All about Photonics

Business/Market 詳細

技術進歩と競争の結果、VLC市場成長

August, 3, 2016, Peachtree City--ナビガントリサーチ(Navigant Research)は、可視光通信(VLC)技術について市場成長の原動力と障害、市場の主要プレイヤについてレポートしている。
 住宅の接続デバイス数の増加に伴い、WiFiの帯域限界が明らかになりつつある。同社によると、世界の住宅用接続デバイスの出荷は2016年の7210万から2026年には、3億6400万に増加する。これらのデバイスをサポートする最大データ容量が伸びると、VLC市場が大きく伸びると見られている。ナビガントリサーチのレポートによると、VLC技術は5年の歴史しか持たないが、大きく進歩して多くの企業がこの新興市場で場所を確保する機会をつかんでいる。
 調査アナリスト、Krystal Maxwell氏は「VLC技術は開発の初期段階にあり、標準化に関する不確定性、消費者の認識の欠如、プライバシーの侵害などが障害になっている。しかし、VLC市場は技術主導で、より安全で高速なデータ伝送を可能にし、接続デバイスの増加によるデータトラフィック増にともない、新たな通信技術となる」とコメントしている。
 同レポートによると、普及が進んでいるLEDsもデータ伝送光源として成長が見込める。LEDsは、変調能力があるので、データソースとなり得る。