All about Photonics

Science/Research

食品媒介の病気を容易に検出できるポータブルデバイス

February, 25, 2020, West Lafyette--

米国では、食中毒は毎年6人に1人の割合で起こる。疾病対策予防センタ(Centers for Disease Control and Prevention)の推定では、4800万人のアメリカ人が、31の既知の病原菌1つ以上 […]

全文を読む

新旧の顕微鏡を統合して細胞内部でもベストの3D画像を生成

February, 21, 2020, Berkeley--

Howard Hughes Medical Institute (HHMI) とUC Berkeleyの研究チームは、電子顕微鏡と最新の超分解能顕微鏡を統合することで、複雑な細胞内部を、すべて3Dで非常に詳細に見ることが […]

全文を読む

顔、口、頭蓋組織再建のバイオプリンティングに280万ドルの助成金

February, 19, 2020, University Park--

顔、口および頭蓋の欠陥をシームレスに補正することは至難の業である。骨、筋肉、脂肪や皮膚を含む様々な組織の精密スタッキングが必要になるからである。現在、ペンシルバニア州立大学の研究者は、頭蓋顎再建のための適切な組織を3Dバ […]

全文を読む

生きた組織を内包できる物体を3Dプリント

February, 14, 2020, Cambridge--

生きたバクテリアの挙動を制御する3Dプリンティングシステムは、いずれ、治療薬を組み込んだ医療デバイスを可能にする。 予測できる方法で生きた有機体を制御できる三次元(3D)物体をプリントする方法をMITなどの学際的研究チー […]

全文を読む

新しい数学モデルで脳腫瘍の放射線治療を改善

February, 13, 2020, Waterloo--

放射線治療を最適化し、治療中に死滅させられる腫瘍細胞の数を増やす新しいモデルが開発された。 その新しい数学モデルは、ウオータールー大学(University of Waterloo)の学生が主導する最近の研究で説明された […]

全文を読む

ハーバードWYSS研究所、3Dプリント臓器に近道

February, 13, 2020, Cambridge--

犠牲インク書き込み技術により、大きな、血管を持つ人臓器構成要素(OBBs)の3Dプリンティングが可能である。  米国では臓器移植待ちで毎日20人が死亡する。他方で年間30000以上の移植が行われているが、臓器ウエイティン […]

全文を読む

シェフィールド大、抗菌部品を3Dプリント

February, 10, 2020, Sheffield--

シェフィールド大学(University of Sheffield)の研究チームは、一般細菌に耐性がある3Dプリント部品を初めて製造した。これは、病院や介護施設などでMRSAなどの感染の広がりを止めることができ、被害を受 […]

全文を読む

3Dプリントセルでがん細胞を捉える

February, 10, 2020, Atlanta--

患者サンプルの数十億の血液細胞から一握りのがん細胞を見つけることは無駄骨となり得る。3Dプリントされた細胞トラップで可能になった新しいアプローチで、研究者は干し草を除去してがん細胞を露出させる。 がん細胞程度のサイズの白 […]

全文を読む

神経作用の光モニタリングに新しいナノプローブ

February, 7, 2020, Santa Cruz--

神経回路研究への新たなアプローチは、微小電極や、遺伝子組換えを必要とする蛍光ベースの光技術の両方にメリットがある。   UC サンタクルズ(Santa Cruz)の研究チームは、ニューロンや他の興奮細胞の生体活動をモニタ […]

全文を読む

薄型 CMOS センサによる脳内 pH のリアルタイム観察に成功

February, 7, 2020, 豊橋--

脳虚血やてんかんなどの脳病態では、異常なpH(水素イオン濃度)が観察されており、生体の脳内pHを超高解像度で計測することによって、新たな病気の仕組み解明や治療法に結びつく可能性がある。  自然科学研究機構 生理学研究所の […]

全文を読む

新たな近赤外光線免疫療法の応用、小細胞肺癌を光で破壊

February, 5, 2020, 名古屋--

名古屋大学などの研究グループは前臨床研究として、DLL3を分子標的とする小細胞肺癌に対する近赤外光線免疫療法の開発に成功した。  小細胞肺癌は悪性度の高い腫瘍で、治療の選択肢は限られている。小細胞肺癌に対する新たな治療標 […]

全文を読む

敗血症診断促進にポータブルデバイスが役立つ

February, 3, 2020, Lausanne--

スイス連邦工科大学(EPFL)の研究チームは、高感度ポータブル光バイオセンサを開発した。これは、敗血症のような致死的状態の診断を促進する。それは、救急車や病院がトリアージプロセス改善、救命に利用することができる。 敗血症 […]

全文を読む

ディープラーニング内視鏡診断支援ソフトウェアが医療機器の承認取得

January, 31, 2020, 東京--

昭和大学の工藤進英特任教授らのグループが開発を進めてきた人工知能(AI)内視鏡画像診断支援ソフトウェア(EndoBRAIN(R)-EYE)が、臨床性能試験を経て、「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関す […]

全文を読む

糖尿病関連失明の処置結果を人工知能(CNN)で予測

January, 30, 2020, Washington--

人工知能(CNN)を使って網膜画像を分析する新しいアプローチが、医者が糖尿病性黄斑浮腫の患者に最良の処置を選択するのに、いずれ役立つ日が来る。この糖尿病合併症は、生産年齢成人の間で失明の主要な原因である。   抗血管内皮 […]

全文を読む

スマートフォンカメラと妊娠テストの原理で尿管E. coli感染を検出

January, 24, 2020, Bath--

University of Bathの生物学エンジニアは、医者が、通常のスマートフォンカメラを使って、尿路感染症(UTIs)を迅速に診断する際に役立つテストを開発した。 妊娠検査に似たそのプロセスは、わずか25分で、尿サ […]

全文を読む

チップベース光センサ、尿に癌バイオマーカーを検出

January, 24, 2020, Wanshington--

トゥエンテ大学(University of Twente)の研究チームは、レーザを集積したチップベースセンサを使って、尿試料に非常に低レベルのガンタンパク質バイオマーカーを検出した。その新技術は、他の設計よりも高感度であ […]

全文を読む

われわれが受ける光照射を計測するウエアラブルセンサを開発

January, 22, 2020, Lausanne--

日光は、睡眠、注意力、ホルモン調整において重要な役割を担う。スイス連邦工科大学(EPFL)は、Geneva School of Art and Design (HEAD – Genève)と協力して、個人が触れる光の量、 […]

全文を読む

青色光、軽い外傷性脳損傷治癒に役立つ

January, 22, 2020, Tucson--

アリゾナ大学精神医学教授、William “Scott” Killgoreは、青色光を使って、脳震盪から回復しつつある成人の睡眠パタンのリセットを行った。これによって脳構造の回復、接続性や認識能力 […]

全文を読む

世界初、1枚のシート型イメージセンサで指紋・静脈・脈波を同時計測

January, 22, 2020, 東京--

東京大学大学院工学系研究科 横田知之准教授、染谷隆夫教授らは、株式会社ジャパンディスプレイと共同で高空間解像度と高速読み出しを両立するシート型イメージセンサの開発に成功した。  このシート型イメージセンサは、厚さが15µ […]

全文を読む

糖尿病診断、網膜症処置用スマートフォトニックコンタクトレンズ

January, 20, 2020, South Korea--

POSATECHの研究チームはスマートLEDコンタクトレンズを開発した。  糖尿病患者は、食事の前後に血液を採取して血糖値を計測する必要がある。また、糖尿病で合併症は容易に起こる。先頃、POSTECHの研究チームは、「ス […]

全文を読む

多重フォトニックセンサ、ミルクの汚染を検出

January, 17, 2020, Dresden--

EU助成プロジェクトMOLOKOで、フラウンホーファーの研究チームは、パートナーとともに、ミルク(牛乳)の安全性と品質パラメータを迅速、オンサイトで分析する新しいオプトプラズモンセンサを開発する。この早期警戒システムは、 […]

全文を読む

先端顕微鏡で大麻の生化学工場の内部構造を解明

January, 16, 2020, Vancouver--

ブリティッシュコロンビア大学の新しい研究によると、マッシュルーム形状のヘアを持つ大麻の花は、最大のカンナビノイドと芳香効果を詰め込んでいる。 大麻の葉は象徴的であるが、それは大麻の花の微小な霜のようなヘアで作られる化学物 […]

全文を読む

新材料が赤外光を可視光に変換

January, 10, 2020, Champaiign--

コロンビア大学の研究者はハーバード大学と協力して、赤外光を吸収し、それを可視エネルギーとして再放出する化学的プロセスの開発に成功した。これにより、高強度露光による損傷なしで、生きた組織や他の材料を透過する照射が可能になる […]

全文を読む

量子光が生物計測感度を改善する

January, 10, 2020, Washington--

イタリアの研究チームは、量子光を使って酵素反応をリアルタイムで追跡できることを示した。その研究は、量子物理学と生物学をまとめてバイオメディカルアプリケーションに向けの量子センサ開発に重要な一歩を進めるものである。 酵素と […]

全文を読む

微小なレーザロボットでタトゥーを正確に除去

January, 9, 2020, Durham--

デューク大学の研究チームは、レーザメスと3台のロボットを使い、タトゥーの除去をより高速、正確に、苦痛を少なく実行する。 デュークのブレインツール研究所(Brain Tool Laboratory)が開発している新しいロボ […]

全文を読む

マシンラーニング顕微鏡、診断改善に照明を適用

January, 8, 2020, Durham--

デューク大学のエンジニアは、照明角度、色およびパタンを状況に合わせる顕微鏡を開発した。この顕微鏡では、既定の診断作業を遂行するために必要な最適設定をそれ自体が学習する。 最初の概念実証研究では、その顕微鏡は、照明パタンと […]

全文を読む

光音響顕微鏡システム、SNRと時空解像度改善

December, 23, 2019, Pohang--

POSTECH (浦項工科大学校)の研究チームは、特注スキャニングミラーを持つ高速光音響顕微鏡システムをNatureに発表した。この新開発の顕微鏡は、特注スキャニングミラーをもつ安定した商用ガルバノメータスキャナを使い、 […]

全文を読む

原子、分子、生細胞を操作する画期的な光ピンセット

December, 19, 2019, Wien--

原子、分子、生細胞でさえ光ビームで操作できる。TU Wienで、そのような「光ピンセット」を変革するために、ある方法が開発された。 TU Wienによると、それらは、Star Trekの「トラクタビーム」を想起させるもの […]

全文を読む

ゴーストイメージング、超解像度顕微鏡を高速化

December, 19, 2019, Washington--

中国科学アカデミーの研究チームは、前例のないスピードで超高解像度を達成するために先進的イメージングアプローチを採用した。新しい方法により、生細胞で起こるプロセスの詳細を以前には不可能だったスピードで捉えることができるよう […]

全文を読む

ウルトラミニ微小内視鏡、高品質画像生成

December, 18, 2019, Boltimore--

Johns Hopkins大学のエンジニアは、新しいレンズフリー、ウルトラミニ内視鏡を開発した。幅は、人の髪の毛わずか数本であり、高品質画像を生成する。  研究成果は、Science Advancesに発表された。 「通 […]

全文を読む

2 / 2712345...1020...最後 »

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。