All about Photonics

Business/Market 詳細

マイケルソン・ダイアグノスティクス、Axsunからレーザエンジン購入

February, 13, 2014, Orpington/Billerica--ボルカノ(Volcano Corporation)の子会社、アクサンテクノロジーズ(Axsun Technologies Inc)は、マイケルソン・ダイアグノスティクス(Michelson Diagnostics Ltd)からスエプトレーザOCTエンジン(Swept Laser OCT Engine)を大量受注した。
AxsunのSwept Laser OCT Engineは、マイケルソン・ダイアグノスティクスのVivosight Multi-Beam OCTシステムに搭載される。同システムは、皮膚を高精細にイメージングする用途で、米国食品医薬品局FDA510(k)認可を受けた最初のOCTスキャナであり、これまでになく詳細に皮下組織構造を明らかにすることができる。
Axsunのジェネラルマネージャ、Jonathan Hartmann氏によると、AxsunのスエプトレーザOCTエンジンは、多くのイメージングアプリケーションでリアルタイムOCTイメージングに適している。
Axsunは、Photonics West2014で最新のSwept Laser Enginesのデモンストレーションを行った。
なお、マイケルソン・ダイアグノスティクスは、マルチビームOCTイメージング、VivoSightを使って悪性黒色腫を評価するプロジェクトADVANCEをリードしており、このプロジェクトはEUから226万ユーロの助成金を受けている。