All about Photonics

Science/Research

アドオンクリップでスマートフォンが顕微鏡になる

February, 26, 2018, Canberra--

オーストラリアARC Centre of Excellence for Nanoscale BioPhotonics (CNBP)の研究チームが、どんなスマートフォンでも完全機能顕微鏡に変える3Dプリント可能「クリップオ […]

全文を読む

近赤外光で化学療法効果のある乳ガン患者を特定

February, 23, 2018, New York--

コロンビア大学が開発した新しい光イメージングシステムは、赤色と近赤外光を使って、化学療法に反応がある乳ガン患者を特定する。このイメージングシステムは、、治療が始まって2週間程度で化学療法に対する影響を予測することができる […]

全文を読む

Far-UV光にインフルエンザ阻止の可能性

February, 22, 2018, New York--

コロンビア大学アービング医療センター(CUIMC)の新しい研究によると、連続的な少量遠紫外(far-UVC)光は、人の組織を損傷することなしに空中浮遊のインフルエンザウイルスを殺すことができる。病院、診療所、学校、空港、 […]

全文を読む

クイーンメリー大、生体模倣インクによる3Dプリント細胞構造を研究

February, 21, 2018, London--

クイーンメリー大学ロンドン(Queen Mary University of London)の研究チームは、通常自然組織で見つかる細胞と分子を使うプリンティング技術を開発した。目的は、生体構造と似た構造物を作製することで […]

全文を読む

Optalysysの光プロセッサをDNA配列アライメントに適用

February, 15, 2018, Glasshoughton--

UKの科学と産業の提携は、HPC消費電力を大幅に低減する遺伝子配列アライメントを行う光処理技術の紹介に成功している。  Optalysysと世界最先端のゲノム研究所Earlham Institute, ELは、Genet […]

全文を読む

陽子線が体内で起こす核反応を光で可視化

February, 15, 2018, 東京--

早稲田大学理工学術院 片岡淳教授らの研究チームは、東京女子医科大学、京都府立医科大学、量子科学技術研究開発機構、名古屋陽子線治療センター、名古屋大学と共同で、陽子線の照射によって体内の原子核で起こるミクロな物理現象を可視 […]

全文を読む

体内で溶けるFBG光ファイバを開発

February, 14, 2018, Washington--

体内で完全に溶けるように設計された光ファイバにFBGが初めて作製された。生体吸収FBGは、体内で骨折の治癒のモニタリング、脳などの影響を受けやすい器官の安全な検査に使用することができる。  吸収性縫合糸と同様に分解するよ […]

全文を読む

損傷心臓組織の治療開発に生体力学マッピング法を利用

February, 14, 2018, Washington--

心臓組織の詳細な生体力学的特性を把握する新しい方法が開発された。心臓発作後の心臓損傷を治すために最終的に利用される治療法を開発し、テストするために必要な技術的ギャップを高解像度光技術がうめる。  ヒューストン大学(Uni […]

全文を読む

明るい光を使う治療がガン治療患者の睡眠を改善

February, 7, 2018, NY--

マウントサイナイ医科大学の研究によると、ランダムコントロール試験の結果は、規則的な明るい光の露光が、ガン治療を受けて疲れ切った人々の睡眠を改善することを示唆している。  その予備的研究結果は、平均睡眠効率、人が眠っている […]

全文を読む

グリーンハウス技術が食物の未来になる

February, 7, 2018, Boulder--

コロラド大学ボルダー校(CU Boulder)の研究チームは、米国農業省(USDA)から245万ドルの助成金を獲得し、太陽光を光合成効率の高い光に分離し、非効率な赤外光を水の浄化に再利用する、スケーラブルで、コスト効果の […]

全文を読む

世界最高速の共焦点蛍光顕微鏡を開発

February, 2, 2018, 東京--

東京大学 大学院理学系研究科 化学専攻の三上秀治助教、合田圭介教授らは、情報通信技術を応用することで生体の観察に不可欠な共焦点蛍光顕微鏡の撮像速度を桁違いに高速化する技術を開発し、毎秒16000フレームの速度で生体試料を […]

全文を読む

光誘導ナノ粒子、転移性ガン治療に有望

February, 1, 2018, St. Louis--

セントルイスのワシントン大学医科(Washington University School of Medicine)の研究チームによると、新しい抗ガン戦略は、精密兵器として光を使う。従来の光線療法、皮膚や内視鏡でアクセス […]

全文を読む

3Dプリンティングで、脳や肺を複製するスーパーソフト構造を作製

January, 30, 2018, London--

インペリアルカレッジロンドン(Imperial College London)の研究チームは、低温学と3Dプリンティング技術を使って3D構造を造る新しい方法を開発した。  これは、以前の研究に立脚するものだが、脳や肺など […]

全文を読む

極細光ファイバで微細構造を3Dプリント

January, 24, 2018, Washington--

人の髪の毛ほどに細い光ファイバを使ってレーザベース3Dプリンティングで微細構造が造れることが初めて示された。いずれ、この画期的なアプローチを内視鏡で使って生体適合構造を体内の組織に直接作り込むことができるようになる。これ […]

全文を読む

米国国立がん研究所とがん光免疫療法計測技術共同研究契約を締結

January, 16, 2018, 京都--

島津製作所は、米国国立衛生研究所に所属する米国国立がん研究所(National Cancer Institute, NCI)と5年間のCRADA(共同研究開発契約)を締結し、実用化が期待されている新たながん治療法「がん光 […]

全文を読む

Aura Biosciences、3000万ドルシリーズC資金調達完了

January, 11, 2018, Cambridge--

オーラ・バイオサイエンシズ(Aura Biosciences)は、シリーズC資金調達完了を発表した。同社は、バイオテクノロジー会社で、ウイルスナノ粒子接合を利用してガン細胞を標的にし、選択的に破壊する新しい治療を開発して […]

全文を読む

SFU、失明前に眼病を診断する網膜スキャナを開発

January, 11, 2018, Regensburg--

サイモンフレーザ大学工学教授、Marinko Sarunicは、高解像度網膜イメージングスキャナを開発した。これは、いずれアイケアを変革し、眼科医が失明が起きる前に眼病を診断するのに役立つ。  網膜は、眼の奥にある感光性 […]

全文を読む

レーザシューでパーキンソン患者の動作停止を阻止

January, 9, 2018, Enshede--

すくみ足歩行、歩きたいという意志はあるが、足が前に進まないことは、パーキンソン病の衰弱兆候である。歩行のリズムに、床に線を投影するレーザシューズは、人の歩行始動に役立つ。トゥエンテ大学(University of Twe […]

全文を読む

新しいレンズレスカメラで走査なし3D詳細画像生成

January, 5, 2018, Washington--

カリフォルニア大学バークリー校の研究チームは、レンズなしで、シングル2D画像から3D画像を創る、製造容易なカメラを開発した。同技術の最初のアプリケーションで研究チームは、その新しいカメラ、DiffuserCamを使って生 […]

全文を読む

マイクロ分光計がスマートフォンの新機能を開く

January, 5, 2018, Eindhoven--

空気がどの程度きれいか、食物が新鮮か、あるいはシコリが悪性かどうかをスマートフォンを使って調べる。新しい分光計により、こういうことのすべてが近いうちに実現する。分光計は、携帯電話に簡単に組み込めるほどに小さく、安価。TU […]

全文を読む

人体に似た複雑な化学環境を分子プリンティング技術で再生

December, 27, 2017, London--

クイーンメリー大学の研究チームは、複雑な生物環境に機会を開く新しいパターニング技術を開発した。  3DEALは、ヒドロゲルなどの柔らかな材料に複雑な分子パターンを生成できる簡素で安価な製造技術。分解能はマイクロスケール、 […]

全文を読む

実物そっくりの人工器官モデルを3Dプリント

December, 27, 2017, Minnesota--

ミネソタ大学がリードする研究チームは、実物そっくりの人工器官モデルを3Dプリントした。これは正確に解剖学的構造、機械的特性を真似たもので、見ても触っても実際の器官のようである。この特定患者向け器官モデルには、ソフトセンサ […]

全文を読む

光遺伝学研究を促進する画期的な顕微鏡

December, 22, 2017, Washington--

新開発の顕微鏡によって、研究者は非常に強力なツールが使えるようになり、癲癇やアルツハイマー病がニューロン伝達にどのように影響するかを研究することができる。  新しい顕微鏡は、光遺伝学技術を使って機能するように最適化されて […]

全文を読む

3Dプリントマイクロファイバで生体組織成長のための構造骨組作製法

December, 20, 2017, University Park--

ペンシルバニア州立大学(Pennsylvania State University)の研究者は、市販の3Dプリンターを使って生体組織を成長させるための構造骨組を造る方法を考案した。  生体医療工学准教授、Justin L […]

全文を読む

インクジェット3Dプリンターで多種細胞を多色造形

December, 19, 2017, 大阪--

大阪大学大学院基礎工学研究科の境慎司教授、田谷正仁教授、富山大学理工学研究部の中村真人教授らの研究グループは、世界で初めて、インクジェット式のバイオ3Dプリンターで、さまざまな細胞を含む、厚みのある3次元構造物を造形可能 […]

全文を読む

生細胞をかつてないほど詳細に見ることができるハイパーレンズ結晶

December, 19, 2017, Nashville--

ヴァンダービルト大学(Vanderbilt University)機械工学准教授、Joshua Caldwellをリーダーとする研究チームは、生きた細胞表面の微小ウイルスサイズの特徴を自然環境で見ることができる強力な光学 […]

全文を読む

3Dプリント・ミニファクトリ

December, 11, 2017, Zurich--

ETH研究チームは、生きたバクテリアを使って3Dプリンティング用に生体適合インクを開発した。これにより、有害な物質を分解でき、生体医用アプリケーション向けに高純度セルロースを製造できる生物材料の作製が可能になる。  いず […]

全文を読む

超音波イメージング針で心臓外科手術が変わる

December, 7, 2017, London--

ユニバーシティカレッジロンドン(UCL)とクイーンメアリ・ロンドン大学(QMUL)の研究チームが開発した新しい光超音波ニードルを使い、キーホール手術中に心臓組織がリアルタイムでイメージングできるようになった。  その画期 […]

全文を読む

“イメージセンサ先端搭載 次世代血管内視鏡カテーテル”を開発

December, 6, 2017, 大阪--

大阪大学とパナソニックは、2013年より産学医工連携による血管内観察用医療機器の開発に着手し、直径1.8㎜でありながら約48万画素相当の高画質で血管内における前方視を可能にする、世界初の“イメージセンサ先端搭載型血管内視 […]

全文を読む

超解像度光音響イメージングで血管を見る

December, 5, 2017, Washington--

解能を著しく改善する光音響イメージングアプローチが報告されている。これは組織深部の詳細な体内イメージングに発展する。この技術はコンピュータによる改善に基づいており、したがって既存のハードウエアで実行可能である。研究や診断 […]

全文を読む

2 / 1812345...10...最後 »

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。