All about Photonics

Business/Market 詳細

ベトナムのインターネットに汎アジア海底ケーブル切断の影響

July, 15, 2016, Hanoi--VietNamNet Bridgeによると、インターアジア海底ケーブルルートが切断され、修復は7月12~19日となる見込みだ。その間、ベトナムのインターネットは影響を受ける。
 この事故は、アジア-アメリカゲートウエイ(AAG)海底ケーブルルート(ベトナムと香港、USを接続)メンテナンス後、間もなく起こった。
 Viettelによると、このケーブルルート事故は6月27日に起こり、AAGのメンテナンスと同時に起こっている。しかし、7月12日まで、修復されていない。切断ポイントは、シンガポールの陸揚げ局から45kmの位置。
 特にこのルートは7月12~19日までサービス停止となる。この間、国際接続は主にAAGおよび陸上ルートを通じて行う。
 ベトナムには、汎アジア海底ケーブルルートを使用するインターネットサービスプロバイダが3社ある、Viettel, FPTおよびCMC。Viettelが最も影響を受けている。オペレータは、一時的にトラフィックを汎アジアケーブルからAAGに切替て、接続品質を維持すると発表している。
 このキャリアは、汎アジアケーブル修復期間中、トータルで160Gbpsトラフィックを追加して、中国、AAGおよび香港にバックアップルートを確保する。
 残りのインターネットプロバイダは、主にAAGと陸上ルートを利用して、汎アジア事故の影響が大きくならないようにする。
 汎アジアケーブルは、2009年9月にサービス開始となり、シンガポール、ベトナム、フィリピン、香港、日本を接続する総延長6800kmの海底ケーブル。