All about Photonics

Business/Market 詳細

自動車照明の成長を後押しする破壊的技術と消費者行動の変化

May, 31, 2016, Lyon--Yole Développement (Yole)は、LEDレポート「自動車照明: 技術、業界と市場トレンド」を発表した。
 自動車用途照明市場は、2015-2021年にCAGR 23.7%で成長し、2021年には277億ドルに達する。デザインと新しい機能の導入の役割がますます強くなることが、この成長の原動力になっている。
 2015年、自動車照明市場は、前年比5.4%成長で224億ドルだった。ヨールのビジネスマネージャ、Pars Mukish氏は、「この成長は、車ごとの照明システムの内容が増えたこと、LEDベースのフロント照明システムの採用強化により、魅力的な製品混合になったことが原動力となっている」と分析している。ヘッドライトとDRLシステムは、それぞれ2015年の販売額の43%、28%を占めた。リアコンビネーションライト/センターハイマウント信号灯、インテリア照明、サイドの方向指示ライトを含む他の照明システムが、2015年の販売額の残りの29%を占めた。Yoleの分析によると、自動車照明市場は引き続き成長し、2021年には約277億ドル規模となる見込みだ。これは、2015年比で23.7%成長。成長分野についてヨールは、次のように分析している。
・短期: 様々な自動車照明アプリケーション/システムでLED技術の普及率が増加、車両ごとの照明内容も増加する。
・中/長期: OLEDやレーザのような新しい照明技術組み込みの可能性、AFLSや他のセキュリティ機能の開発、照明を新しい設計的特徴として用いる開発。
(詳細は、www.yold.fr)