All about Photonics

ニュース

設定可能回路技術がSiPhアプリケーションを拡大する構え

July, 3, 2020, Washington--

サウサンプトン大学(University of Southampton)の研究チームは、パワー効率がよく、プログラム可能な集積スイッチングユニットをシリコンフォトニクスチップ上に構築する新しい方法を開発した。その新技術は […]

全文を読む

3Dモーションキャプチャシステム市場、2025年に2憶6600万ドル

July, 3, 2020, Northbrook--

マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「3Dモーションキャプチャシステム市場、COVID-19影響分析、システム(光、ノンオプティカル)タイプ(ハードウエア、ソフトウエア、サービ […]

全文を読む

メタサーフェス設計法でLED光がレーザのように動作

July, 3, 2020, Santa Barbara--

UC Santa Barbaraの研究チームは、新しい方法でLED設計の限界を継続して広げようとしている。その方法は、より効率的で多機能なLEDディスプレイや照明技術に道を開くものである。 Nature Photonic […]

全文を読む

ローコスト、高歩留まりプログラマブルPICsに独自のポリマベース製法

July, 3, 2020, Eindhoven--

Eindhoven University of Technologyの研究者によると、フォトニック集積回路(PICs)の未来は明るい。量子コンピューティングやディープラーニング技術での利用が運命づけられているように見える […]

全文を読む

ワシントン大学、レーザで半導体材料の固体冷却

July, 2, 2020, Washington--

ワシントン大学(UW)の研究者によると、レーザは物質の冷却にも使える。物質を冷却できるレーザは、バイオイメージングから量子通信までの範囲に革命を起こすことになる。 2015年に同大学研究チームが、レーザを使って水や他の液 […]

全文を読む

従来比6倍速で銅コーティング可能な青色半導体レーザ複合加工機開発

July, 2, 2020, 東京--

NEDOは、高輝度青色半導体レーザおよび加工技術の開発に取り組んでおり、大阪大学、ヤマザキマザック(株)、(株)島津製作所と共同で、高輝度青色半導体レーザを活用し、銅を高速・精密にコーティングできるハイブリッド複合加工機 […]

全文を読む

NEC、量子コンピューティング適用サービスを開始

July, 2, 2020, 東京--

NECは、量子コンピューティング(量子アニーリング)技術を活用し、多くの社会課題に内包され、今後、ますます複雑化していく組合せ最適化問題の解決を支援するため、「量子コンピューティング適用サービス」を開始した。 自社のベク […]

全文を読む

京都大学、フォトニック結晶レーザを搭載したLiDARの開発

July, 2, 2020, 京都--

京都大学 工学研究科の野田進教授、吉田昌宏助教、メーナカ・デ・ゾイサ 講師、石崎賢司特定准教授、國師渡研究員らのグループは、北陽電機株式会社と共同で、フォトニック結晶レーザを搭載した光測距システム(LiDAR)の開発に世 […]

全文を読む

ネオフォトニクス、90km 400ZRプラガブルモジュール

July, 1, 2020, San Jose--

NeoPhotonics Corporationは、75GHzスペースDWDMチャネルで400Gbpsデータのデータセンタインタコネクト(DCI) ZR距離伝送の実験的検証完了を発表した。  ネオフォトニクスは、同社の相 […]

全文を読む

Omdia、AIとML開発プラットフォームのトップランキング発表

July, 1, 2020, London--

Omdiaは、人工知能(AI)とマシンラーニング(ML)開発プラットフォームのベンダ選択決定マトリクスで5リーダーを挙げた。C3.ai, Dataiku, IBM, Microsoft and SASである。 これらの企 […]

全文を読む

東北大学、神経細胞を光によって操作

July, 1, 2020, 仙台--

光で活性化する物質を細胞に発現させ、光によって細胞の機能を制御する技術(オプトジェネティクス、光遺伝学)は、脳の刺激方法を革新し、脳の仕組みの解明に大きく貢献している。オプトジェネティクスは、ネズミなどにおける研究で盛ん […]

全文を読む

コヒレント、4kWファイバレーザ溶接システム発表

July, 1, 2020, Santa Clara--

新しいCoherent HighLight FL4000CSM-ARMファイバレーザは、すでに自動車アプリケーションに認定されているCoherent HighLight ARMファイバレーザシリーズの成功に立脚したもので […]

全文を読む

量子からヒントを得たアプローチでOCTに必要な光パワーを下げる

June, 30, 2020, Washington--

オークランド大学(University of Auckland)の研究者は、量子オブティクスから借用した検出技術を使って、以前に可能だったよりも遥かに低いパワーでOCTを実行した。これは、医療イメージングアプリケーション […]

全文を読む

精密スプレイコーティングにより太陽電池の性能と安定性向上

June, 30, 2020, Washington--

ペロブスカイトは、ほとんどの現在の太陽電池製造に使用されているシリコンの有望な代替であるが、それらを商用生産向けに実用化するには新しい製造プロセスが必要である。このギャップを埋めるのに役立てるために、研究者は新しい精密ス […]

全文を読む

人数計測システム市場、2025年に13億3300万ドル

June, 30, 2020, Northbrook--

マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「人数計測システム市場、タイプごと(片方光、双方向)、技術(赤外ビーム、サーマルイメージング、ビデオベース)、提供品、エンドユーザ(小売店、 […]

全文を読む

がん幹細胞を識別するAI技術を開発

June, 30, 2020, 東京--

東京工科大学応用生物学部の杉山友康教授とコンピュータサイエンス学部の亀田弘之教授ら研究グループは、がん幹細胞と非がん幹細胞を識別する人工知能(AI)技術を開発した。これは、培養細胞またはがん組織の位相差顕微鏡画像に写るが […]

全文を読む

ミネソタ大学、拡張臓器に直接センサを3Dプリンティング

June, 29, 2020, Minneapolis--

University of Minnesotの機械工学とコンピュータサイエンティストは、モーションキャプチャ技術を使って伸縮する臓器に電子センサを直接プリントする3Dプリンティング技術を開発した。その新しい3Dプリンティ […]

全文を読む

光レーザ光源の新たな業界標準促進に向けてCW-WDMグループ結成

June, 29, 2020, Santa Clara--

CW-WDM MSAは、多波長先端集積オブティクスの仕様を定義、促進する業界コンソーシアムとして設立を発表した。 IEEEおよびMSA標準は、今日の大量データコムオブティクス向けに4つのWDMインタフェースを仕様化してい […]

全文を読む

EPFL、光と物質の相互作用に新材料

June, 29, 2020, Lausanne--

EPFLの研究者は、シングルフォトンレベルで新しい材料と光を結合した。その成果は、理論計算が難しい、量子相関システムの特性制御と理解向上に展望を開く。 物理学者が「強い相関を持つ」としている大きな材料グループが存在する。 […]

全文を読む

SWIR市場、2025年に2億7900万ドル

June, 29, 2020, Northbrook--

マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「短波赤外(SWIR)市場COVID-19インパクト分析、スキャニングタイプ(エリアスキャンとラインスキャン)、技術(冷却と非冷却)、アプリ […]

全文を読む

ADAS市場、2030年に830億ドル

June, 26, 2020, Northbrook--

マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「ADAS市場、システム(ACC, DMS, IPA, PDS, TJA, FCW, CTA, RSR, LDW, AEB, & […]

全文を読む

ナノメートルスケールセンシング用の新しい集積デバイス

June, 26, 2020, Eindhoven--

アイントホーヘン工科大学(TU/e)の研究者は、新しい集積光学センサを開発した。これは、計測分解能が向上しており、オンチップセンシングプラットフォーム向けにレーザやディテクタを含め完全集積のコンパクトな光学センサに道を開 […]

全文を読む

偏光イメージングに応用できるメタサーフェス

June, 26, 2020, Cambridge--

偏光は光が振動する方向であり、人の眼には見えない。しかしわれわれの光学世界の多くは、この隠れた光品質の制御と操作に依存している。  偏光を操作できる材料、複屈折材料は、デジタルアラーム時計から医療診断、通信、天文学まで至 […]

全文を読む

レーザ光による固体内電子運動の操作で光の発生制御に成功

June, 26, 2020, 京都--

京都大学化学研究所の廣理英基 准教授、金光義彦 教授、佐成晏之 理学研究科博士課程学生と国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構の乙部智仁 上席研究員らの研究グループは、波長の異なる強い近赤外のレーザ光パルスを半導体材料 […]

全文を読む

健全なピーナッツ植物のチェックに迅速、正確なラマン分光法を適用

June, 25, 2020, Saudi Arabia--

Texas A&M AgriLife の研究者は生物物理学を使って植物育成をスピードアップする。 よりよいピーナッツ苗木を育成する長いプロセスは、生物物理学技術、ラマン分光学を使うことでスピードアップできる。 […]

全文を読む

ロボット義肢向けにAIにコンピュータビジョン、不確かさを導入

June, 25, 2020, Raleigh--

NC Stateの研究者は、既存のハードウエアと統合できる新しいソフトウエアを開発した。これにより、義肢あるいは外骨格(エクソスケルトン)を使う人々は、さまざまな種類の地形を安全に、より自然に歩くことができるようになる。 […]

全文を読む

X線レーザが生体分子の内部構造を正確に計測できる方法をテスト

June, 25, 2020, Menlo Park--

エネルギー省(DOE)のSLAC国立加速器研究所X線自由電子レーザの大きな利点の一つは、研究者が自然環境で生物学的分子の構造を計測できることである。人体に見られるのと似た条件で、潜在的な新しい薬剤がウイルスとどのように相 […]

全文を読む

ウエハにダメージが生じないステルスダイシング加工を実現

June, 25, 2020, 東京--

東京工業大学 科学技術創成研究院 異種機能集積研究ユニットの大場隆之特任教授は、WOWアライアンスと共同で、ステルスダイシングと呼ばれるレーザダイシング加工プロセスを用いた、ダメージが生じない極薄ウエハ加工技術の開発に成 […]

全文を読む

光乱流を用いて高精度レーザを実現

June, 24, 2020, Cambridge--

ハーバード大学、Harvard John A. Paulson School of Engineering and Applied Sciences (SEAS)の研究者、Federico Capassoをリーダーとする […]

全文を読む

深紫外線を透過する透明なトランジスタを実現

June, 24, 2020, 札幌--

北海道大学電子科学研究所の太田裕道教授,ジョ・ヘジュン助教らの研究チームは,深紫外線を透過する透明な薄膜トランジスタの作製に成功した。 バイオセンサとして,現在は半導体シリコンを活性層とするトランジスタが利用されているが […]

全文を読む

1 / 1712345...10...最後 »

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。