All about Photonics

Business/Market 詳細

LED照明: 公共輸送車両市場予測

July, 14, 2016, Aptos--エレクトロニキャスト(ElectroniCast Consultants)は、公共輸送車両で使用されるLEDランプ/デバイスの世界市場予測を発表した。レポートは、実際の消費市場データ2015年と、それ以降の年ごとのデータを2022年まで提供している。
 調査によると、公共輸送車両のLEDベースのランプ/デバイスは2015年に13億6000万ドルに達した。2015-2022年の期間に、消費額は平均年率4.92%で成長して、2022年には19億ドルに達する見込みだ。市場予測データは特殊暦年のもので、累積データではない。
 APACが世界の消費をリードしており、2015年の相対市場シェアは51.4%だった。EMEA(欧州、中東とアフリカ諸国)が昨年は、世界の公共輸送車両LEDランプ/デバイス消費額の25.6%を占めた。アメリカ地域(北米と中南米)は、米国が市場を牽引し、予測期間を通じてNo.3の座にとどまると予測されている。
 バスカテゴリが、2015年は37.1%(5億500万ドル)で、世界消費の相対市場シェアでリード。軽量軌道公共輸送車両、高速鉄道/メトロタイプ、高速車両や通勤車両に比べて、バスカテゴリは、成長速度が相対的に緩慢であると予測されている。高速鉄道/メトロカテゴリは、2018年には市場シェアでトップに立つが、その後、バスカテゴリが2022年にはリードを取り戻すと予測されている。これは高速鉄道/メトロでLEDsが飽和するからである。
 言うまでもなく、公共輸送車両には、都市間および地下鉄、市外電車、路面電車が含まれる。しかし、ElectroniCastは、船(フェリー)も市場予測と分析に含めている。フェリー(同等の水上バス)は、政府運用と私企業運用が、全ての地域に存在する。