All about Photonics

ニュース

オリガミからヒント、手術ロボットのサイズを縮小

September, 23, 2020, Cambridge--

侵襲性の少ない腹腔鏡手術では、小さな切開に挿入されたツールと微小カメラを使って医者が手術を行う。これは過去半世紀、患者と医者の両方にとって外科手術の安全性を高めた。最近、多数のツールを同時に、従来技術よりも一段と高精度、 […]

全文を読む

高速飛行を制御するハエの視覚の秘密が明らかに

September, 23, 2020, University Park--

ミバエが、びっくりするほどの高速反応(瞬きの約30倍)で飛行制御強化にどのように目の動きを利用するかを調べることで、ペンステートの研究チームは、ロボットでこの能力を模倣するためのフレームワークを詳細に説明している。 チー […]

全文を読む

垂直農業市場規模、2027年に64億6000万ドル

September, 23, 2020, Francisco--

Grand View Research, Inc.のレポートによると,世界の垂直農業市場規模は、2020-2027年にCAGR 25.7%で拡大して、2027年に64億6000万ドルに達する見込である。  新鮮な有機野菜 […]

全文を読む

レーザで食肉処理過程の鶏肉を殺菌

September, 23, 2020, Hanover--

鶏肉はバクテリアに汚染されていることがよくある。食肉処理で塩素処置はEUでは認められていない。Laser Zentrum Hannover eV (LZH)は、現在、新しい研究プロジェクトで、UVレーザ処理とバクテリアフ […]

全文を読む

EPFL、カスタムビルトからレディメード

September, 18, 2020, Lausanne--

UCSB、Caltech、EPFLの国際研究チームは、フォトニックシステムを変革する可能性がある集積技術を開発した。  情報通信技術は急速な進歩を続けている。しかし、増え続けるデータセンタ需要は、電気的インプット-アウト […]

全文を読む

スタンフォード、脳研究にシリコンコンピューティングパワーを利用

September, 18, 2020, Stanford--

スタンフォード大学の研究チームは、脳をシリコンベースの技術に直結する新しいデバイスを開発した。脳と機械とのインタフェースデバイスは、すでに存在しており、これらは人工器具、病気の治療や脳研究で使われている。この最新デバイス […]

全文を読む

発光効率と大気安定性が高い、有害元素フリーの新規青色発光体を実現

September, 18, 2020, 東京--

東京工業大学 元素戦略研究センターの李江伟(Jiangwei Li)研究員、金正煥(Junghwan Kim)助教、細野秀雄栄誉教授らは、有害元素を含まないハロゲン系青色発光体Cs5Cu3Cl6I2を新たに開発した。 蛍 […]

全文を読む

電場誘起旋光性で 結晶内在「時計回り、反時計回り」構造の空間分布を可視化

September, 18, 2020, 東京--

東京大学大学院新領域創成科学研究科、同大学院工学系研究科、東北大学多元物質科学研究所、同学際科学フロンティア研究所、株式会社村田製作所の共同研究グループは、結晶に内在する「時計回り、反時計回り」構造の共存状態(強軸性ドメ […]

全文を読む

高感度プロチアーゼモニタリングに導波路を利用

September, 17, 2020, Washington--

ベルギー、ゲント大学(Ghent University) IMEC研究センタのNina Turkが、OSAで研究発表を行う。  研究チームは、微小導波路を使って表面増感ラマン分光法(SERS)によりプロチアーゼ活性を初め […]

全文を読む

スタンフォード研究者、雲や霧を透過してみる方法を考案

September, 17, 2020, Stanford--

スタンフォード大学の研究者は、X線なしだが、一種のX線ビジョンを開発した。自律走行車が周囲の世界を見ることができるのと同様のハードウエアで、研究チームは高効率アルゴリズムによりそのシステムを強化した。個々の光粒子、つまり […]

全文を読む

物質のトポロジーに由来した巨大磁気光学効果の発見

September, 17, 2020, 東京--

東京大学大学院工学系研究科の岡村嘉大助教、高橋陽太郎准教授、理化学研究所の十倉好紀センター長、東北大学金属材料研究所の藤原宏平准教授、塚﨑敦教授らの研究グループは、磁性ワイル半金属と呼ばれる近年新たに見つかった磁性体にお […]

全文を読む

バイオメディカル応用に役立つ超高速イエローレーザ

September, 17, 2020, Washington--

インドのフォトニックサイエンスLabの研究チームは、新しいコンパクト、超高速、ハイパワーイエローレーザを開発した。そのチューナブルレーザは、優れたビーム品質を示し、超高速光パルスを出力する実用的なイエロー光源のニーズを満 […]

全文を読む

スタンフォード、共鳴ナノアンテナで光をスローにして操作

September, 16, 2020, Stanford--

Nature Nanotechnologyの論文でスタンフォードの研究チームは、光の速度を大幅に遅くして意のままに光の方向を変える新しいアプローチを証明した。これは、音に対するエコーチャンバのようである。  スタンフォー […]

全文を読む

Osram、新世代Oslon Compact PL、Oslon Black Flat SLED発売

September, 16, 2020, Regensburg--

Osram Opto Semiconductorsは、Oslon Compact PL製品ファミリの新世代1~4-チップバージョンを発売する。先行製品と同様、セラミックコンポーネントは電気的に絶縁されたパッドであり、パッ […]

全文を読む

VCSEL市場規模、2021年に18億ドル

September, 16, 2020, Taipei--

2020年初め、TrendForceは、今年3Dセンシングソリューションを備えたハイエンドスマートフォンモデルが10以上発売されると予測していた。これは、3DセンシングVCSEL市場を14億400万ドルに押し上げる。   […]

全文を読む

KERI、3Dプリンティングで超高解像度ナノディスプレイ

September, 16, 2020, Seoul--

韓国の研究チームは、世界で初めて、「ナノフォトニック3Dプリンティング技術」を開発した。これは、3Dレイアウトベースナノピクセルの高密度集積で超高解像度ディスプレイ機器を可能にする。 KERIのナノフォトニック3Dプリン […]

全文を読む

Allegro、Voxtelを買収してLiDARソリューション促進

September, 15, 2020, Manchester--

Allegro MicroSystems (Allegro)は、Voxtel, Incの買収を発表した。  Allegroは、センシング、パワーセミコンダクタ技術の世界的リーダー、Voxtelは先進的フォトニックおよび、 […]

全文を読む

近視野光を捉え、粒子の操作、高解像度顕微鏡、通信を改善

September, 15, 2020, Cambridge--

現在、近接場光は主に超高解像度顕微鏡、近接場走査型顕微鏡(NSOM)に使用されている。しかし、近接場は、粒子操作、センシング、光通信に未開発の可能性がある。とは言え、近接場光は、遠視野光のようにわれわれの目には届かないの […]

全文を読む

球体からの円偏光放射の制御に成功

September, 15, 2020, 東京--

東京工業大学 物質理工学院 材料系の松方妙子大学院生、三宮工准教授、スペインICFOのF. Javier García de Abajo教授らの研究グループは、新規開発した完全偏波4次元カソードルミネセンス法(加速電子に […]

全文を読む

25/20/100 Gbps Ethernetコントローラとアダプタ市場

September, 15, 2020, Redwood City--

DellOro Groupの調査によると、25/20/100 Gbps Ethernetコントローラとアダプタ収益が、2Q 2020に市場の半分を占めた。前年同期比15%のプラスである。一方、10Gbpsコントローラポー […]

全文を読む

鉄ナノロボット、標的細胞の動きを追跡

September, 14, 2020, Saudi Arabia--

体内の生きた細胞をKAUST (King Abdullah University of Science and Technology)で開発された新しい方法を使うことで、その位置や移動を非侵襲的にリアルタイムで何日も追跡 […]

全文を読む

原子厚マシンビジョンプロセッサが人の眼を模倣

September, 14, 2020, Cambridge--

Harvard John A. Paulson School of Engineering and Applied Sciences (SEAS)の研究者は、Samsun先端研究所と協力して、2D材料を使って作製した人工 […]

全文を読む

POET、400G DCアプリケーション向け開発&供給で欧州企業と契約

September, 14, 2020, Toronto--

POET Technologies Inc.は、400Gデータセンタアプリケーションに向けて世界的に活動しているヨーロッパの大手光システム企業との開発と供給契約を発表した。  POETは、データセンタや通信市場向けにPO […]

全文を読む

三菱電機、5G基地局向け「100Gbps EML CAN」サンプル提供開始

September, 14, 2020, 東京--

三菱電機株式会社は、第5世代移動通信システム(5G)基地局ネットワークの光ファイバ通信で使用される光通信用デバイスの新製品として、「100Gbps※1 EML※2 CAN」のサンプル提供を10月1日に開始する。5Gの高速 […]

全文を読む

データセンタスイッチシリコン開発が市場の将来を保証

September, 11, 2020, London--

Omdiaによると、複数のデータセンタ(DC)スイッチシリコンベンダが、発展する需要に応えるために今年、ポートフォリオを大幅に増強した。 Omdiaの「データセンタネットワーク装置市場トラッカー」によると、データセンタプ […]

全文を読む

マウスの脳細胞変化、発達をマッピングする方法を開発

September, 11, 2020, University Park--

ペンシルバニア州立大学の研究者は、脳の発達における重要な節目を研究するための新しい方法を開発した。ペンステート神経・行動科学准教授、Yongsoo Kimは、その方法を使って、正常発達マウスと自閉症スペクトラム障害のマウ […]

全文を読む

インクジェットでプリントした薄型太陽パネル

September, 11, 2020, Saudi Arabia--

現在、太陽電池は、シャボン玉に載せることができるほど薄く、軽量、柔軟に作ることができる。効率的に光からエネルギーを取り出す新しい電池は、新しい電子デバイスに電力を供給する代替となる。例えば、従来のエネルギー源が不適切な、 […]

全文を読む

赤外レーザの照射によるアミロイドタンパク質凝集体の解離機構を解明

September, 11, 2020, 東京--

東京理科大学総合研究院赤外自由電子レーザ研究センターの川﨑平康研究員、フランス国立科学研究センターのPhuong H. Nguyen博士、あいちシンクロトロン光センター、名古屋大学シンクロトロン光研究センターらの研究グル […]

全文を読む

フラウンホーファーISE、タンデム太陽電池で新たな効率記録

September, 10, 2020, Heidenhofstr--

タンデムフォトボルテイックスが注目を集めており、そこでは高性能太陽電池材料が様々な組合せで集められている。目的は,光を電気に変換する際に、太陽スペクトルを一段と効率的に利用することである。フラウンホーファーISEは、シリ […]

全文を読む

フラウンホーファーIWS、純銅を溶かすグリーンレーザ

September, 10, 2020, Dresden--

今までは、赤外レーザを使って純銅を完全に溶かして3Dプリンティングで層ごとに複雑な形状を作るのは不可能だった。フラウンホーファー(Fraunhofer Institute for Material and Beam Te […]

全文を読む

1 / 2412345...1020...最後 »

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。