All about Photonics

Business/Market 詳細

スマートファクトリー市場、2022年に748億ドル

March, 3, 2016, Maharashtra--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「スマートファクトリー市場」によると、その市場規模は、2016-2022年にCAGR 10.4%で成長し、2022年には748億ドルに達する見込みである。
 同レポートは市場を、技術、コンポーネント(センサ&アクチュエータ、通信技術、産業ロボット、マシンビジョン)、地域ごとに分析している。
 スマートファクトリーの登場は、機械、プロセス、リソースを局所的インテリジェンスで密接に制御する方向への変化の時期から見られる。IoTの導入によるエンジニアリングや製造の統合とともに、省エネやプロセス効率の向上への注目が高まり、これがスマートファクトリー市場の成長を促進すると見られている。
 マシンビジョン市場は、予測期間で最高成長率が見込まれている。マシンビジョンシステムは、使いやすいことから、ますます人気が高まってきている。スマートカメラなど、最近のマシンビジョン技術の進歩がマシンビジョンの範囲を広げ、産業分野、非産業分野でアプリケーションが増加している。
 APACが、2020年までに最大市場シェアを獲得し、優位に立つと予測されている。これは、中国やインドにおける製造分野の成長によるものである。APACの主要自動車メーカーの地域的な拡張がスマートファクトリー市場に新たな商機をつくりつつある。この分野の主要プレイヤは、FANUC, Siemens AG, ABB Ltd., Honeywell International, 横河電機。