All about Photonics

ニュース

SEAS、チップ上で光をプログラミング

January, 17, 2019, Sunnyvale--

ハーバード・工学/応用科学スクール(SEAS)の研究者は、新しい集積フォトニクスプラットフォームを開発した。これは、光を蓄積し、IC内でその周波数(色)を電気的にコントロールできる。  プラットフォームは、原子系からヒン […]

全文を読む

NEC通信システム、製造現場の資材位置を高い精度で管理する「マーカー測位技術」を開発

January, 17, 2019, 東京--

NEC通信システムは、製造業等の工場内の資材・仕掛品・完成品の保管位置を高精度に測位する「マーカー測位技術」を開発した。  開発技術は「資材監視ソリューション」を強化するものであり、1月16日(水)~18日(金)に開催さ […]

全文を読む

分子の大きさで円偏光発光の回転方向を制御できる環状キラル色素を開発

January, 17, 2019, 東京--

北里大学大学院理学研究科の長谷川真士講師、真崎康博教授と近畿大学理工学部応用化学科の今井喜胤准教授の研究グループは、「ナフタレン分子を環状に規則正しく並べる」という単純な分子設計で、強い円偏光発光(CPL: Circul […]

全文を読む

磁気テープの光アシスト磁化反転と、テラヘルツ光による超高速磁化応答の観察に成功

January, 17, 2019, 東京--

東京大学大学院理学系研究科化学専攻の大越慎一教授、同物理学専攻の宮下精二教授、大阪大学レーザー科学研究所の中嶋誠准教授らの共同研究グループは、イプシロン酸化鉄および金属置換型イプシロン酸化鉄からなる磁性フィルムにおいて、 […]

全文を読む

「電気信号と光信号に演算的に作動する機能性液晶素子」を開発

January, 16, 2019, 東京--

東京大学大学院工学系研究科化学生命工学専攻の相田卓三教授(理化学研究所 創発物性科学研究センター 副センター長)、同専攻の伊藤喜光講師、矢野慧一大学院生らの研究グループは、ただ混ぜるだけで、電気信号と光信号に演算的に応答 […]

全文を読む

アルタデバイセズ、29.1%ソーラ効率記録、NASAが採用

January, 16, 2019, Sunnyvale--

NASAは、アルタデバイセズ(Alta Devices)ソーラ技術を国際宇宙ステーションでテストし、今後のNASA低地球軌道ミッションのためにアルタの技術を評価する。ミッションには、CubeSatsへの電力供給も含まれる […]

全文を読む

Velo3DとPraxair Surface Technologies (PST)提携

January, 16, 2019, Campbell--

Velo3Dは、Praxair Surface Technologies, Inc. (PST)との提携を発表した。  PSTは、航空宇宙産業や他の重要市場向けにプレミアム特殊合金ベースソリューションの大手提供者。提携に […]

全文を読む

光セキュリティ向上にホログラフィックカラープリントを利用

January, 16, 2019, Singapore--

シンガポール工科設計大学(SUTD)の研究チームは、新しいタイプの偽造防止デバイスを開発した。これは、IDカード、パスポート、紙幣などの重要な書類の偽造阻止に役立つ。  これは「ホログラフィックカラープリント」と言い、准 […]

全文を読む

渦を巻いて飛行する「光子渦」の量子状態を調べる手法を提案

January, 15, 2019, 東京--

日本大学の丸山智幸教授、量子科学技術研究開発機構の早川岳人上席研究員、国立天文台の梶野敏貴准教授は、通常の光子とは異なる、渦を巻いて飛行する「光子渦」が持つ角運動量の大きさ、節の数などの量子状態を、コンプトン散乱で測定可 […]

全文を読む

コラボレーションにより家庭で利用できるOCTシステムを市場に

January, 15, 2019, Manassas--

眼科診断サービス会社、Notal Vision, Ltdは、眼病管理をクリニックから家庭に拡張することでアイケア促進に取り組んでいる。同社は、米国FDAが、「ブレイクスルーデバイス」搭載OCTシステムベースNotal V […]

全文を読む

TU/e、新タイプ低消費電力ナノスケールポラリトンレーザ

January, 15, 2019, Eindhoven--

アイントホーフェンの研究チームは、全方向に発光する新しいタイプの省エネ、ナノスケールレーザを開発した。その全方向発光へのカギは、ナノテクノロジーでは通常、極めて望ましくないものの導入である。つまり材料の不規則性である。研 […]

全文を読む

多産業からの需要増でラマン分光世界市場拡大

January, 15, 2019, Wellesley--

BCCリサーチ「ラマン分光グローバル市場」によると、ラマン分光の利用が、ヘルスケア、半導体、国土安全など多くの産業で増加しているため、ラマン分光世界市場は、発展を続けている。  ラマン分光グローバル市場は、2018年に1 […]

全文を読む

新しい光メモリセル、データストレージ密度記録達成

January, 11, 2019, Washington--

オックスフォード、エクセター、ミュンスター大学の研究者が、オールオプティカルデータストレージ新技術をOpticaに発表した。  研究チームは、チップ上の以前可能だったよりも小さなスペースに、より多くの光データを蓄積できる […]

全文を読む

致死性黒色腫で血管成長の変化をイメージング

January, 11, 2019, Maidstone--

新しい臨床研究により、黒色腫のダイナミックOCT(D-OCT)が、黒色腫の浸潤深度と関連する血管の変化を明らかにすることが示された。研究者は、所与の黒色腫の危険度を迅速に評価する新しい方法につながると考えている。  より […]

全文を読む

量子ドットを使ってフルカラーmicroLEDピクセルを87%縮小

January, 11, 2019, Plymouth--

Plessey Semiconductorsと Nanoco Technologiesは、提携を発表し、Nanoco のカドミウムフリー量子ドット(CFQD)半導体ナノ粒子技術を使ってモノリシックmicroLEDディスプ […]

全文を読む

世界のAR/VR市場、2025年に5714億ドル超

January, 11, 2019, Portland--

アライドマーケットリサーチ(AMR)の「拡張現実と仮想現実(AR/VR)市場、組織規模、アプリケーション、業界ごと、2018-2025グローバル機会分析と予測」によると、世界のAR/VR市場は、2017年に113億200 […]

全文を読む

UCSD、ガンの広がり能力を検出・計測するセンサを開発

January, 10, 2019, San Diego--

腫瘍が最初に発生した部位から浸潤性癌細胞が身体の離れた箇所へ広がることは転移としてい知られている。転移は、ガン患者死亡の主因である。UCSD医学部の研究チームは、iScienceに、単一ガン細胞の転移可能性を検出、計測で […]

全文を読む

レーザ駆動の衝撃波を利用して光速に近い陽子線を発生

January, 10, 2019, 東京--

量子科学技術研究開発機構量子ビーム科学研究部門の福田祐仁上席研究員と京都大学の岸本泰明教授のグループは、共同研究により、水素クラスター(マイクロメートルサイズの“球状”固体水素)に高強度のレーザ光を照射して、宇宙線の加速 […]

全文を読む

AR/VR世界市場、2019年に200億ドル超

January, 10, 2019, Framingham--

拡張現実と仮想現実(AR/VR)への世界的支出は2019年に約204億ドルと予測されている。IDCによると、これは、2018年の121億ドルから68.8%増となる。  IDCの「半年ごとのARVR支出ガイド」は、AR/V […]

全文を読む

危険防止レーザスキャナ市場、2023年に4億600万ドル

January, 10, 2019, Northbrook--

マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「危険防止レーザスキャナ市場、製品タイプ(モバイル危険防止レーザスキャナ、固定危険防止レーザスキャナ)、エンドユーザー産業(自動車、食品&# […]

全文を読む

ライス大学、完全2D回路を滑面に転写する方法を開発

January, 9, 2019, Houston--

モノのセンシングをするセンサが、そのモノの一部だったらどうか。ライス大学(Rice University)のエンジニアは、正にそれを実現する2Dソリューションがあると考えている。  ライス大学の材料科学研究者、Pulic […]

全文を読む

KAIST、超薄型デジタルカメラを開発

January, 9, 2019, Seoul--

Xenos peckii(アシナガバチの内部寄生虫)の視覚系は、ほとんどの昆虫の複眼と異なり、高感度で高解像度という明確な利点を示している。その独特の特徴を利用してKAISTチームは、超薄型デジタルカメラを開発した。これ […]

全文を読む

量子科学技術研究開発機構、世界最短波長「超蛍光」の観測

January, 9, 2019, 東京--

量子科学技術研究開発機構(量研)量子ビーム科学研究部門関西光科学研究所のハリーズ・ジェームズ上席研究員、大学共同利用機関法人自然科学研究機構分子科学研究所(分子研)の岩山洋士助教・繁政英治技術課長、理化学研究所(理研)の […]

全文を読む

細かな路面形状を高精度検知可能な車載ステレオカメラ向け技術を開発

January, 9, 2019, 東京--

日立オートモティブシステムズ株式会社(日立オートモティブシステムズ)は、自動車の走行中に道路上の凹凸や小さな落下物などの細かな路面形状を高精度に検知できる車載用ステレオカメラ向けの技術を開発した。 日立オートモティブシス […]

全文を読む

チューナブル非線形メタマテリアルで光通信を促進

January, 8, 2019, Lowell--

UMass Lowell, King’s College London, Paris Diderot University および University of Hartfordの研究チームは、調整して光の色を変えることが […]

全文を読む

赤外センシング市場規模、2020年に21億ドル超

January, 8, 2019, Taipei--

「LEDinside 2019赤外センシングアプリケーション市場レポート – モバイルセンシング、LiDARおよび光学センシング」によると、様々なIR製品の開発が進んでおり、これにより無限のビジネスチャンスが […]

全文を読む

LSP Technologies、レーザピーニングでAIRBUSと契約

January, 8, 2019, Dublin--

LSP Technologies, Incは、航空機メーカーAirbusにレーザピニングシステムを供給する多年契約を締結した。  実質的な装置の革新と独自のツーリングは、LSP Technologiesのダブリン、オハイ […]

全文を読む

LZHなど、金属厚板のレーザ溶接技術開発に取り組む

January, 7, 2019, Hannover--

Laser Zentrum Hannover e.V. (LZH)は、Held Systems Deutschland GmbH, Laserline GmbH およびMeyer Werft GmbH & Co […]

全文を読む

VelodyneとNikon、技術開発と製造で提携

January, 7, 2019, San Jose--

Velodyne Lidar, Inc (Velodyne)は、Nikon Corporationから2500万ドルの新規戦略的投資を受けたと発表した。Velodyneは、自律走行車向けLiDARセンサ業界のリーダー。 […]

全文を読む

OsramとGaN Systems、LiDAR用超高速レーザドライバ発表

January, 7, 2019, Sunnyvale--

オスラム(Osram Opto Semiconductors)とGaN Systemsは、LiDARシステム向け高出力、マルチチャネルSMTレーザ搭載超高速レーザドライバを発表した。OsramはLiDARレーザのリーダー […]

全文を読む

1 / 212

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。