのコンパクトサイズ、低い運用コスト、低消費電力、廃棄処分の容易性、オゾンフリー動作、多様な波長での柔軟な動作が、このトレンドの大きな原動力となっている。現状では、LEDは、スマートフォン、タブレット、ノートブックなどのモバイルコンピューティング機器で大幅に採用されつつある」とテクナビオリサーチのハードウエア&半導体主席アナリスト、Sunil Kumar Singh氏はコメントしている。
 2015年、UV硬化セグメントが世界のUV LED技術市場で優勢となり、市場全体の売上高の48%以上を占めた。印刷業界が、UV硬化装置の最大ユーザの1つとして登場してきた。印刷デザイナとメーカーは、UV LEDインクジェットでハイパワービニングとキュアリングの両方を達成でき、可能なかぎり最高の画像品質を実現している。キュアリングUVインクジェットのインクにUV LEDシステムを利用することは印刷所に新たなアプリケーションを導入することになる、印刷プラットフォームの多様性も拡大される。
 主要ベンダーは、Hexatech, Crystal IS, LG Innotek, SemiLEDs, Nichia, および Philips Lumileds。
(詳細は、www.technavio.com)