All about Photonics

ニュース

染色なしで生体細胞を3Dイメージング

January, 24, 2014, Champaign--

イリノイ大学の研究チームは、白色光回折トモグラフィ(WDT)を開発した。このイメージング技術によって、生体細胞を、それに損傷を与えることなく見ることができ、細胞生物学者は細胞の過程、薬の効果、幹細胞の分化を史上で初めて観 […]

全文を読む

眼の細胞を初めてインクジェットプリント

January, 16, 2014, Cambridge--

UKの研究グループは、インクジェットプリント技術を用いて眼から取った細胞を初めてプリントした。 このブレイクスルーは、人の網膜の多様な細胞から造られた人工の移植組織片製造につながり、失明治療の研究に役立つ可能性がある。 […]

全文を読む

生物学的発想による接着剤で心臓をしっかりと封印

January, 16, 2014, Boston--

先天性心臓障害の治療に生物学的発想による、光で活性化する接着剤は、いずれ縫合のような侵襲的治療に取って代わると考えられている。 ブリガム&ウイメンズホスピタル(BWH)生体工学部、Jeffrey Karp, P […]

全文を読む

レーザスキャナを使いマラリア感染を数秒で検出

January, 8, 2014, Houston--

ライス大学(Rice University)の研究チームは、レーザスキャナを使用し皮膚を通して数秒で低レベルのマラリア感染を正確に検出する非侵襲技術を開発した。この「ベイパーナノバブル」技術には色素や診断薬品は不要であり […]

全文を読む

失明に至る病気をハンドヘルドOCTで早期発見

January, 7, 2014, Washington--

新しいハンドヘルド光学機器で眼病を検出することができる。 このツールは、ハンドヘルドビデオカメラ程度のサイズで、わずか数秒で患者の網膜全体を走査し、糖尿病性網膜症、緑内障、黄斑変性を含む多くの網膜疾患の早期発見で医師の初 […]

全文を読む

ネットワーク医療機器販売は2018年に1400万ユニット超

January, 6, 2014, Dallas--

パークスアソシエイツ(Parks Associates)のニューデジタルヘルス調査は、米国のネットワーク医療機器販売数が2018年には1400万ユニットを超え、2012年の販売数量の5倍以上になると予測している。 「ネッ […]

全文を読む

レーザ溶接で神経外科の微小縫合改善

January, 6, 2014, Sesto Fiorentino--

脳動脈の微小縫合は、手術の傷口修復、微小血管再結合の至適基準となっている。 レーザベースの縫合技術は、従来法に対していくつかの利点があり、1970年代から研究されてきた従来法にともなう問題の解決策になる可能性がある。最も […]

全文を読む

6 / 6« 先頭...23456

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。