All about Photonics

Science/Research

新生児の脳イメージングシステム開発にNIHが助成金

October, 24, 2017, Arlington--

テキサス大学アーリントン(University of Texas at Arlington)生体工学教授とそのチームは、ポータブル脳イメージングシステムと新生児向けの先進的信号処理技術を統合する。これにより、赤ん坊の神経 […]

全文を読む

シャコからヒントを得たカメラにより隠れた世界が明らかに

October, 20, 2017, Champaign--

イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校(The University of Illinois at Urbana–Champaign)の研究チームは、シャコの目を模倣することで、色と偏光の両方をセンシングできる超高感度カメ […]

全文を読む

超音波と光を使う新しいイメージングカテーテルでプラーク診断

October, 19, 2017, Davis--

UC DavisのLaura Marcu生体化学工学研究室は、血管内超音波法(IVUS)と蛍光寿命イメージング(FLIm)を単一のカテーテルプローブに初めて統合し、生きた心臓の微細動脈を撮像できるようにした。新しいカテー […]

全文を読む

ISCO、3Dバイオプリント肝臓組織でブレイクスルー

October, 13, 2017, Carlsbad--

カリフォルニアの臨床病期バイオテクノロジー会社、インターナショナルステムセルコーポレーション(ISCO)は、肝臓組織の3Dバイオプリンティングで大きく前進したと発表した。同社は、新しい幹細胞ベースの治療および生体医療製品 […]

全文を読む

3Dプリント薬剤が薬学を蘇らせる

October, 11, 2017, Ann Arbor--

多様な表面に混じりけのない、正確な用量の薬品をプリントできる技術は、いずれ、薬局、病院や他の場所で、特別服用薬剤を現場プリンティングを可能にする。  ミシガン大学(University of Michigan)で開発され […]

全文を読む

過冷却シングルフォトンディテクタ、ガン治療応用の可能性

October, 6, 2017, Glasgow--

宇宙天文学のために開発された新しいコンパクトな冷却技術により、先進的超伝導ディテクタがガン治療、無人自動車、実用的量子通信への利用に道を開く可能性がある。  Superconductor and Technology誌に […]

全文を読む

VTT、創部ケアと装飾用に3Dプリンティング材料を開発

September, 22, 2017, Espoo--

セルロースナノファイブリルは、バイオベース3Dプリンティングペーストの特性を改善できる特性を持つ。  フィンランドのVTT Technical Research Centreは、病院での看護で傷の状況をモニタリングするた […]

全文を読む

精子の動きを3Dではっきりと見るデバイスを開発

September, 20, 2017, Los Angels--

研究者は、光学顕微鏡が発明されて以来、精子細胞を観察することができるようになっている。しかし、独特の遊泳運動を3Dで捉えることは、驚くほど難しい。健全な精子、また欠陥のある精子の重要な物理的属性の説明に役立つので、その情 […]

全文を読む

医学と工学を統合して損傷心臓を修復

September, 19, 2017, Toronto--

フィクションを事実にする、カナダライトソース(CLS)シンクロトロン独自の生物医学イメージングと治療(BMIT)ビームラインとサスカチュワン大学(University of Saskatchewan)の学際的研究を組合せ […]

全文を読む

3Dプリントスマートフォンツールで脳震盪診断

September, 13, 2017, Washington--

ワシントン大学(UW)の研究チームは、フィールドで脳震盪や他の外傷性脳損傷を客観的に検出できる初のスマートフォンアプリを開発している。スポーツゲームのサイドライン、戦場、転倒しがちな高齢者の家庭などで利用される。  Pu […]

全文を読む

ブラウン大学、必要に応じて分解できる3Dプリント生体材料を開発

September, 12, 2017, Providence--

生体適合化学トリガーによって分解可能な仮設構造物は、刺激に動的に反応する生体材料となり、微小流体素子作製、人工組織のパターニングに有用である。  ブラウン大学の研究チームは、オンデマンドで分解できる3Dプリント生体材料を […]

全文を読む

3Dプリント”Earable”センサでバイタルサインをモニタ

September, 11, 2017, Berkeley--

フィットネス-トラッキングリストバンドやブレスレットは、ステップカウント、心拍数、生体信号のモニタに主に使用されている。今度は、研究チームは、耳に着け、健康および医療ニーズ目的で深部体温を連続的に追跡する3Dプリントセン […]

全文を読む

3Dプリントされたスマートフォンデバイスで膵がん徴候を検出

August, 31, 2017, Washington--

ワシントン大学(University of Washington)の研究チームは、スマートフォンの自撮りで簡単に膵がんや他の病気を調べることができるアプリを開発している。  BiliScreenは、スマートフォンカメラ、 […]

全文を読む

ガン検出を改善する新しQDシステム

August, 28, 2017, Sunnyvale--

Sanford Burnham Prebys Medical Discovery Institute (SBP)の研究チームは、腫瘍可視化を飛躍的に向上させる概念実証ナノシステムを開発した。同システムは、既存の腫瘍特化光 […]

全文を読む

心臓発作と脳卒中の危険検出にレーザを使用

August, 28, 2017, Coventry--

ウォーリック大学(University of Warwick)、モナシュ大学(Monash University)などの研究によると、近赤外(NIR)光を使って高リスクの動脈プラークを特定する診断ツールの恩恵を受けること […]

全文を読む

UBC研究者、3Dプリント移植骨の人工骨デザインを開発

August, 25, 2017, Kelowna--

ブリティシュコロンビア大学(UBC)オカナガンの研究チームは、新しい人工骨デザインを開発した。これはカスタマイズして3Dプリンターでプリントでき、より強力で、安全、効果的な骨置換になる。  UBCオカナガン工学部研究助手 […]

全文を読む

眼の細胞構造の3Dイメージングを改善する新しいOCT技術

August, 22, 2017, Vienna--

光コヒレンストモグラフィ(OCT)は、高解像度ライブイメージング技術である。OCTは、加齢黄斑変性症、糖尿病関連の状態、緑内障や血管閉塞などの網膜関連の病気の早期発見に使用できる。とは言え、網膜の細胞分解能、さらに良い結 […]

全文を読む

3Dプリントした4億年前の魚の化石で人間への進化的関連が明らかに

August, 18, 2017, Canberra--

4億年前の魚の化石を研究したオーストラリア国立大学(ANU)のチームは、進化系統の一部をなす顎の構造が人と関連があることを発見した。  化石は、キャンベラの北西50km、Lake Burrinjuck付近の古代石灰石から […]

全文を読む

オックスフォード大学、生体組織を3Dプリントする新方法を開発

August, 18, 2017, Oxford--

オックスフォード大学の研究チームは、実験室生成の細胞を3Dプリントして生体組織を造る新しい方法を開発した。  研究チームによると、そのアプローチは再生医療を変革する可能性がある。身体の病気、損傷を受けた部分をサポート、修 […]

全文を読む

ブリガムヤング大学、マイクロ流体lab on a chipを3Dプリント

August, 17, 2017, Provo--

ブリガムヤング大学(BYU)の研究チームは、100µm以下のサイズで効果的に使えるマイクロ流体デバイスを3Dプリントした最初のチームである。マイクロ流体デバイスは微小なチップで、血液のようなサンプルの病気バイオマーカー、 […]

全文を読む

3Dプリンティングを使って心伝導系を可視化

August, 15, 2017, Liverpool--

リバプールジョンムーア大学(LJMU)、マンチェスター大学、オーフス大学、ニューキャスル大学の研究チームは、心伝導系、心臓を鼓動させる特別な細胞を前例なく詳細に示す3Dデータを生成する方法を開発した。研究成果は、Scie […]

全文を読む

大阪大学、「切らない組織診断」でリアルタイムにガンを診断

August, 10, 2017, 大阪--

大阪大学大学院医学系研究科の松井崇浩特任助教、石井優教授(免疫細胞生物学)、森正樹教授(消化器外科学)らの研究グループは、固定、染色などの工程を行わずに、生きた組織のまま大腸の深部まで迅速に観察でき、大腸がんをリアルタイ […]

全文を読む

トゥエンテ大学、ガンと闘う世界最小3Dプリントロボット

August, 8, 2017, Enschede--

開発されたロボット、Stormram 4は、3Dプリントされたプラスチックでできており、空気圧で駆動する。プラスチックの利点は、ロボットがMRIスキャナで使えることである。MRIで乳がんをスキャンしている間に生検を行うこ […]

全文を読む

理研、X線自由電子レーザの創薬利用が前進

August, 2, 2017, 和光--

理化学研究所(理研)放射光科学総合研究センターの内藤久志先任研究員と国島直樹グループダイレクターらと高輝度光科学研究センター(JASRI)の共同研究グループは、X線自由電子レーザ(XFEL)施設「SACLA[2]」を用い […]

全文を読む

QUT、乳がんの救命治療に役立つ3Dプリンティング

August, 1, 2017, Brisbane--

クイーンズランド工学大学(QUT)名誉教授、Dietmar W Hutmacherは、再生と化学療法を統合する個別化医療研究を主導している。  Advance Queensland助成金を受けて同教授は、学際的チームを指 […]

全文を読む

オーストラリアの研究者、多能性幹細胞を3Dプリント

July, 28, 2017, Wollongong--

ARC Centre of Excellence for Electromaterials Science(ACES)に本部があるウーロンゴン大学University of Wollongongの研究チームは、カスタム開 […]

全文を読む

UBC、3Dプリント水質センサをテスト

July, 21, 2017, Okanagan--

ブリティッシュコロンビア大学(UBC)オカナガンキャンパスの研究チームは、3Dプリンターを使って作製する小型デバイスを設計した。これはリアルタイムで飲料水の品質をモニタし、水媒介の病気予防に役立つ。  工学部ダイレクター […]

全文を読む

ライス大学、3Dバイオプリンティングへ向けて前進

July, 19, 2017, Houston--

ライス大学(Rice University)とベイラー医科大学(Baylor College of Medicine)の生体工学研究チームは、3Dプリンティング移植可能な組織と器官を目指す研究で、機能する毛細血管をもつイ […]

全文を読む

バース大学、アフリカ農村地域向けに3Dプリント水処理システムを設計

July, 19, 2017, Bath--

バース大学の学際的研究プロジェクトで、効率的、ポータブル、ローコストの汚染飲料水用継続的処理システムを開発途上国の貧困農村地域向けに開発しようとしている。  研究チームは、集中上水道が利用できない貧困農村地域向けに安全で […]

全文を読む

ETH、鼓動するシリコーン心臓を3Dプリンティングで作製

July, 18, 2017, Zurich--

機能材料研究所のチューリッヒ工科大学(ETH)研究チームは、人の心臓とほぼ同じように鼓動するシリコーン心臓を開発した。チューリッヒ製品開発グループの研究チームと協力して、その心臓の動作をテストした。  シリコーン人工心臓 […]

全文を読む

2 / 1612345...10...最後 »

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。