All about Photonics

Business/Market 詳細

通信テスト/計測市場は2018年に55億1000万ドル

January, 15, 2014, Dallas--マーケッツアンドマーケッツ(MarketsandMarkets)は、「通信テスト/計測市場」レポートを発表した。
同レポートによると、通信テスト/計測(CT&M)市場は、2013年に37億5000万ドルだったが、2018年には55億1000万ドルに拡大する。地域的には、北米とAPACが売上ベースで最大市場になると予測されている。一方、この予測期間中にヨーロッパとラテンアメリカでは、市場の牽引力が増す。
CT&M市場の大きな原動力となっているのは急速に発展する通信標準、LTEネットワークの展開、ソフトウエアで定義されたモジュラー計測アプローチに対する要求、帯域需要の増加。サービスプロバイダは、相互運用性や干渉に起因する課題に直面しており、十分なテストサポートツールが必要になる。
マーケッツアンドマーケッツは、CT&M市場をテスト装置のタイプに基づいて大きくワイヤレステスタとワイヤラインテスタに分けている。テストの種類では、エンタプライズテスト、フィールドネットワークテスト、ラボと製造テスト、ネットワークアシュアランステスト。サービスでは、製品サポートサービス、プロフェッショナルおよびコンサルティングサービス、マネージドサービス。エンドユーザでは、ネットワーク装置メーカー(NEM)、モバイル機器メーカー、通信サービスプロバイダ、エンタプライズ。地域では、北米(NA)、ヨーロッパ、アジアパシフィック(APAC)、中東とアフリカ(MEA)、ラテンアメリカに分けている。
(詳細は、 www.marketsandmarkets.com)