All about Photonics

Business/Market 詳細

工場にインターネット・オブ・シングズ(IoT)

March, 15, 2016, Boston--ラクスリサーチ(Lux Research)によると、産業ユーザーは、ますます多くのデバイスをインターネットに接続するコンシューマーの後を追っているが、価値を得るには適切な利用例を確認する必要がある。幅広い産業で世界中の企業が産業の作業場のほぼすべてを接続する機会を求めているので、コスト、効率、安全が大きな話題になっている産業インターネット・オブ・シングズ(IIoT)を後押ししている。
 「ウェアラブルから広い場所のリアルタイム位置測定システムまでの例で、EquivitalやPINC Solutionsなどのベンダが、実行可能なビジネス事例を求めて明確な、価値ある提案を確立しようとしている」とレポート「産業インターネット・オブ・シングズを定義する」レポートの筆頭著者、ラクスリサーチアナリスト、Isaac Brown氏はコメントしている。
 「目標は、従業員の安全から資産マネージメントにおける単純な効率改善までであるが、ユーザーは実際の運用でこの価値の実証の実際的な障害に注意する必要がある」と同氏は付け加えている。
 ラクスリサーチが開発した分類法によると、接続された資産は4つのカテゴリに明確に分類される。設備、人々、物品、環境。それらを接続するIIoTシステムは6つの個別コンポーネントを持つ、オペレータの行動を通じてわれわれの周辺世界を計測するセンサからの信号パスに続く。
 ラクスリサーチのアナリストは、明確な価値命題を示す複数の事例研究を明らかにした。
・ダイムラー(Daimler)は運用効率を向上させている。PINC SolutionsのRFIDベースのシステムを使い、ダイムラーは99%のトレーラーヤード精度、トレーラ移動時間の50%削減をサルティヨの130平方フィートのプラントで達成した。
・エクイヴァイタル(Equivital)が安全性を向上させる。化学工場でIIoTシステムの導入で従業員の健康と安全をEquivitalが明示した。EQ-02 LifeMonitorの中心には、労働者が胸の周りにつけたウェアラブルがあり、これによってこの工場では障害率が大幅に減った。
・サイトマシーン(Sight Machine)が最適化を進める。多くの工場でリアルタイムデータを収集して分析することで、サイトマシーンは消費財メーカーが工場の能力低下を確認し、プロセスを最適化し、より効果的な予防保守計画を低減するのに役立った。
(詳細は、www.luxresearchinc.com)