All about Photonics

Business/Market 詳細

試験&医療科学デバイスで使われるLEDの市場予測

April, 18, 2016, Upper Lake--エレクトロニキャスト(ElectroniCast Consultants)は、医療および科学機器で使用されるパッケージLEDの世界消費市場調査を発表した。
 2015年、選定したテスト/計測および医療科学機器におけるLEDの世界消費額は1億3100万ドルだった。消費額は、平均年率19.3%で成長して2022年には4億5100万ドルに達すると予測されている。力強い数量の増加は、平均価格下落によって部分的に相殺される。市場予測データは暦年の消費額であり、累積データではない。
 LED市場予測データは、次のサブアプリケーションカテゴリに分けられる。
・センシング/検出および分析/モニタリング
・光線療法/サニテーション(公衆衛生)/細胞の再生/硬化
・測定器光源およびイメージング
 ElectroniCastによると、センシング/検出および分析/モニタリングアプリケーションは、2015年に選定したテスト/計測および医療科学機器におけるLEDの世界消費額の50%を占めた。2022年、これらのアプリケーションで使用されるLEDsの市場シェアは減少すると予測されているが、消費額は大幅に増加する見込みである。
 光線療法/サニテーション(公衆衛生)/細胞の再生/硬化アプリケーションカテゴリにおけるLED消費は、2015-2022年まで年間の成長率は約20%と力強い成長が予測されている。これはに、水処理、医療、健康&美容光力学治療(PDT)、硬化法が含まれる。
 測定器光源およびイメージング機器で使用されるLEDは、2015年に660万ドルに達した(前年は520万ドル)。