All about Photonics

Business/Market 詳細

モバイルフロントホールオプティクス市場調査

January, 5, 2016, Eugene--調査会社ライトカウンティング(LightCounting)によると、フロントホールアプリケーションにトランシーバを供給しているサプライヤは2014年は絶好調だったが、2015年は市場が軟化した。しかし、フロントホールオプティクス市場は2016年に成長が再開し、販売は2020年までに10億ドルを超えると予測されている。
 こうした予測の背景として同社は次の点を挙げている。まず、2015年の市場軟化は一時的である。チャイナモバイルは2014年に73万3000のLTE基地局を導入したが、2015年のインストールはわずか10万程度となる見込みだ、これは一つには政治的な再組織化の影響を受けたものである。チャイナテレコムとチャイナユニコムは現在LTE導入を増やしているが、これは中国のモバイル消費落ち込み分を相殺することもできない。とは言え、LTEの波は世界中で高まっており、ライトカウンティングは初期導入と容量アップグレードが、現在から2020年にかけてのフロントホール用トランシーバ需要増に寄与すると見ている。
 第2の理由は、モバイルトラフィック成長についての最近のデータ分析である。インターネットトラフィック全体の成長、世界のモバイルデータトラフィック、中国におけるモバイルデータトラフィックを見ると、モバイルネットワークへの飛躍的移行がスマートフォン時代においていかに劇的であるかが分かる。モバイルトラフィックの伸びは、インターネットトラフィックの伸びよりも20-25%高い。中国のデータは、一層劇的であり、2015年のトラフィックは激増となっており、モバイルネットワークは、2020年になると2015年の7倍のトラフィックを運ばなければならないことを意味する。また、モバイルデータトラフィック成長の推定は増加してきており、Ericssonは同社のモビリティレポートで、2014年と2015年で推定CAGRを45%から55%にに修正した。
 ライトカウンティングは、予測の「サニティ・チェック」にトラフィックデータも用いている。まず、フロントホールオプティクスが示す全累積帯域を計算し、次に関連する成長率を計算して、それらをトラフィックの成長率と比較する。これによってフロントホール帯域がトラフィック成長率よりも低いことが分かる。2018年に始まるフロントホール向け25Gモジュールの利用拡大を予測しているにもかかわらず、この結果となる。したがって、この予測がコンサーバティブであると言える。