All about Photonics

ニュース

フライブルク大学、タンパク質輸送の新しいメカニズムを発見

March, 14, 2014, Freiburg--

上皮組織は人体の臓器を埋め尽くしている。皮膚、腸、腎臓ではこの細胞層は、ホルモンや栄養物のような分子の交換を調整する境界を形成する。フライブルクの生物物理学者、Dr. Roland Thünauerと助教授Dr. Win […]

全文を読む

DARPA、生物・化学兵器検出用にコンパクトな高出力UVレーザ開発計画

March, 14, 2014, Arlington--

ラマン分光はレーザを使って分子の振動を計測し、素早く正確に未知物質を特定する。UV波長は隔離距離でラマン分光に適した波長であるが、国防省(DOD)の現在のUVベース戦術検出システムは大きくて高価であり、機能に限りがある。 […]

全文を読む

チューリッヒ大学、癌に的を絞った包括的な計測法を開発

March, 13, 2014, Zurich--

チューリッヒ大学の研究チームは、これまで達成できなかった数の癌関連要素を同時可視化できるイメージング法を開発した。 腫瘍の細胞プロファイルを知ろうとすると、細胞内および細胞間の隣接関係、回路構造が極めて複雑であり尽力を要 […]

全文を読む

パーキンエルマ、高スループットイメージングシステム発表

March, 12, 2014, Waltham--

パーキンエルマ(PerkinElmer, Inc)は、LaminaマルチラベルスライドスキャナをUSCAP 2014年次会議で発表した。 Laminaスキャナは、病理学者による蛋白発現量、ホルマリンで固定しパラフィンで包 […]

全文を読む

サルモネラ菌検出をレーザセンサでスピードアップ

February, 28, 2014, West Lafayette--

パデュー大学(Purdue University)の研究チームは、食品サンプルで増えるサルモネラ菌を従来の検出法よりも3倍速く特定するレーザセンサを開発した。 BARDOTと言う装置は、細菌コロニーをスキャンし、明確に特 […]

全文を読む

超高輝度、高速X線でタンパク質のシングルレイヤーを画像化

February, 28, 2014, Richland--

パシフィック・ノースウエスト国立研究所(PNNL)およびローレンスリバモア国立研究所(LLNL)の研究チームは、XFELを使うことで既知のタンパク質の約25%の構造を詳細に知ることができるようになるという研究成果を発表し […]

全文を読む

グラフェン「サンドイッチ」で生物分子イメージング改善

February, 18, 2014, Chicago--

グラフェンシートの間に生物分子を挟むことで、シカゴのイリノイ大学(UIC)研究チームは自然な水様環境で分子の原子レベル画像を得ることができた。 分子、フェリチンは高度保存タンパク質で、動植物の鉄濃度を調整する。フェリチン […]

全文を読む

表面増強ラマン散乱を用いた新しい髄膜炎テスト

February, 17, 2014, Glasgow--

ストラスクライド純粋/応用化学部のDr Karen Fauldsは、同大学分子ナノ計測センタのPhD学生Kirsten Gracieと協働で1つの試料に存在する細菌を特定するために、表面増強ラマン散乱(SERS)として知 […]

全文を読む

オックスフォード・インストゥルメンツ、アンドールを買収 ナノバイオ分野を強化

February, 14, 2014--

研究開発・産業用のハイテクツールのプロバイダー、オックスフォード・インストゥルメンツは、アイルランドに本社を置くアンドール社を買収した。アンドール社は、自然科学、生命科学のためのハイパフォーマンス・カメラ、顕微鏡、ソフト […]

全文を読む

世界初のリアルタイム生体分子診断システム

February, 14, 2014, Singapore--

シンガポール国立大学(NUS)生体医用工学の研究チームは、独自開発した生体分子診断システムで複雑な癌診断プロセスを簡素化、高速化し、客観性を高めた。 この診断システムは、現在までのところ、内視鏡診断中、消化管の前癌状態の […]

全文を読む

バイオフォトニックと医療機器に使用されるLEDの市場予測

February, 10, 2014, Upper Lake--

エレクトロニキャスト(ElectroniCast Consultants)は、バイオフォトニックと医療機器に使用されるパッケージ化されたLEDの世界消費額調査結果を発表した。 2013年、バイオフォトニックと医療機器に使 […]

全文を読む

2014 Prism Awardsに5カ国9社の製品

February, 10, 2014, San Francisco--

SPIEとフォトニクスメディア主催、2014 Prism Awards受賞者がPhotonics Westで発表された。2014 受賞者(カテゴリと製品)は以下の通り。 ・先進的製造:ナノスクライブ(Nanoscribe […]

全文を読む

バイオフォトニックと医療機器に使用されるLEDの市場予測

February, 10, 2014, Upper Lake--

エレクトロニキャスト(ElectroniCast Consultants)は、バイオフォトニックと医療機器に使用されるパッケージ化されたLEDの世界消費額調査結果を発表した。 2013年、バイオフォトニックと医療機器に使 […]

全文を読む

アドバンテスト、テラヘルツ分光システムTAS7400販売開始

January, 31, 2014, 東京--

アドバンテストは、テラヘルツ波を用いた卓上型非破壊分光システム「TAS7400」シリーズ3機種の販売を2014年2月から開始する。 「TAS7400」は、同社テラヘルツ装置のハイエンド製品「TAS7500」の分光システム […]

全文を読む

新しいイメージング技術でタンパク質の振動を観察

January, 28, 2014, Buffalo--

テラヘルツ近接場顕微鏡をベースにして開発した技術を用いてバッファロー大学(UB)とハウプトマン-ウッドワード医療研究所(HWI)の研究チームは、多くの動物に見られる抗菌性タンパク質、リゾチームを初めて詳細に観察した。 研 […]

全文を読む

白内障診断と治療研究に300万ポンド調達

January, 28, 2014, Edinburg--

ヘリオット・ワット大学物理学名誉教授、Des Smith氏とRory Duncan氏が主導する研究チームは、白内障診断用の新しいシステムを開発する。これにより世界中で、不要な手術の費用、数百万ポンドが節約できると言う。 […]

全文を読む

染色なしで生体細胞を3Dイメージング

January, 24, 2014, Champaign--

イリノイ大学の研究チームは、白色光回折トモグラフィ(WDT)を開発した。このイメージング技術によって、生体細胞を、それに損傷を与えることなく見ることができ、細胞生物学者は細胞の過程、薬の効果、幹細胞の分化を史上で初めて観 […]

全文を読む

眼の細胞を初めてインクジェットプリント

January, 16, 2014, Cambridge--

UKの研究グループは、インクジェットプリント技術を用いて眼から取った細胞を初めてプリントした。 このブレイクスルーは、人の網膜の多様な細胞から造られた人工の移植組織片製造につながり、失明治療の研究に役立つ可能性がある。 […]

全文を読む

生物学的発想による接着剤で心臓をしっかりと封印

January, 16, 2014, Boston--

先天性心臓障害の治療に生物学的発想による、光で活性化する接着剤は、いずれ縫合のような侵襲的治療に取って代わると考えられている。 ブリガム&ウイメンズホスピタル(BWH)生体工学部、Jeffrey Karp, P […]

全文を読む

レーザスキャナを使いマラリア感染を数秒で検出

January, 8, 2014, Houston--

ライス大学(Rice University)の研究チームは、レーザスキャナを使用し皮膚を通して数秒で低レベルのマラリア感染を正確に検出する非侵襲技術を開発した。この「ベイパーナノバブル」技術には色素や診断薬品は不要であり […]

全文を読む

失明に至る病気をハンドヘルドOCTで早期発見

January, 7, 2014, Washington--

新しいハンドヘルド光学機器で眼病を検出することができる。 このツールは、ハンドヘルドビデオカメラ程度のサイズで、わずか数秒で患者の網膜全体を走査し、糖尿病性網膜症、緑内障、黄斑変性を含む多くの網膜疾患の早期発見で医師の初 […]

全文を読む

ネットワーク医療機器販売は2018年に1400万ユニット超

January, 6, 2014, Dallas--

パークスアソシエイツ(Parks Associates)のニューデジタルヘルス調査は、米国のネットワーク医療機器販売数が2018年には1400万ユニットを超え、2012年の販売数量の5倍以上になると予測している。 「ネッ […]

全文を読む

レーザ溶接で神経外科の微小縫合改善

January, 6, 2014, Sesto Fiorentino--

脳動脈の微小縫合は、手術の傷口修復、微小血管再結合の至適基準となっている。 レーザベースの縫合技術は、従来法に対していくつかの利点があり、1970年代から研究されてきた従来法にともなう問題の解決策になる可能性がある。最も […]

全文を読む

34 / 34« 先頭...1020...3031323334

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。