All about Photonics

ニュース

Huawei Marine、マレー半島東沿岸に海底ケーブルシステム建設

September, 15, 2016, Singapore--

ファーウエイマリーン(Huawei Marine Networks Co., Ltd)は、Super Sea Cable Networks Pte Ltdに選定され、SEAX-1の建設を行うと発表した。  SEAX-1は […]

全文を読む

超高解像度イメージング技術を開発

September, 15, 2016, London--

UMass LowellとUKのKing’s College Londonの研究チームは、極微小の対象の構造を極めて鮮明な画像で撮る新しい方法を実証した。  「インタースケール・ミキシング顕微鏡」(IMM)と […]

全文を読む

エキシマとフェムト秒ガン科レーザ市場、2016年に6億6600万ドル

September, 14, 2016, NY--

フューチャマーケットインサイツ(FMI)の調査によると、エキシマとフェムト秒眼科用レーザ世界市場は、2016年に安定した成長を示しており、販売額は6億6600万ドルに達する。エキシマレーザシステムは、引き続きフェムト秒レ […]

全文を読む

OptomecとFryer、提携して金属AḾの産業利用を拡大

September, 14, 2016, Albuquerque--

オプトメク(Optomec)は、フライヤマシンシステムズ(Fryer Machine Systems)との提携を発表した。  Optomecは、3Dプラント金属向け生産グレード積層造形(AḾ)システムの世界的なサプライヤ […]

全文を読む

ラノバス、世界初のQD多波長レーザとシリコンフォトニクス技術を発表

September, 14, 2016, Ottawa--

ラノバス(Ranovus Inc)は世界初の量子ドット(QD)多波長レーザとシリコンフォトニクスプラットフォーム技術が利用可能になったと発表した。狙いは、データセンターインタコネクト(DCI)市場で新たなコストと消費電力 […]

全文を読む

モレックスの高OHガラス/ガラス光ファイバ、ICESat-2に搭載

September, 14, 2016, Lisle--

モレックスは、同社のPolymicro Technologies光ファイバがNASAのICESat-2(Ice, Cloud and Land Elevation Satellite-2)に搭載されると発表した。  衛星 […]

全文を読む

NICT、同一素子で100GHz高速光信号受信と光起電力発生を同時に実現

September, 13, 2016, 東京--

NICTは、ネットワークシステム研究所において、早稲田大学理工学術院 川西哲也教授(基幹理工学部)、日立国際電気と共同で、高効率高速受光素子の開発に成功した。  この素子を搭載したモジュールに光ファイバを接続すると、電源 […]

全文を読む

レーザ処理グラフェンで紙ベースのエレクトロニクスを作製

September, 13, 2016, Ames--

アイオワ州立大学Jonathan Claussenの研究チームは、グラフェンとその特性をセンサや他の技術で利用する方法を探求してきた。  同大学ポスドク研究助手、Suprem Das氏は、グルコースセンサに十分な大きさの […]

全文を読む

ハイパースペクトラルイメージングで500年前のメキシコ文献が明らかに

September, 13, 2016, Oxford--

ボドリアン図書館とオランダの大学の研究チームは、ハイテクイメージングを使い、アメリカの植民地化以前に遡る珍しいメキシコ写本の詳細を明らかにした。  新たに公開された写本は、約550年見ることができずにボドリアン図書館内蔵 […]

全文を読む

新しいセンサで死に至る可能性がある細菌感染と闘う

September, 13, 2016, Washington--

命にかかわる危険性があるE. coliバクテリアを、従来の検査室テストよりもはるかに高速に、15~20分で検出できる新しいセンサが開発された。  E. coliは汚染された食物や水によって伝染され、特に子供や老人には危険 […]

全文を読む

無比のQD材料が市場の成長を促進

September, 12, 2016, Wellesley--

量子ドット(QD)材料による他にない特性が、その商用開発やビジネス潜在力に大きな関心を生み出してきた。BCCリサーチのレポート「量子ドット:世界市場の成長と今後の商用展望」によると、ウエット化学プロセスで合成されるコロイ […]

全文を読む

ⅡⅣ社、波長安定化980nmアンクールドポンプレーザモジュール発表

September, 12, 2016, Pittsburgh--

II-VI社(II-VI Incorporated)は、新しいアンクールド980nmポンプレーザモジュールを発表した。モジュールは8ピンmini-DILパッケージに特許申請中のパッケージ波長安定化機構を内蔵している。   […]

全文を読む

フィニサ、R&Dと通信システム製造向けエンハンストWaveShaper

September, 12, 2016, Sunnyvale--

フィニサは、WaveShaperシリーズAプログラマブルオプティカルプロセッサを発表した。  この次世代テスト装置は、先進的通信システムのR&Dおよび製造における光フィルタリングと処理アプリケーションをサポート […]

全文を読む

超高解像度顕微鏡で自然状態の生体物質の3D画像を実証

September, 12, 2016, Austin--

テキサス大学オースティン校の研究チームは、自然状態の生体物質の構造の3D画像を他の方法よりもはるかに 高い解像度で作製する方法を実証した。この方法により、細胞の相互交信方法が明らかになり、皮膚や心臓組織などの人工器官を開 […]

全文を読む

NEC、インドネシアとシンガポールを結ぶ光海底ケーブル「IGG」を受注

September, 9, 2016, 東京--

NECは、インドネシアとシンガポールを結ぶ大容量光海底ケーブル敷設プロジェクト「IGG(Indonesia Global Gateway)」をインドネシア最大の通信事業者のPT Telkom(PTテレコムから受注した。同 […]

全文を読む

UCLA、感染症、ガンの発見をスピードアップする方法を開発

September, 9, 2016, Los Angels--

UCLAの研究チームは、血液と血漿中のタンパク質の検出をスピードアップし簡素化する方法を見出した。これは、来院中に、感染症やガンの存在を早期に診断する可能性を開くものである。現在の最先端のテストが2~4時間かかるのに対し […]

全文を読む

血液をレーザに転用して薬剤テスト、ガン治療に利用

September, 9, 2016, Ann Arbor--

ミシガン大学の研究チームは、レーザ光とFDA承認蛍光染料とを結合して分子レベルで細胞の構造と活動をモニタする新しい技術の実証に成功した。これは、臨床イメージングの改善、腫瘍や他の細胞構造のモニタリング改善につながる。また […]

全文を読む

National EnergeticsとEKSPLA、10 PWレーザシステム建設契約

September, 9, 2016, Austin--

ナショナルエナジェティクス(National Energetics, Inc)が主導するコンソーシアムは、Ekspla UABと協力して超高強度レーザシステムを開発しインストールする4000万ドル超の契約を勝ち取った。同 […]

全文を読む

PhoeniX、AIM Photonicsに参加

September, 8, 2016, Rochester--

SUNY Polytechnic Instituteのサポートを受け、PhoeniX SoftwareはAIM Photonicsのメンバーになった。  PhoeniX Softwareは、集積フォトニック回路(PIC) […]

全文を読む

光学検査市場向け立体照明プロジェクタでマイクロディスプレイ企業が提携

September, 8, 2016, Scotland--

香港のピコプロジェクションの会社iViewとマイクロディスプレイと空間光変調器の会社Forth Dimension Displays limited(ForthDD)は、Structured Light Projecto […]

全文を読む

ムーアの法則に希望をもたらす渦巻きレーザ

September, 8, 2016, Buffalo--

レーザは今日の通信システムの中心部をなす。研究者たちは様々な方法でレーザを操作してきたが、主に多様な信号を1つのパスに詰め込んでより多くの情報を運ぶ方法である。しかしこのような技術、特に波長分割多重(WDM)や時分割多重 […]

全文を読む

サービスプロバイダ向けコアルータ市場でHuaweiかNo.2

September, 8, 2016, Redwood City--

調査会社Dell’Oro Groupは、2Q16サービスプロバイダ(SP)コアルータ市場のベンダランキングでHuaweiがNo.2の座を奪い取ったとレポートした。全般的に、世界のSPコアルータ市場は成長が続い […]

全文を読む

超薄膜内にナノ粒子を同心円パターン状に配列させる新技術を開発

September, 7, 2016, つくば--

物質・材料研究機構(NIMS)の研究グループは、超薄膜内にナノ粒子を同心円パターン状に配列させる新技術を開発することに成功した。ナノ物質の配列制御の新しい可能性 光学デバイスやセンサ部品などへの応用に期待されている。   […]

全文を読む

世界のLED照明バラスト市場、CAGR 26%を超える成長

September, 7, 2016, Toronto--

TechNavioリサーチの予測によると、LED照明バラスト(安定器)世界市場は、2020年に3億5400万ユニットを超える。  エネルギー効率のよいソリューションに対する要求増が、この市場の成長の背景にある基本的な原動 […]

全文を読む

VTTとPhoeniX Software、シリコンフォトニクス開発用デザインキット

September, 7, 2016, Espoo--

VTTとPhoeniX Softwareは、世界中のシリコンフォトニクス開発者をサポートするプロセスデザインキット(PDK)を発表した。  EUが財政支援するACTPHASTプロジェクトにサポートされ、フィンランドVTT […]

全文を読む

DARPA、室温原子層蒸着の新方法を開発

September, 7, 2016, Arlington--

DARPA支援の研究者が、室温で超薄材料合成に新たなアプローチを開発した。これは、温度800℃を必要としていた業界のアプローチに対するブレイクスルーである。この進歩は、これまで達成できなかった多くの薄膜マイクロエレクトロ […]

全文を読む

3Dプリントされた構造がその形状を「記憶」

September, 6, 2016, Cambridge--

MITとシンガポール技術・設計大学(SUTD)のエンジニアは、原形を「記憶する」3D構造のプリントに光を使う。伸ばされ、捩じられ、極端な角度に曲げられた後でも、その構造物は、小さなコイルや多材料の花から、エッフェル塔の1 […]

全文を読む

前臨床イメージング(生体内)市場、2021年に9億1040万ドル

September, 6, 2016, Maharashtra--

マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)の「前臨床イメージング(in-VIVO)市場」調査によると、市場は2016-2021の期間にCAGR 6.2%で成長して、2021年には9億1040万 […]

全文を読む

スマートライティング需要を反映しエネルギー効率重視が強まる

September, 6, 2016, Toronto--

TechNavioの調査は、2016-2020年にスマートライティング世界市場がCAGR 約19%で伸びると予測している。  スマートライティング(smart lighting)ワイヤレスネットワーキング技術の普及が世界 […]

全文を読む

TE SubCom、サウス-イースト・ジャパンケーブルアップグレード完了

September, 6, 2016, Eatontown--

TE Connectivity Ltdの子会社TE SubComは、サウス-イースト・ジャパンケーブル(SJC)システムの三度目のネットワークアップグレードの予定通り完了を発表した。  同システムは、ブルネイ、中国、香港 […]

全文を読む

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。