All about Photonics

ニュース

蛍光を使って病気を引き起こすタンパク質形態を特定する新方法

February, 20, 2019, University Park--

ペンシルベニア州立大学の研究チームが開発した新方法は、蛍光を使って病気を引き起こす可能性のあるタンパク質の形態を検出する。  タンパク質は、ストレスや突然変異で分解する。ペンシルベニア州立大学、ワシントン大学の研究チーム […]

全文を読む

ソウル半導体、自然光スペクトルLEDをRofiandaに供給

February, 20, 2019, 韓国--

韓国のソウル半導体(Seoul Semiconductor Co., Ltd.)は、 オランダ照明ソリューションメーカー、Rofianda B.V.社が開発した園芸用照明に対し、主力製品である自然光スペクトルLEDの”S […]

全文を読む

量子コンピュータ商用化加速に向けてウイスコンシン大学に投資

February, 19, 2019, Boulder--

ColdQuantaは、ウィスコンシン大学マディソン校への委託研究発注とともにColdQuantaの新しいMadisonブランチの量子コンピューティングに戦略的投資を行うと発表した。  ColdQuantaは、極低温原子 […]

全文を読む

CEA-Leti、ポータブル機器向け次世代Mid-IR光学センサプロトタイプ

February, 19, 2019, San Francisco--

CEA-Letiは、スマートフォンや他のポータブル機器に組込可能な中赤外シリコンフォトニクスを用いた次世代光化学センサのプロトタイプ試作を発表した。  コインサイズ、オンチップセンサは、高性能と低消費電力を統合したもので […]

全文を読む

NEC、沖縄と鹿児島を結ぶ光海底ケーブルの供給契約を締結

February, 19, 2019, 東京--

NECは、沖縄と鹿児島を結ぶ大容量光海底ケーブル敷設プロジェクトのシステム供給契約を、沖縄セルラー電話株式会社と締結した。このケーブルシステムの稼働開始時期は、2020年4月(予定)。  このケーブルシステムは、沖縄県名 […]

全文を読む

高温動作可能な高出力テラヘルツ量子カスケードレーザ

February, 19, 2019, 和光--

理化学研究所(理研)光量子工学研究センターテラヘルツ量子素子研究チームの林宗澤研究員、王利特別研究員、王科研究員(研究当時)、平山秀樹チームリーダーらの共同研究チームは、「非平衡グリーン関数法」に基づく第一原理計算を用い […]

全文を読む

自動車AR/VR市場、2025年に6736億ドル

February, 18, 2019, London--

アライドマーケットリサーチが発表した「自動車AR/VR市場、タイプとアプリケーション、グローバル商機分析と業界予測、2018-2025」によると、自動車AR/VRグローバル市場は、2017年に2億1300万ドル、2018 […]

全文を読む

新しいレンズフリーAR技術に集積オプティクスとホログラフィを統合

February, 18, 2019, Grenoble--

CEA-Techの研究機関、Letiは、集積オプティクスとホログラフィの組み合わせをベースにし、AR用の新しい網膜投影コンセプトを開発した。このアプローチにより、ARでは光学系やコンバイナが不要になる。  デジタル画像を […]

全文を読む

わずか2分の製造時間で次世代オプティクスを実現

February, 18, 2019, Lausanne--

フレキシブル光回路や超薄オプティクスの重要構成要素の一つはメタサーフェスである。  EPFL(スイス連邦工科大学ローザンヌ校)のエンジニアは、わずか数分でこのサーフェスを作る簡便な方法を開発した。クリーンルーム不要、すで […]

全文を読む

Yole、アンクールドIRセンシング市場予測

February, 18, 2019, Lyon--

Yole Développementのレポート「アンクールドIRイメージャ&ディテクタ」によると、2018年はアンクールド赤外イメージャとディテクタ市場が転換点に達した年だった。大手企業が参入してきたからである […]

全文を読む

シリコンセンサ上の青色OLEDでリン光検出

February, 15, 2019, Dresden--

フラウンホーファー有機エレクトロニクス、電子ビーム&プラズマ技術研究所FEP(Fraunhofer Institute for Organic Electronics, Electron Beam and Pl […]

全文を読む

スマートフォンプロジェクション用Osram 140mWダイレクトグリーン

February, 15, 2019, Regensburg--

OSRAMは、PLT3 520Dが、パルスモード、300mAで140mWを出力できると発表している。  OSRAMは、グリーンシングルモードレーザで前例のない性能を達成した。これまで、これらのコンポーネントの限界は80m […]

全文を読む

FLIR、米軍にBlack HornetナノUAV初回分納入

February, 15, 2019, Wilsonville--

FLIR Systems, Inc.は、3960万ドルの受注により、米軍を支援するFLIR Black Hornet Personal Reconnaissance Systems (PRS)を納入する。  この契約で納 […]

全文を読む

ケンブリッジテクノロジー、レーザ制御とスキャニング最適化 V2.419

February, 15, 2019, Bedford--

NOVANTAの一事業部門ケンブリッジテクノロジー(Cambridge Technology)は、ハイエンドマーキングおよび材料加工アプリケーション向け新バージョンV2.4.19 ScanMaster Controlle […]

全文を読む

EOS、さらなる成長を目指してVulcan Labsを買収

February, 14, 2019, Pflugerville--

産業用3Dプリンティング金属およびポリマーの技術サプライヤーEOSは、Vulcan Labs買収を発表した。  これにより同社は、粉末床溶融技術における積層造形専門技術のベンチを拡大することになる。新しいVulcan L […]

全文を読む

M-net、NokiaのスーパーコヒレントPSE3で500Gbpsトライアル

February, 14, 2019, Espoo--

NokiaとドイツサービスプロバイダーM-netは、Nokia Photonic Service Engine 3(PSE 3)スーパーコヒレント技術を使い確率的波形整形の初のフィールドトライアル成功を発表した。  最先 […]

全文を読む

NICT、世界で初めて光時計が直近の協定世界時の一秒の長さを校正

February, 14, 2019, 東京--

NICT電磁波研究所 時空標準研究室は、ストロンチウム光格子時計を用いて、光時計として世界で初めて直近の協定世界時(UTC)の歩度校正に寄与した。  各国の計量標準研究所は、保有する一次及び二次周波数標準によって直近のU […]

全文を読む

フローサイトメトリの革新が市場成長の一因

February, 14, 2019, Wellesley--

BCCリサーチのレポート「フローサイトメトリ: 製品、技術および世界市場」によると、世界のフローサイトメトリ市場は大きく変わろうとしている。新しいモジュラー診断やモノクローナル抗体テスト、小型で使いやすいレーザシステムの […]

全文を読む

古河電工、光ファイバ融着接続機「S185シリーズ」を販売開始

February, 13, 2019, 東京--

古河電気工業(古河電工)は、新たに開発した光ファイバ融着接続機「S185シリーズ」の販売を開始した。  S185シリーズは、偏波保持型光ファイバや大口径光ファイバ等、光部品やファイバレーザの製造において必要とされる特殊機 […]

全文を読む

テキサスバイオメディカル研究所、ジカ熱テスト共同開発

February, 13, 2019, San Antonio--

テキサスバイオメディカル研究所のJean Patterson教授を含む研究チームは、ジカ(Zika)ウイルスを検出する新しい方法に取り組んでおり、これは、医師がその病気の患者の処置に役立てることができる。テストは、ウイル […]

全文を読む

先端の光科学に役立つ第一原理計算ソフトウェアSALMONの開発

February, 13, 2019, 東京--

筑波大学計算科学研究センター 矢花一浩教授の研究グループと、大学共同利用機関法人自然科学研究機構分子科学研究所 故 信定克幸准教授の研究グループは、量子科学技術研究開発機構関西光科学研究所、東京大学工学系研究科、マックス […]

全文を読む

テラヘルツ波を用いた炭酸塩鉱物の定量法を開発

February, 13, 2019, 東京--

海洋研究開発機構(JAMSTEC)生物地球化学研究分野の坂井三郎技術研究員らは、パデュー大学、浜松ホトニクス、東京大学及び広島大学と共同で、テラヘルツ(THz)時間領域分光法により、炭酸塩鉱物の結晶構造を高感度に定量でき […]

全文を読む

UNIST、高秩序「グラフェン量子ドット」アレイ製造技術

February, 12, 2019, Seoul--

UNISTに所属する新しい研究が、高秩序グラフェン量子ドット(GQD)アレイを製造する新技術を発表した。新技術は、多くの他のタイプのデバイスや物理的現象の研究に道を開くと見られている。  このブレイクスルーは、UNIST […]

全文を読む

超音波生成ファイバセンサ、被覆ファイバで動作

February, 12, 2019, Écublens--

光ファイバセンサにおける最近の主要なブレイクスルーにより、ガラスファイバの外側で液体のマッピングが容易になった。  ファイバ内の導波光が直接そこに届かなくても可能である。そのように一見逆説的な計測は、オプトメカニクスの物 […]

全文を読む

Vishay、18mWコンパクトUVCを発表

February, 12, 2019, Malvern--

Vishay Intertechnology, Inc.は、セラミック中出力UVCエミッタダイオードを発表した。用途は、殺菌、衛生、消毒。クオーツウインドウを特徴としたVishay Semiconductors VLMU […]

全文を読む

USC Viterbi、自己修復可能3Dプリント材料を開発

February, 12, 2019, Malvern--

南カリフォルニア大学(University of Southern California Viterbi School of Engineering)の研究チームは、自己修復する3Dプリントゴム材料を開発した。  准教授 […]

全文を読む

DISCO、桑畑工場新棟(A棟Cゾーン)を竣工

February, 8, 2019, 東京--

半導体製造装置メーカー・株式会社ディスコ(DISCO)は、精密加工装置・精密加工ツールの製造を行う桑畑工場(広島県呉市)に免震構造の新棟(A棟Cゾーン)を竣工した。  同社によると、新棟は、既存棟(A棟Aゾーン/Bゾーン […]

全文を読む

生物学的に作製された組織内に酸素と栄養を送る微小孔

February, 8, 2019, University Park--

ペンシルバニア州立大学の研究チームによると、骨や軟骨などの作られた組織の微小孔により栄養や酸素を主要部に拡散できる、またこの新しいアプローチにより最終的にラボ生育組織が血管を収容できるようになる。  「組織作製の問題点の […]

全文を読む

水中で効率的なレーザビーム切断の実現可能性研究

February, 8, 2019, Hannover--

Laser Zentrum Hannover e.V. (LZH)の研究者は、AZULaプロジェクトにしたがい、効率的な原子炉解体に水中でレーザビーム切断ができるかどうかを研究している。実現可能性調査で、研究チームはレー […]

全文を読む

新しい太陽電池技術世界市場、2023年に23億ドル

February, 8, 2019, Wellesley--

BCCリサーチのレポート「新しい太陽電池技術:グローバル市場-CIGSに注目」によると、2018年、太陽電池技術世界市場は、19億ドルだった。BCCリサーチは、今後CAGR 3.6%で、2023年には23億ドルに達すると […]

全文を読む

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。