All about Photonics

Business/Market 詳細

スマートビルディングと携帯電話の影響を受けて成長する赤外検出器業界

December, 1, 2015, Paris--赤外検出器(IRディテクタ)は、今日広範に使用されている。建物、セキュリティ、アプライアンス、産業およびコンシューマなど多くの市場で動き検出、温度計測、人数計測、炎&ガス検知などだ。Yole Développement (Yole)の「赤外検出器技術&市場トレンド(2015版)」によると、IRディテクタ市場全体は2014年に2億4700万個に達し、世界の販売額は2億900万ドルだった。
 このレポートでは、ヨールのアナリストは、この市場の急成長を強調しており、2015-2020年にCAGR +14%成長(個数)を予測している。この期間に、9アプリケーションのうちの5アプリケーションが、IRディテクタ市場売上高成長を牽引する。5アプリケーションは、モバイル機器のスポット検温、動き検出、スマートビルディング、HVACと媒体アレイアプリケーション、人数計測。「次の成長機会は、従来の市場以外、スマートビルディングやモバイル機器だ」とヨールの技術&市場シニアアナリスト、Yann de Charentenay氏は説明している。