All about Photonics

Business/Market 詳細

MACOMとAOI、100G QSFP28生産出荷で提携

February, 8, 2016, Lowell/Sugar Land--MACOM(M/A-COM Technology Solutions Holdings, Inc)とAOI(Applied Optoelectronics, Inc)は、データセンターアプリケーション向け100G QSFP28光トランシーバソリューションの初回注文と生産増をサポートするために提携を発表した。
 現在、データセンターで100Gの増加が始まっているため、QSFP28トランシーバは、100Gスイッチングやルーティング接続で重要なフォームファクタであり、重要技術になっている。提携の一環としてAOIは、MACOMの広範なポートフォリオであるCDRs、ドライバ、TIAチップセットをQSFP28ソリューションに利用する。MACOMのチップセットは、低消費電力、小型形状であり、これらはQSFP28ソリューションにとって重要技術。
 AOIのネットワーク装置モジュール事業ユニットのシニアVP、Joshua Yeh氏は、「MACOMは、幅広いチップセット製品ポートフォリオをCWDMとPSM-4両方のデータセンターアプリケーションに提供している。これは、メガデータセンター顧客が40Gから100Gへ移行するための決め手になる」とコメントしている。さらに同氏は、「この提携と、当社の内製25GHzレーザダイオードおよび100G光エンジンを組み合わせることで、AOIはデータセンター向けに最適化した100Gトランシーバの量産を行うことができる」と話している。
 また、MACOMのネットワーク担当SVP、ジェネラルマネージャー、Preet Virk氏は、「AOIからの数百万ドルの注文は、100G光データセンターアクセス市場におけるAOIの市場先導的な役割をサポートする提携の始まりである。また、これはLHとメトロ光市場における当社の100Gの成功に立脚するものであり、データセンターにおいても100Gが伸び続ける」とコメントしている。