All about Photonics

Business/Market 詳細

世界のLED照明バラスト市場展望

July, 6, 2016, Toronto--調査会社Technavioによると、世界のLED照明安定器市場は、2020年までの予測期間にCAGR 26%超で成長する。
 照明アプリケーションは、世界のエネルギー消費の大きな部分を占める。エネルギーコストと消費の段階的な成長により政府も消費者もエネルギー効率の良い照明ソリューションを採用することで消費電力を抑制せざるをえない。LED照明は、白熱電球よりも効果的にエネルギーを消費し、寿命も長い。さらに、柔軟なLED技術の導入により、照明制御の効果的な利用が可能になり、潜在的に省エネが見込める。こうしたことが、LED照明を様々な分野に導入する消費者の増加を後押しし、結果的にLED照明安定器市場の成長となる。
 特に先進国では、家庭をスマートホームに改良することを始めている都市があり、このような家庭ではホームネットワークは常に家電機器やエンタテーメント機器に接続されて相互通信している。スマートホーム市場は、予測期間においで大きな成長が見込まれており、ランプやフィクスチャを含むインテリジェント照明システムの導入を加速する。これにより、住宅アプリケーション向けにLEDランプや照明安定器の普及が促進される。

 市場調査の結果、地域的にはAPACが2015年は市場全体の50%を超すシェアを獲得した。同地域は、住宅分野からの一般照明需要が急速に増加すると見られている。また、低コスト労働と原材料が入手できることから、国際的な企業を引き付け、製造拠点設立に至っている。