All about Photonics

ニュース

将来の結腸内視鏡検査、微動焦点により不快感低減

August, 18, 2015, Singapore--

シンガポール国立大学の研究チームは、スリムなパッケージで焦点調整機能を持つ内視鏡プローブを開発した。  レンズシステムは、2つの透明なポリマプレートを持ち、それぞれ1つの平坦面と自由曲面を持つ。自由曲面は互いに逆になって […]

全文を読む

非侵襲デバイスで血糖値をモニタ

August, 11, 2015, Leeds--

皮膚に刺さないで血糖値をモニタする新しいレーザセンサは、何百万人の糖尿病患者生活を変えることができる。  現在、糖尿病患者の多くは、指を刺して血液をテストストリップに絞り出し、ポータブル血糖計で処理することで血糖値を計測 […]

全文を読む

光による加熱と冷却で超高速DNA診断

August, 11, 2015, Berkeley--

UCバークレイ(UC Berkeley)の生体工学研究者が開発した新技術は、光のスイッチで遺伝しサンプルの加熱と冷却を加速することで実験室の有用ツールをより安価に、ポータブルに、何倍も高速にする見込みがある。  Ligh […]

全文を読む

ネットワーク理論に基づいた新しい統合失調症の解析手法を開発

July, 29, 2015, 大阪--

NICT脳情報通信融合研究センター(CiNet)の下川哲也主任研究員と大阪大学大学院連合小児発達学研究科の橋本亮太准教授のグループは、安静時の脳活動の脳画像データに対して脳内を活動の類似性で色分け(モジュール化)すること […]

全文を読む

光でナトリウムイオンを輸送するタンパク質の謎を解明

July, 29, 2015, 名古屋--

名古屋工業大学 大学院未来材料創成工学専攻 ナノ・ライフ変換科学分野およびオプトバイオテクノロジーセンター、神取秀樹教授、井上圭一助教らのグループは、光のエネルギーを使ってナトリウムイオン(Na+)を細胞から汲み出す新し […]

全文を読む

マイクロレーザで内部から細胞を追跡

July, 28, 2015, St.Andrews--

セントアンドルーズ大学の研究チームは、マイクロレーザを供給することで多数の白血球のその日の活動を追跡することに成功し、生体医学に新たな面を開いた。  この技術は、体内でガンがどのように広がるかについて新たな知見を与えるも […]

全文を読む

蛍光材料で細胞の成長の仕方を解明

July, 27, 2015, LINKÖPING--

太陽電池用に開発された半導体ポリマファイバは、新しいヒト組織成長の優れたサポート材料である。リンシェーピング大学(LiU)の研究チームは、そのファイバが蛍光を発することを示した。これにより、生きた組織内の細胞の成長を追跡 […]

全文を読む

レーザでインプラントを3Dプリンティング

July, 24, 2015, Hannover--

レーザセントルム・ハノーヴァ e.V.(LZH)の研究チームは、プラチナ、ニッケル・チタン(NiTi)、ステンレス鋼製のインプラントを作製するために高度に自動化されたレーザ溶融プロセスを確立した。  このために、サーフェ […]

全文を読む

加齢黄斑変性症患者、Argus II 網膜移植を受ける

July, 24, 2015, Manchester--

マンチェスタロイヤルアイホスピタル(Manchester Royal Eye Hospital)とセカンドサイトメディカルプロダクツ(Second Sight Medical Products, Inc)は、世界初のドラ […]

全文を読む

BASFとPoietis、3Dバイオプリンティング技術でR&D提携

July, 15, 2015, Ludwigshafen/Pessac--

BASFは世界初の3Dレーザアシスト・バイオプリンティング企業Poietisと、化粧品の研究開発で契約した。 ヒト組織工学とバイオプリンティングにおける両社の専門技術統合を基盤にしたこの契約の狙いは、Poietisのバイ […]

全文を読む

OCT技術、安全性プロファイルや高精度イメージングなどに普及

July, 10, 2015, Wellesley--

BCCリサーチによるとOCT世界市場は成長が続いている。これは主に、商用市場や調査研究分野での成功を通じてOCT技術が示した適用範囲の拡大と潜在性によるものである、とBCCリサーチは分析している。  同社の最新レポートは […]

全文を読む

タンパク質の非常に速い構造変化を計測する新手法を開発

July, 9, 2015, 和光--

理化学研究所(理研)田原分子分光研究室の乙須拓洋客員研究員、石井邦彦専任研究員、田原太平主任研究員の研究チームは、タンパク質分子の非常に速い構造変化を追跡する新しい計測手法を開発した。  タンパク質にはさまざまな機能があ […]

全文を読む

超安定計測を可能にする顕微鏡プラットフォーム

July, 9, 2015, Gathersburg--

宇宙物理学研究所連合(JILA)の研究チームは、個別分子の3D動作を何時間も正確に計測できるほど超安定な顕微鏡を設計した。現在の限界である数秒と比べると数100倍長い時間計測できる。  この技術は生体細胞をDNAの最小部 […]

全文を読む

フジクラ、内視鏡向け高解像度イメージファイバの開発

July, 7, 2015, 東京--

フジクラは、内視鏡用途として従来よりも解像度を向上させたイメージファイバを開発した。  近年、医療の低侵襲化(手術・検査による患者への負担を出来るだけ軽減すること)が求められており、内視鏡を用いた手術・検査の実施件数が増 […]

全文を読む

イリノイ大学、目の個別細胞を見るイメージング技術を開発

June, 26, 2015, Champaign--

イリノイ大学の研究チームが開発したイメージング技術により、眼科医はコンピューティングパワーを使って患者の目の奥の細胞を個別に見ることができるようになる。  目の奥の細胞、血管、神経の詳細画像によって変性眼や神経疾患の早期 […]

全文を読む

皮膚ガンスクリーニングにスマートフォンを利用

June, 25, 2015, Vancouver--

バンクーバで開催された世界皮膚科会議で、皮膚ガンモニタ用のスマートフォンアプリケーションが紹介された。 Digital Health Hubディレクタ、Maryam Sadeghiが、サイモンフレーザ大学(Simon F […]

全文を読む

超解像度生体イメージング顕微鏡

June, 24, 2015, Wilsonville--

顕微イメージングは、従来回折限界の制約を受けていた。これにより可視光では、空間分解能が数百ナノメートル(nm)に制限される。この限界を超えることは、医学、材料科学などいくつかの分野で大きなメリットがある。  研究チームは […]

全文を読む

Lumenis、現金5億1000万ドルで買収される

June, 23, 2015, Santa Ana--

ルメニス(Lumenis Ltd)は、XIOグループが1株あたり現金14.00ドル、総額約5億1000万ドルでルメニスを買収することで最終合意に達したと発表した。  ルメニスは、世界最大のエネルギーベース医療会社で、外科 […]

全文を読む

理研、光遺伝学によってマウスのうつ状態を改善

June, 22, 2015, 和光--

理化学研究所(理研)脳科学総合研究センター 理研-MIT神経回路遺伝学研究センターの利根川進センター長、スティーブ・ラミレス大学院生らの研究チームは、うつ様行動を示すマウスの海馬の神経細胞の活動を操作して、過去の楽しい記 […]

全文を読む

新しいイメージング技術によって脳腫瘍切除が安全になる

June, 22, 2015, Baltimore--

腫瘍の切除、特に脳腫瘍の切除で大きな課題は、健全な組織だけを残し、可能な限り多くのガンを切り取ることである。  手術中に医師が使える現在のイメージングツール、例えばMRIは、時間がかかり、高価であり、継続的なガイドができ […]

全文を読む

致死性細菌を高速特定できる新しい顕微鏡技術

June, 16, 2015, Washington--

韓国科学技術院(KAIST)によると、顕微鏡にわずかな変更を加えるだけで、バクテリア(細菌)を迅速に特定する新しい方法は、致死性の感染が発症する可能性がある患者に対する医師の処置方法を変え、有害な病原体を持つ汚染に対する […]

全文を読む

ライカ、OCT会社Bioptigenを買収

June, 11, 2015--

ライカ(Leica Microsystems)は、バイオプティゲン(Bioptigen, Inc)を買収することで合意に達したと発表した。これによりライカは、眼科市場でのライカの地位を強化することになる。  Biopti […]

全文を読む

ボン大学の研究者、喉頭筋肉を光で刺激

June, 10, 2015, Bonn--

ボン大学の研究チームは、マウスの喉頭筋肉を光を使って刺激する方法を見いだした。最終的にはこの方法は、発声や呼吸困難に陥る喉頭麻痺の治療オプションとなる。  筋肉は、収縮による神経刺激に反応する。通常、光はこのような収縮を […]

全文を読む

高解像度マイクロ内視鏡の利用で不要な生検を排除

June, 9, 2015, Houston--

ライス大学と中国医科学アカデミーなどの研究者で構成される研究チームは、ライス大学が開発した、ローコスト、ポータブルのバッテリ駆動マイクロ内視鏡を使うことで、食道ガンの標準的な内視鏡検査を行っている多くの患者が、最終的に高 […]

全文を読む

診断と治療で急速にナノテクに向かうヘルスケア業界

June, 5, 2015, Wellesley--

利用して安全で経済的な使い捨て医療器具の需要が伸びている。使い捨て医療センサは需要が飛躍的に増加した。BCCリサーチによると、メーカーは変化する市場の力学に応じようとして、使い捨て医療センサの開発に注力している。  世界 […]

全文を読む

シリコーンマイクロスフィア作製法を開発

June, 4, 2015, Champaign--

イリノイ大学の化学者が微小なシリコーンマイクロスフィアを作製する新しい方法を開発した。これは、家庭の加湿器と同じ技術。これにより、医療イメージングや薬剤の標的送達にハイテクの次の波が可能になる。  赤血球程度のマイクロス […]

全文を読む

NIMS、超分子カーボン材料のパターン化による細胞の分化制御に成功

June, 4, 2015, つくば--

物質・材料研究機構(NIMS)国際ナノアーキテクトニクス研究拠点 超分子ユニットの南 皓輔 研究員、有賀克彦 ユニット長と、生体機能材料ユニットの山崎智彦 MANA研究者らは、炭素材料の1つであるフラーレンの柱状結晶を用 […]

全文を読む

スマートフォンをバイオセンシングに利用

June, 3, 2015, Sydney--

オーストラリアの研究チームは、スマートフォンが経済的なポータブル生物学的分析機器に使用できることを示した。  ナノスケールバイオフォトニクスセンタ(CNBP)、オーストラリア研究カウンスル(ARC)研究拠点の研究チームは […]

全文を読む

昆虫の複眼のような機能の液晶ベース複合レンズを開発

May, 26, 2015, Pennsylvania--

ペンシルバニア大学の工学、物理学研究チームは、液晶を使って自然界にあるものと同じ複合レンズの作り方を実証した。  この液晶が落ち着こうとする配置を利用して研究チームは、制御可能なサイズで複合レンズを造ることができる。   […]

全文を読む

Anitoa Systems、超微光CMOSバイオ光センサ利用しコンパクトqPCR

May, 26, 2015, Palo Alto--

Anitoa Systemsは、中国の浙江大学と提携し、Anitoaの超微光CMOSバイオ光センサを用いたハンドヘルド定量的ポリメラーゼ連鎖反応システム(qPCR)のデモンストレーションに成功した。  同社のハンドヘルド […]

全文を読む

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。