All about Photonics

Business/Market 詳細

近赤外イメージング市場、2022年に253億ドル

March, 4, 2016, Maharashtra--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)の「近赤外(NIR)イメージング市場」レポートによると、世界市場は2015-2020年にCAGR 8.8%で成長して、2020年には4億7120万ドルに達する見込みだ。
 同レポートは、製品タイプ(近赤外蛍光イメージングデバイス、近赤外蛍光&バイオルミネセンスイメージングデバイス、試薬)、アプリケーション、エンドユーザと地域ごとに市場を分析している。
 世界の近赤外(NIR)イメージング市場の成長は、ガン患者の増加、他のイメージング法に対する優位性、技術的進歩によるものである。これらにより、近年NIRイメージング装置の利用が増加している。
 絶えることなくガン患者が増加しており、また技術も進歩していることから、過去10年で世界のNIRイメージング市場は成長してきた。2012年WHOによると、新規のガン患者は世界中で推定1410万件だった。過去5年でガンと診断された人々の約3250万人が2012年末に生存していた。世界の全新患の60%以上がアフリカ、アジア、中南米の患者である。
 北米市場は成長している、これは技術の進歩によるもの。ガン患者の増加、政府のサポート、人々の支出増により、ヨーロッパ市場は成長している。