All about Photonics

Business/Market 詳細

ElectroniCast、光ファイバセンサ世界市場予測

April, 19, 2016, Aptos--エレクトロニキャスト(ElectroniCast Consultants)は、「光ファイバポイントセンサと連続分布センサシステム」の市場予測と政界の消費市場の分析を発表した。
 同レポートによると、連続分布およびポイントファイバオプティクセンサ全体の消費額は、2015年に27億9000万ドルに達した。2015-2020の期間にCAGR 10%で成長し、2020年に44億9000万ドルに達すると予測している。この調査レポートの市場予測データは特定暦年のものであり、累積データではない。
 連続分布光ファイバセンサシステムは、ファイバにセンサを埋め込んだ光ファイバを含む。ElectroniCastは、個々のポイント光ファイバセンサを1個としてカウントする。しかし、分布連続光ファイバセンサの大きさは完全な一本の光ファイバと関連の他のコンポーネントをベースにしており、これは1つのシステムと定義される。
 「分布連続光ファイバライン(システム)は連続線に数100のセンシング素子を持っているので、重要な点は、ElectroniCastは分布連続システム内のセンシングエレメントのすべてを1システムユニットとカウントしていることだ。アプリケーションによってはシステムの価格は数千ドルとなることもある」とElectroniCastの光コンポーネントグループのダイレクター、ステファン・モントゴメリ氏はコメントしている。
 「ポイントセンサは、分布ファイバセンサシステム(マルチポイント/ポイント・ツー・ポイントで導入)で使用されることがよくあるが、それはポイントファイバセンサのカテゴリでカウントし、連続(ノンストップ)分布センサカテゴリには入れない」と同氏は付け加えている。
 市場予測によると、連続分布およびポイントファイバオプティクセンサ全体の消費額は、2016年に33億5000万ドル、2017年に39億4000万ドル、2018年に43億1000万ドル、2019年に44億2000万ドルに達すると見込まれている。