All about Photonics

Business/Market 詳細

3Dマシンビジョン市場、2020年に16億3000万ドル

December, 1, 2015, Vancouver--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)は、「3Dマシンビジョン市場-2020までのグローバル予測」レポートを発表した。市場は、2015-2020年の期間にCAGR10.53%で成長して2020年までには16億3000万ドルに達する見込み。
 カメラコンポーネント市場は、2015-2020にCAGR11.50%で成長すると予測されている。カメラは、3Dマシンビジョンシステムで3D画像を撮る重要な役割を担っている。高品質画像、高速画像解析、コンパクト性に対する要求が先進的カメラ需要を牽引してきた。したがって、カメラは3Dマシンビジョン売上では、最大市場規模を形成している。

位置決めと誘導アプリケーション市場が予測期間で最高CAGRで成長 
 2015-2020で位置決めと誘導アプリケーション市場はCAGR13.18%成長が見込まれている。3Dマシンビジョンシステムを使う位置決めと誘導アプリケーション市場は、一段と高い成長率が見込まれている。これは、予測期間で自動車、製薬、飲食料およびその他の分野でロボットの使用が増加しているためである。

APACが最大市場維持
 APACの3Dマシンビジョン市場は2014年に最大市場シェア~42%だったが、予測期間ではCAGR12.07%で成長する見込み。この成長の理由は、電子および自動車製造の活発化。自動化要求が高まっていることが、APAC地域における3Dマシンビジョン市場を牽引している。したがって、製造活動の活発化と同地域のコスト効率の高い生産ハブとが相俟って、この地域の3Dマシンビジョン市場の成長を促進している。