All about Photonics

ニュース

LEDドライバ市場、2021年に190億ドル

December, 15, 2016, Amsterdam--

ザイアン・マーケットリサーチ(Zion Market Research)のレポート「LEDドライバ市場、2015-2021包括的な分析と予測」によると、世界のLEDドライバ市場は、2015年に47億5000万ドル、201 […]

全文を読む

2ケタ成長を視野に入れるマシンビジョン技術世界市場

December, 15, 2016, Wellesley--

ハードウエアの高速化、インテリジェントツールの増加、アプリケーションソフトウエアの開発と導入環境の改善により、マシンビジョン(MV)アプリケーションの普及が拡大し進化している。BCCリサーチ(BCC Research)に […]

全文を読む

第5世代量子線がん治療装置(量子メス)の開発協力に関する協定の締結

December, 14, 2016, 東京--

量子科学技術研究開発機構(量研機構)と 住友重機械工業 (住友重機械)、東芝、日立製作所、三菱電機は、平成28年12月13日付で「第5世代量子線がん治療装置の開発協力に関する包括的協定」を締結した。 量研機構は、1994 […]

全文を読む

ナノワイヤーの新たな評価技術を開発

December, 14, 2016, つくば--

産業技術総合研究所(産総研)などの共同研究グループは、新しい効果の発現が期待されるビスマスナノワイヤーのホール係数を測定する技術を開発した。  研究グループは、産総研省エネルギー研究部門熱電変換グループ 村田正行 研究員 […]

全文を読む

光ファイバ歪センサで義手をガイド

December, 14, 2016, NY--

コーネル大学(Cornell University)研究チームは、人と全く同じように周囲環境を内的に感じるソフトロボットのための方法を考案した。  ほとんどのロボットは、モーターを利用して握る、接触感覚を実現しており、こ […]

全文を読む

フランスのRoute des LasersとElopsys統合してALPHA-RLH設立

December, 14, 2016, Bordeaux--

フォトニクスとレーザ技術企業の競争力クラスタRoute des Lasersと、フォトニクス、マイクロ波、デジタル技術のクラスタElopsysは、統合してALPHA-RLHを設立すると発表した。  新しい複数技術のクラス […]

全文を読む

フェムト秒X線光電子回折法により強レーザ電場中の分子の構造を決定

December, 13, 2016, 東京--

高エネルギー加速器研究機構(KEK)、東京大学、立命館大学、千葉大学、京都大学、量子科学技術研究開発機構(QST)、理化学研究所(理研)、及び高輝度光科学研究センター(JASRI)の共同研究グループは、X線自由電子レーザ […]

全文を読む

小型軽量かつ汎用性の高いモーションキャプチャシステムを開発

December, 13, 2016, 東京--

東京工科大学コンピュータサイエンス学部の松下宗一郎教授らの研究チームは、腕時計サイズの小型軽量で日常生活での利用も可能な、高精度のモーションキャプチャシステムの開発に成功。医療分野などでの活用に向け、同大医療保健学部など […]

全文を読む

ALD技術の進歩が商用アプリケーションを増加させる

December, 13, 2016, Wellesley--

過去10年で、業界の変化を促進する技術開発により原子層堆積(ALD)材料と装置の世界市場は進化した。BCCリサーチ(BCC Research)は、市場はCAGR 15%で成長すると予測している。極薄膜製造用にALDの利用 […]

全文を読む

赤外ディテクタ世界市場は2022年に4億6600万ドル

December, 13, 2016, Portland--

アライドマーケットリサーチ(Allied Market Research)が発表した赤外ディテクタ市場レポートによると、世界市場は2016-2022年の期間にCAGR 9.7%で成長し、2022年に4億6600万ドルに達 […]

全文を読む

レーザ光の中を飛ぶ鳥を使い飛行研究の問題点を解明

December, 12, 2016, Stanford--

スタンフォード大学の研究チームは、飛行中に鳥が作る旋風を正確に計測することで、鳥が飛行のための揚力を作る方法を説明し、飛行ロボットやドローンの設計方法への示唆を説明している。  機械工学David LentinkLabと […]

全文を読む

ナノテクノロジー、製品とアプリケーションで大きな成長予測

December, 12, 2016, Wellesley--

BCCリサーチ(BCC Research)の「成熟するナノテクノロジー市場: 製品とアプリケーション」によると、ナノテクノロジーは世界経済の多くの分野に影響を与える見込みである。これは、ナノマテリアル、ナノツール、ナノデ […]

全文を読む

Ames研究所、500万ドルの助成金を得てAḾ用金属粉末改善

December, 12, 2016, Washington--

エイムズ研究所(Ames Laboratory)とオークリッジ国立研究所(ORNL: Oak Ridge National Laboratory)は、米国エネルギー省(DOE)の先端製造局(AMO)から500万ドルの助成 […]

全文を読む

ギガフォトン、新型KrFエキシマレーザー評価開始

December, 12, 2016, 小山市--

半導体リソグラフィ光源の主要メーカー、ギガフォトンは、自社新ブランド“GIGANEX”シリーズの一環として、同社が創業以来培ったKrF技術を活かしたアニール向け新型KrFエキシマレーザの開発に成功し、11月にはパネルメー […]

全文を読む

手術中リアルタイムで脳腫瘍を光らせるイメージング技術

December, 9, 2016, Philadelphia--

手術中に腫瘍を明るく光らせる実験的癌イメージングツールが、Penn Medicine臨床研究で再び有望であることが実証された、今度は脳腫瘍患者である。蛍光染料技術は、肺癌治療用に精密手術ペンセンタ(Penn Center […]

全文を読む

光のON-OFFで摩擦の増減を制御

December, 9, 2016, つくば--

NIMSの研究グループは、真空中において有機分子とサファイア基板間に生ずる摩擦力の大きさをレーザ光の照射の有無で繰り返し変化させられることを見出した。  物質・材料研究機構(NIMS) エネルギー・環境材料研究拠点の後藤 […]

全文を読む

世界のナノフォトニクス市場のトレンドと予測

December, 9, 2016, Toronto--

TechNavio Researchの調査によると、世界のナノフォトニクス市場は、2016-2020の予測期間にCAGR 約48%で成長する。  2015年、ナノフォトニクスダイオードは、世界のナノフォトニクス市場で最大 […]

全文を読む

レーザ技術の進歩がフォトニックアプリケーション市場成長に貢献

December, 9, 2016, Wellesley--

レーザ技術はセンサやディテクタの開発で重要である。これによって様々な産業でアプリケーションのプロセスが変化した。BCCリサーチ(BCC Research)によると、この新興技術でR&Dが進歩を生み出すにしたがい […]

全文を読む

NEDOプロジェクトの研究開発成果を国際学会IEDM2016で発表

December, 8, 2016, 東京--

NEDOプロジェクトにおいて東京大学および光電子融合基盤技術研究所(PETRA)、東京工業大学他による研究開発成果2件が、半導体デバイス分野で世界的に権威のある国際学会IEDM(IEEE International El […]

全文を読む

原子の集団が数珠つなぎに電子を放出する新現象を解明

December, 8, 2016, 和光--

国際的合同研究チームは、日本初の短波長自由電子レーザ装置、SCSS試験加速器から供給される強力な極紫外光パルスをネオン原子の集団に照射すると、多くの電子が数珠つなぎで飛び出してくる新しい現象を発見した。  強力な極紫外光 […]

全文を読む

NIST、デュアル原子時計、安定化新記録

December, 8, 2016, Philadelphia--

NIST(国立国家標準・技術研究所)の物理学者は、イッテルビウム原子をベースにした2つの実験原子時計を統合して、クロック安定性で世界記録を樹立した。安定性は、各時間刻みの時間幅が、その前後に来る全ての他の時間刻みに正確に […]

全文を読む

シリコンフォトニクス回路とIII-V半導体材料の結合でマイクロレーザ実現

December, 8, 2016, Singapore--

A*STARデータストレージ研究所のDoris Keh-Ting Ngの研究チームは、シリコンと発光半導体の結合がマイクロスケールのレーザ開発に役立つことを示した。  シリコンは電子デバイスの製造に革命を起こした。この豊 […]

全文を読む

電子ガンをマッチボックスサイズに縮小

December, 7, 2016, Hamburg--

ドイツ電子シンクロトロン(DESY)とMITの国際研究チームは、マッチボックスサイズの電子ガンを実現した。電子ガンは、生体分子から超伝導まで、様々な物質の研究のための高品質電子ビーム生成に使用される。また、X線自由電子レ […]

全文を読む

世界最速の長距離データ転送に成功

December, 7, 2016, 東京--

NICTと大学共同利用機関法人情報・システム研究機構 国立情報学研究所(NII)は、NIIが開発したファイル転送プロトコル「MMCFTP」(Massively Multi-Connection File Transfer […]

全文を読む

パッケージドLED市場規模、2020年に182億ドル

December, 7, 2016, Lyon--

調査会社ヨール(Yole Développement)は、「LEDパッケージング2016: 市場、技術、産業展望レポート」を発表した。ヨールの分析によると、パッケージドLED市場は、2015年に約157億ド […]

全文を読む

LaaS市場、2016-2025年で累積58億ドル

December, 7, 2016, Boulder--

ナビガントリサーチ(Navigant Research)は、商用ビルのlighting as a service(LaaS)世界市場を分析し、地域、サービスタイプ、ビルタイプに分けて2025年までのLaaSマネージメント […]

全文を読む

インフラの長寿命化を支える先進レーザー診断技術の開発

December, 6, 2016, 和光--

理研の共同研究グループは、トンネルなどのインフラの保守保全作業を、自動化、効率化するために「レーザ高空間分解能計測」、「レーザ打音」、「レーザコンクリート切断」と呼ばれるレーザ技術を開発し、コンクリート供試体を計測対象と […]

全文を読む

産業Ethernet市場、2022年に592億ドル

December, 6, 2016, Magarpatta--

マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)は、「産業用Ethernet市場-2022までのグローバル予測」レポートを発表した。産業用Ethernet市場は、2015年の194億3000万ドルか […]

全文を読む

NANOCO、Kodakから量子ドット特許を取得

December, 6, 2016, Manchester--

ナノコグループ(Nanoco Group plc)は、コダック(Eastman Kodak Company)から、電子発光ディスプレイ、将来のディスプレイ技術における量子ドット利用に関連する一群の特許を取得した。ナノコは […]

全文を読む

フラウンホーファーFEP、フレキシブルOLEDを発表

December, 6, 2016, Dresden--

フラウンホーファーFEPは、ヨーロッパのパイロットラインプロジェクトPI-SCALE内の中核チームパートナーの一社として、このプロジェクトからフレキシブルOLEDの初のデモンストレーションを行う。  デモンストレーション […]

全文を読む

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。