All about Photonics

Business/Market 詳細

3Dプリンティングの登場が対戦車ミサイルシステム世界市場の成長を刺激

September, 5, 2016, Toronto--テクナビオ(Technavio)の市場調査分析は、2016-2020年に対戦車ミサイルシステム世界市場がCAGR 約4%で成長すると予測している。
 2015年世界の対戦車ミサイルシステム市場は、アメリカが優位を占め、市場シェア37%だった。
 テクナビオリサーチの航空宇宙&防衛主席アナリスト、Abhay Kumar Singh氏は、「3Dプリンティングの登場が、この市場の成長に確実に反映されているトレンドである」とコメントしている。「3Dプリンティングは進化中の技術であり、これによってユーザは、鋳型製造、CNC切断やキャンバスプリンティングなどの従来製法を凌駕する方法でパーツを造り設計できる。加えて、3Dプリンティングはエレクトロニクスを直接3D表面、例えばロケットエンジン、ミサイルフィン、その誘導システムにプリントできる。また、ミサイルシステムのサイズや重量を減らすこともできる」。
 2020年までに車両搭載タイプが、対戦車ミサイル世界市場で引き続き優勢で、販売額約63%を占める見込みである。車両搭載対戦車ミサイルシステムは装甲戦闘車両の装備であり、特に敵戦車や装甲車との交戦向けに設計されている。
(詳細は、www.technavio.com)