All about Photonics

Business/Market 詳細

光学センサ市場、すべてのセグメントで大きな成長

December, 4, 2015, Wellesley--BCCリサーチによると、光学センサ世界市場は、2015-2020に市場規模が3倍以上に成長する。世界市場の重要セグメントである化学センシングは、世界の主要地域でCAGR25%以上の成長が予測されている。
 光学センサ世界市場は、2015年、2020年それぞれで約3億1590万ドル、9億7180万ドルに達するとみられている。これは、5年のCAGR25.2%成長を反映したものである。エンドユーザでは、航空宇宙と防衛セグメントが最大市場シェアを保持している。最速成長セグメントは、化学センシング市場で、5年CAGRは26.3%。
 BCCアナリスト、Sinha G. Gaurav氏は、「化学センシングセグメントの光学センサアプリケーションは、2015-2020年にCAGR25.3%で成長し、2020年までには1億9520万ドルに達する見込みだ」とコメントしている。さらに、「地域的には、北米の化学センシングでは光学センサが最大市場シェアを持っており、2014年で2270万ドル。2015-2020年にCAGR25%で成長して、2020年には7500万ドルに達する見込みだ。しかし、APACでは化学センシングにおける光学センサアプリケーションは最速成長セグメントであり、2015-2020年にCAGR25.6%で成長する」と分析している。