All about Photonics

Business/Market 詳細

スマートマニュファクチャリング市場で接続デバイスが力強い成長

July, 19, 2016, Wellesley--BCCリサーチにによると、スマートマニュファクチャリングは、未成熟の市場であるが、今後5年で世界的に売り上げ機会は2桁成長が期待できる。同社のレポートによると、接続された機器の市場セグメントが世界市場の重要な成長原動力となる。
 スマートマニュファクチャリングとは、相互通信できる内蔵技術を含むマシーンネットワーク。スマートマニュファクチャリングの発展は、主に最近のモノのインターネット (IoT)の成長を基盤にしている。
 スマートマニュファクチャリング世界市場は、2015年の1590億ドルから、5年のCAGR 19.8%成長を反映して、2020年には3920億ドルに届く。セグメントとしては、APAC地域のスマートマニュファクチャリング市場が、2015年に590億ドル、5年CAGR 20.7%成長で2020年には1510億ドルに達する見込みだ。北米地域では、スマートマニュファクチャリング市場は2020年には1120億ドルとなる見込み。これは、2015年の470億ドルから、5年でCAGR 19%成長を反映している。
 西欧とAPAC地域では、強い環境意識と結びついた政府の権限が、IoT投資を促進している。APAC地域では、中国などの国々の大規模生産基地を考えると、生産効率向上も強いインセンティブとなっている。スマートマニュファクチャリングに対する世界的な投資は、CAGR 20%で成長して2020年には3920億ドルに達する。APAC地域は、約38%のチャンスがある。