All about Photonics

Business/Market 詳細

3Dプリンティング市場、2022年に301億9000万ドル

April, 13, 2016, Washington--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「3Dプリンティング市場、2022年までの予測」によると、3Dプリンティング市場は、2016-2022年にCAGR 28.5%で成長して、2022年には301億9000万ドルに達する見込みである。
 3Dプリンティングはプロトタイプの開発から、エンドユーザ製品、マス・カスタマイゼーション、複雑なパーツの製造に進化し、3Dプリンティングプロジェクトへの政府の投資、生産効率の向上などの要素が、3Dプリンティング市場の成長を後押しすると見られている。
 
予測期間で3Dプリンティング市場の最速成長技術はレーザ金属蒸着
 レーザ金属蒸着(LMD)プリンティング技術のメリットに含まれるのは、金属廃棄物や金型費の削減、高価なパーツの修理、リードタイムの削減、顧客の仕様によるパーツの特注。LMD技術は、パーツの修理、クラッディング、パーツ製造に関係する。この技術の共通アプリケーションに含まれるのは、金型表面、航空機エンジンや軍事車両などの高価なパーツ、保護被覆付きタービンブレード先端の修理、石油やガス掘削コンポーネントの表面仕上げ。

予測期間では北米が3Dプリンティング市場で優位を占める見込み。
 USが市場成長の主要な原動力となる見込み。主要工業生産、米国にある航空機と防衛、ヘルスケア会社が、3Dプリンティングの採用を増やしており、これが3Dプリンティング市場の成長につながる。継続的な技術の進歩、政府からの財政支援も、3Dプリンティング北米市場の成長を後押ししている。企業の中には、プロトタイプ開発向けだけでなく、エンドユーザ製品の製造に向けて3Dプリンティングを採用しているところもある。