All about Photonics

Business/Market 詳細

光トランスポート装置市場、2018年に150億ドル

January, 22, 2014, Redwood City--DellOro Groupが発表した光トランスポート予測レポートによると、光トランスポート装置の総販売額は2018年には150億ドルに達する。今後5年、光市場成長の大半を押し上げるのはデンス装置の販売であるとDellOro Groupは予測している。

2013-2018光市場の主要トレンド
・継続的な容量需要がDWDM装置、特に100Gbps波長要求の原動力となっている。DellOro Groupは、DWDM市場は2018年までCAGR 8%で成長すると見ており、100Gbps波長はDWDM容量出荷で最大シェアとなり、2018年には80%に迫ると予測している。
・OTNおよびパケットトランスポートへの移行が、OTNスイッチング機能を持つ光パケットプラットフォームに対する需要を牽引する。DellOro Groupの予測では、光パケットプラットフォームの売り上げは、CAGR 15%で伸びて行く。
・装置販売におけるメトロ vs.コアオプティカルアプリケーションの比率は変化し、メトロ用途が投資の大半を占めるようになる。

DellOro Groupの光トランスポート市場調査VP、Jimmy Yu氏は、「光市場で展開される多くのトレンドの中で最も重要なものは100Gbps DWDM波長出荷の急拡大である。100Gの採用はコアネットワークからメトロネットワークへと展開していく。このように予測される100Gbps需要が、今後5年の光市場成長の主要原動力になる」と説明している。