All about Photonics

ニュース

マイクロ秒ラマンイメージングで病気の細胞や臓器をプローブ

April, 27, 2015, West Lafayette--

生体細胞クラウドの画像を撮ることができる振動分光イメージング技術は、ガンや他の病気を早期に発見するための先端医療診断ツールの代表である。 高速分光イメージングによって、生素早く変化する体細胞内の代謝過程を観察し、組織の広 […]

全文を読む

新開発の蛍光プローブでリソソームpHを検出

April, 24, 2015, Houghton--

ミシガン技術大学の研究グループが開発した新しい蛍光プローブの目的は、リソソームの検出にある。  リソソームは、動物細胞の廃棄物である。リソースは限られているので、有機物質は解体され、リサイクルされる。これがリソソームの働 […]

全文を読む

新しい分光法で分子プロセスを解明

April, 23, 2015, Chicago--

新開発の分光法が、あまり明確になっていない分子プロセスを明らかにするのに役立つ。このプロセスでは、抗HIV薬がウイルスの遺伝物質において致死突然変異を誘発する。シカゴ大学とMITの研究成果は、次世代の抗ウイルス治療の開発 […]

全文を読む

UCLA研究者、大型粒子を高速で細胞に送達

April, 21, 2015, Los Angels--

UCLAの研究チームが開発した新しいデバイスは、究極的には病気の発展の研究に役立つ可能性がある。研究者は改善された画像で細胞内を見ることができ、これが医療や生物学的研究における別の改善にもつながる可能性がある。  研究チ […]

全文を読む

光を取り込むナノワイヤで人工光合成

April, 21, 2015, Berkeley--

米国エネルギー省(DOE)ローレンスバークリー国立研究所(LBL)とカリフォルニア大学バークリー校の研究グループは、自然の光合成プロセスを模倣する、半導体ナノワイヤとバクテリアのハイブリッドシステムを開発した。  この新 […]

全文を読む

遺伝子操作していない通常のニューロンを光で刺激する

April, 20, 2015, Chicago--

シカゴ大学とイリノイ大学の研究グループは、ターゲット金ナノ粒子を使用することで、遺伝子操作をしていない通常のニューロンを光で活性化できる、と報告している。  この新しい技術は、現在の光遺伝学的方法に対する潜在的な優位性を […]

全文を読む

画像管理ソリューションへ移行する医療業界

April, 20, 2015, Wellesley--

BCCリサーチの医療画像市場レポートによると、事業体全体の画像と情報管理ソリューションへの漸進的な移行トレンドがある。例えば、ヘルスケアファシリティ内の異なる部門からのデジタル化された画像がITシステムで統合され、単一の […]

全文を読む

理化学研究所、シャッター速度世界一の超解像蛍光顕微鏡を開発

April, 17, 2015, 和光--

理化学研究所(理研)生命システム研究センター細胞極性統御研究チームの岡田康志チームリーダーは、オリンパス株式会社と共同で、世界最高のシャッター速度で、生きた細胞内の微細構造の観察ができる超解像蛍光顕微鏡を開発した。  超 […]

全文を読む

スコットランド研究チーム、提携してフォトニクス技術を医療に応用

April, 13, 2015, St. Andrews--

セントアンドルーズ大学とM Squared Lasersは提携し、ガンなど生命を脅かす状態の発見と治療に役立つ新技術を開発する。  新たな技術移転契約IPR Technology Transfer Agreementは、 […]

全文を読む

ライス大学、バイタルサイン計測にカメラベース非接触技術を開発

April, 10, 2015, Washington--

ライス大学の研究チームは、バイタルサインを非侵襲的に追跡する方法を開発している。Biomedical Optics Expressに発表された論文によると、現在改良を進めている新技術は血液量のモニタにビデオカメラを使用す […]

全文を読む

生物学からヒントを得た目がロボットの飛行を安定化する

April, 9, 2015, Marseille--

マルセイユ大学(CNRS/Aix-Marseille Université)の運動科学研究所(Institut des Sciences du Mouvement)、バイオロボティクスの研究チームは、加速度計なしで視覚的 […]

全文を読む

がん細胞を光らせて検出する新たなスプレー蛍光試薬を開発

March, 17, 2015, 東京--

東京大学大学院医学系研究科・薬学系研究科の浦野泰照教授の研究グループは、外科手術時や内視鏡・腹腔鏡手術時に、がんが疑われる部分にスプレーするだけで、数分でがん部位のみを光らせて検出することを可能にする新たな蛍光試薬を開発 […]

全文を読む

Cynosure、PicoSure用新532nmレーザデリバリシステムFDA認可

March, 13, 2015, Westford--

Cynosureは、同社のPicoSure用532nm レーザデリバリシステムのFDA 510(k)認可を発表した。これにより、全ての色のタトゥー除去処置回数を減らす、強力なデュアル波長のレーザシステムが実現される。   […]

全文を読む

新しいレーザ技術でガン治療を高速、高精度化

March, 12, 2015, Boca Raton--

現在、外科医はガンを除去するとき、200年来の技術「見て触る」で、どの程度除去し、何を残すべきかを決めている。フロリダアトランティック大学で開発されたレーザ技術は、ある箇所がガンであるか、健全な組織であるかの判断の改善に […]

全文を読む

デューク大学、光で遺伝子を制御

March, 11, 2015, Durham--

デューク大学(Duke University)の研究チームは、研究室のディシュ内の特定のどんな場所でも、どんなパタンでもスイッチ1つで遺伝子を活性化する方法を考案した。  光を使って特定の場所で遺伝子を活性化できることで […]

全文を読む

UKセントラルレーザファシリティの新しいレーザシステムLIFEtime

March, 3, 2015, Swindon--

セントラルレーザファシリティ(CLF)の新しい100万ポンドレーザ応用測定器、LIFEtimeによって、DNA、タンパク質、酵素およびその他の分子の最深部の働きが明らかになる。これらの分子は、人、動物、植物内の主要な自然 […]

全文を読む

ロービジョンケアを目指した網膜走査型レーザアイウェアプロトタイプ開発

March, 3, 2015, 川崎--

QDレーザと東京大学ナノ量子情報エレクトロニクス研究機構は共同で、ロービジョン(low vision:視覚障害者)ケアに向けて、網膜走査型レーザアイウェアプロトタイプを開発した。今後、国内大学病院教育機関と連携して性能検 […]

全文を読む

オプトエレクトロニクス/薬剤送達に有望、DNAナノチューブ

February, 27, 2015, Montreal--

マギル大学(McGill University)の研究チームは、1ブロックずつDNAナノチューブを構築する新しいローコスト構成法を開発した。  これは1つのブレイクスルーであり、DNA鎖でできたスカフォールドを光デバイス […]

全文を読む

レーザアブレーションと同位体分析で海の酸性化を評価

February, 26, 2015, Kiel--

海洋研究キールセンタGEOMAR (GEOMAR Helmholtz Centre for Ocean Research Kiel)の研究者は、UK、カナダ、USの研究者と協働して先端技術を使い、19世紀末以来の、北太平 […]

全文を読む

NICT、ヒトの協力行動における前頭前野の機能を解明

February, 26, 2015, 東京--

NICT脳情報通信融合研究センター(CiNet)の春野雅彦主任研究員らは、従来、ヒトの協力行動において、自分の取り分を増やそうとする脳の活動を抑制するとされてきた前頭前野が、相手の期待を裏切る程度である“罪悪感”を表現す […]

全文を読む

分子構造の詳細解明にダイヤモンド欠陥を用いる新技術

February, 25, 2015, Cambridge--

MITなどの研究チームが開発を進めている新技術は、タンパク質の構造がどんなに複雑でも結晶化なしで、個々のタンパク質の詳細画像作り出せる見込みがある。  この技術は、制御された方法により実験室で誘発されるダイヤモンドの結晶 […]

全文を読む

マイケルソンダイアグノスティクス、250万ポンドの資金調達

February, 24, 2015, Kent--

英国の医療機器メーカー、マイケルソン・ダイアグノスティクス(Michelson Diagnostics)は、同社初の海外発行株式により250万ポンドの資金調達を行った。同社の資金調達に応じたのは、Smith & […]

全文を読む

脳全体のイメージングに新しい蛍光ラベル

February, 23, 2015, Ashburn--

ハワードヒューズ医療研究所(HHMI)、Janelia Research Campusで開発された新しいツールによって研究者は、特定の時点で活性化するニューロンを永続的にマークすることができる。  このツール、CaMPA […]

全文を読む

金ナノチューブを使いガン細胞を破壊する個別化医療

February, 20, 2015, Leeds--

リーズ大学の生体医療と臨床科学リーズ研究所(Leeds Institute for Biomedical and Clinical Sciences)の研究チームによると、金(ゴールド)ナノチューブにはガン治療で多くのア […]

全文を読む

UC3M、リアルタイム3D診断技術を開発

February, 16, 2015, Madrid--

マドリッドカルロス三世大学(UC3M)、中国科学アカデミ他の研究チームは、リアルタイム3D診断技術を開発している。これによって、ミバエの発育から、生検が正しく行われているかどうかまで、あらゆるタイプのプロセスが直ちに分か […]

全文を読む

蛍光プローブで骨関節炎を追跡

February, 13, 2015, Boston--

タフツ医科大学(TUSM)と同大学生体医療科学サクラ校(Sackler School)の研究チームは、近赤外蛍光が骨関節炎経時変化の検出に使えることを初めて立証した。この新しいアプローチは骨関節炎薬剤の効果の分析に役立て […]

全文を読む

小動物イメージング世界市場、2020年に21億ドル

February, 13, 2015, Portland--

アライドマーケットリサーチ(Allied Market Research)の調査レポート「世界の小動物イメージング市場のトレンドと予測、2013-2020」によると、市場は2014-2020年の期間にCAGR 9.1%で […]

全文を読む

前臨床イメージング市場、2019年に7億9700万ドル

February, 3, 2015, Dallas--

マーケッツアンドマーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「前臨床イメージング市場-2019年までの予測」によると、市場は2014-2019年の期間にCAGR 6.0%で成長して、2019年には、7億97 […]

全文を読む

生体試料の高分解能・高信頼度イメージング法を開発

February, 3, 2015, 東京--

理化学研究所(理研)放射光科学総合研究センター米倉生体機構研究室の高山裕貴基礎科学特別研究員、米倉功治准主任研究員らと、慶應義塾大学の中迫雅由教授、苙口友隆助教の共同研究グループは、コヒーレントX線回折イメージング(CX […]

全文を読む

顕微鏡画像を改善する新しいレーザ技術

January, 28, 2015, Lexington--

イェール大学で開発された新しい半導体レーザは、次世代のハイテク顕微鏡、レーザプロジェクタ、フォトリソグラフィ、ホログラフィや生体医療イメージングのイメージング品質を大幅に改善する可能性がある。  カオス共振器レーザ(Ch […]

全文を読む

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。