All about Photonics

Business/Market 詳細

西欧の3Dプリンティング投資は年率29%成長

February, 2, 2016, Milan--IDCの「半年ごとの3Dプリンティング支出ガイド」によると、3Dプリンティングに対する西欧の支出はCAGR 29.6%で成長し、2015年の26億ドルから20109年には72億ドルに増加する。
 競争激化によってプリンタや材料がより利用しやすい価格になり、3Dプリンティングが無理なく利用できる価格になった。
 2015年、西欧における3Dプリンティングの主要な垂直市場は個別生産形態であり、その最大市場は自動車と航空宇宙である。2015年、生産は市場全体の33%以上を占め、2015-2019年にCAGR 23%で成長する見込みだ。
 「ヘルスケアも著しい成長を見せており、複合成長率は年に46%。2019年には3Dプリンティング市場の33%に達すると予測されており、主要垂直市場として、個別生産形態にとって代わる」とリサーチアナリスト、Carla La Croce氏は分析している。
 さらに同氏は、「成長が続いている歯科分野が3Dプリンティングソリューションの採用率が極めて高い。また、3Dプリンティングは建設や小売市場に拡大しつつある。この技術に対する関心が増しており、3Dプリンティングの導入が大変革を起こす。とは言え、この技術の利用は価格に敏感であり、ベンダは個々の市場へのアクセス方法を考慮すべきである」とコメントしている。
 また、IDCのリサーチマネージャ、Julio Vial氏は「3Dプリンタは、製造業を拡大し、局所的には流通を変え、オンデマンド製造の実施となり、不要な在庫や出荷コストを削減する。この技術により、大規模なカスタマイズが可能になり、多様な製品をプリントできるようになる。同時に、コストを削減し、過剰な材料はリサイクルできる。製品重量は減少し、3Dプリンタによって道具の一部が置き換えられるので、必要な道具の数が減少する」と話している。
 IDCによると、APAC、US、西欧の総シェアは、2014年の59.2%から2019年には70%に増加する。