All about Photonics

Business/Market 詳細

技術が後押しするUV消毒機器の世界市場

February, 1, 2016, Wellesley--BCCリサーチによると、新興市場では主要都市は水需要の短期的ソリューションとして地下水利用をますます増やしており、地下水は枯渇の警戒レベルになっている。これらの都市では水管理危機に直面しており、この切実な問題に対処するために廃水管理にUVベースの技術を利用するようになっている。
 UV消毒設備の世界市場は、2015年の14億ドルから、CAGR14.6%で成長して、2020年には約28億ドルに達すると予測されている。エンドユースの最大セグメントは、2015年に8億300万ドルだったが、5年間にCAGR 12.8%で成長して2020年には15億ドルに達する見込みだ。廃水セクタは、最速成長セグメントで、CAGR 20.5%で成長して2020年には9億2900万ドルに達する。
 UV消毒技術世界市場の主要原動力は4つ、政府および産業規制、優れた効力、再利用サポート、無塩素運用。
 優れた効力では、UVシステムにより、エンドユーザは水源に関係なく最高品質の水を住宅および商用システムに確実に供給できる。これは、上水へのアクセスが限られている世界の地域では、特に重要である。都市の供給システムがない地域では、UV技術によってポータブル機器で水の殺菌ができるようになる。また、UV技術は経済性が高く、プロセス水に化学添加物利用を回避できる。このようなエンドユーザでは、UVによって、製造プラント内でプロセス水の再利用が可能になる。地球規模の天候変化や水不足に直面して、「利用済み」の水を再利用できることはますます重要になってきている。
 廃水セグメントで需要を後押しするもう1つの重要要素、無塩素運用は、従来の処理に対して2つの主要利点をもつ技術である。これは、塩素の利用をなくし、廃水の再利用を可能にする。廃水処理で塩素を除去すると、潜在的に有害化合物が存在しない水の放出が可能になる。工業、農業、間接的なポータルアプリケーションで廃水を再利用できることは、水の供給が縮小している世界の地域には大いなる恵みとなる。
 (詳細は、www.bccresearch.com)