All about Photonics

Science/Research

強制的な突然変異がHIVの運命を決める

August, 6, 2014, Cambridge--

15年前、MIT教授、John Essigmann氏とワシントン大学から来た研究者がHIV薬の新しいアイデアを思いついた。もしウイルスが抑えきれずに突然変異するように誘導できると、ウイルスを弱め、最終的に死滅させることが […]

全文を読む

バッファロー大学、新しいイメージング法に向けナノジュースを開発

August, 5, 2014, Buffalo--

バッファロー大学の研究チームは、新しいイメージング技術を開発しようとしている。これは、患者が飲む「ナノジュース」を形成する液体の中に懸濁しているナノ粒子を含んでいる。小腸に達すると医師は無害なレーザ光でナノ粒子を照射し、 […]

全文を読む

超高速イメージング、多波長レーザベース連続時間符号化振幅顕微鏡

August, 1, 2014, Beijing--

超高速リアルタイム光イメージングは、衝撃波、レーザ手術、生きた細胞の科学力学など、力学現象を研究するための効果的で重要なツールである。CCDやCMOSイメージングデバイスなど、従来のイメージングシステムは、フレームレート […]

全文を読む

自然の光ファイバで網膜の色を分類

July, 24, 2014, Haifa--

テクニオン(Technion)の学際的研究グループが、視覚改善のための網膜のグリア細胞の光学的役割を初めて明らかにした。  今日まで、網膜は光を電気信号に変換し、視覚情報を最初に処理するものと考えられていた。しかしテクニ […]

全文を読む

タイプ1糖尿病を診断するナノテクマイクロチップを実現

July, 23, 2014, Stanford--

スタンフォード大学医学部の研究チームは、1型糖尿病用に安価な、ポータブル、マイクロチップベーステストを開発した。これにより診断が迅速になり、病状進展の研究が可能になる。  テストは、1型糖尿病を院外環境で検出するためにナ […]

全文を読む

ライス大学ナノフォトニクス、強力な分子センサを開発

July, 22, 2014, Houston--

ライス大学ナノフォトニクスの研究チームは、分子の光学指標を約1000億倍増幅する独自のセンサを作製した。新たに公表されたテストによると、デバイスは20原子程度を含む個別分子の組成と構造を正確に特定できる。  この新しいイ […]

全文を読む

ニューロビジョン・イメージング、目の検査でアルツハイマー早期発見

July, 18, 2014, Sacramento--

ニューロビジョン・イメージング(NeuroVision Imaging, LLC)は、同社のイメージングシステムが、簡単な目の検査でアルツハイマー病関連の変化を検出できると思われる重要な臨床試験暫定的結果を発表した。   […]

全文を読む

ウィーン医科大、癌細胞診断に新技術

July, 17, 2014, Vienna--

 病理学では、細胞と細胞核は通常、腫瘍のバイオマーカー発現を顕微鏡を用いて調べる。この分析は、例えばガン患者の治療法選択を判断するために使用される。診断の確度は病理学者個人に大きく依存する。  ウィーン医科大病理学臨床研 […]

全文を読む

TUMなど、X線位相コントラスト簡単設定法を開発

July, 16, 2014, Munich--

X線位相コントラストイメージングは、低い放射線量で対象の高精細画像を作り出す。しかしこれまで、このような画像は実現が難しく、一般に大型の粒子加速器にしか見られないような特性を持つ特殊X線光源を必要としていた。  研究チー […]

全文を読む

光でガン細胞を遠隔コントロール

July, 15, 2014, Vienna--

オーストリア科学技術研究所(IST)准教授Harald Janovjak氏とウイーン医科大学助教授、Michael Grusch氏は、ガン細胞を光で遠隔制御する研究についてEMBOジャーナルに発表した。この研究成果は、光 […]

全文を読む

光学顕微鏡で、1nmの人工分子マシン1個を「見て、触る」ことに成功

July, 14, 2014, Tokyo--

東京大学大学院工学系研究科応用化学専攻の野地博行教授らは、分子の機械的な運動を可視化する「ビーズプローブ光学顕微鏡1分子運動計測法(1分子モーションキャプチャ法)」を大きさ1nmの人工分子マシンに適用し、その回転運動を「 […]

全文を読む

NIST、ハイパースペクトラルイメージングの基準

July, 7, 2014, Gaithersburg--

現在、傷が癒えているかどうかを調べるには医師は生検あるいは何らかの他の侵襲的技術を使わなければならない。  こうした技術は、患者を傷つけるだけでなく、狭い範囲の情報しか提供できない。しかしハイパースペクトラルイメージング […]

全文を読む

「分子ムービー」技術、バイオイメージング、ヘルスリサーチに貢献

July, 4, 2014, Corvallis--

オレゴン州立大学(OSU)の研究チームは、これまでに存在するものよりも強力なイメージング技術を開発した。この技術は、生命過程を実際に起こっている通りに分子レベルで観察できるスピードがある。  旧いムービーでは、一度に1フ […]

全文を読む

MITの神経化学者、光照射で筋収縮を制御

June, 30, 2014, Cambridge--

MITの神経化学者は、光遺伝学を動物の脊髄に適用して筋肉の動きを制御できることを初めて実証した。この技術により、光でニューロンの電気パルスを制御できる。  MIT研究所Emilio Bizzi教授の研究チームは、神経活動 […]

全文を読む

フェムト秒レーザで脳内物質投与

June, 30, 2014, Okinawa--

物理学と神経生物学の英知を組み合わせることでパーキンソン病に取り組むことについて、沖縄科学技術大学大学院(OIST)のKeshav Dani准教授は「OIST以外ではとてもできない研究です」と、語っている。  沖縄科学技 […]

全文を読む

ポータブル脳マッピング機器で記憶障害を「見る」

June, 27, 2014, Arlington--

テキサス大アーリントン校の研究チームは、心的外傷後ストレス障害(PTSD)を持つ退役軍人学生が、単純な記憶作業から情報を取り出すように要求されたとき、ポータブル脳マッピング機器を使って前頭前野活動に限界があることを示すこ […]

全文を読む

UTアーリントン、結晶磁性炭素と近赤外レーザを使い薬事/遺伝子治療

June, 26, 2014, Arlinton--

テキサス大学アーリントン(UT Arlington)物理学の研究チームは、レーザ技術を使って、周辺組織に損傷を与えることなく細胞レベルで薬事療法や遺伝子治療を行う方法を開発した。この方法は、遺伝子疾患、ガン、神経疾患に罹 […]

全文を読む

ブラウン大学、唾液のグルコースレベルを検出するセンサを開発

June, 20, 2014, Providence--

ブラウン大学の研究チームは、唾液のような複雑な体液のグルコース濃度を選択的に測定できる新しいバイオチップセンサを開発した。  このアプローチは、染料化学とプラズモン干渉分光法を組み合わせている。血液ではなく唾液を使う、信 […]

全文を読む

分子レベルでアルコール依存症のニューロンへの影響を特定

June, 16, 2014, Nottingham--

バスク大学(University of the Basque Country)とノッティンガム大学(University of Nottingham)の共同研究により、アルコール依存症患者の寿命を延ばす新しい薬と治療法実 […]

全文を読む

OCTの新しい応用、精密ガイド硬膜外麻酔

June, 10, 2014, Washington--

メリーランド大学のバイオエンジニア、Yu Chen氏の研究チームは、OCT機器と18口径硬膜外針を統合する方法を開発した。  同氏によると、硬膜外投与は従来、解剖学的目印を利用して盲目的に行われている。しかし、同大学の研 […]

全文を読む

光を使って幹細胞に歯の治療をさせる

June, 10, 2014, Cambridge/Boston--

ハーバード主導の研究チームが、体内の幹細胞に組織再生をさせるためにローパワーの光が使えることを初めて実証した。  研究チームは、ローパワーレーザを使って人の歯の幹細胞に象牙質を作らせた。さらに、関連する分子メカニズムを説 […]

全文を読む

パタン視覚刺激を使って脳の回路を制御

June, 6, 2014, Quebec--

マギル大学(McGill University)の研究チームは、感覚刺激の相対的な時間により、脳が神経回路を再形成したり微調整したりすることを初めて明らかにした。  今日のほとんどの神経科学の教科書では、脳細胞のパタン化 […]

全文を読む

レーザと暗視技術で隠れたリンパ系イメージング改善

June, 6, 2014, Washington--

人のリンパ系は重要であるが、カラダ全体に広がる微小なリンパ管でできた循環系についてはあまり理解されていない。  この「排出」系が感染防止に役立ち、病気や外傷が正常なリンパ機能を阻害するときによく起こる腫れ物を防いでいる。 […]

全文を読む

UCSD、光で記憶を消去、蓄積、読み出しできる

June, 4, 2014, San Diego--

カリフォルニア大サンディエゴ医学部の研究チームは、ラットの記憶を消去し復活させ、過去のイベントに対する動物の反応を大きく変えた。  この研究は、脳の神経を刺激することで選択的に記憶を消去しそれを予想通りに復活させられるこ […]

全文を読む

ラマン分光で生きた細胞を迅速かつ正確に分析

May, 23, 2014, Stuttgart--

フランウンホーファー研究所界面工学、バイオテクノロジーIGBは、ラマン分光を使って生きた細胞を迅速かつ正確に分析できる。  この非侵襲光学的手法は、様々な物質の分子フィンガープリント(指紋)を認識できるので、まず薬剤や医 […]

全文を読む

光脳スキャナで他のスキャナでは不可能なスキャニングをする

May, 23, 2014, St. Louis--

ワシントン大学医学部の研究者は、頭に数10個の小さなLED光を照射することで脳が行っている処理を追跡するブレインスキャニング技術を前進させた。この新しい世代の神経イメージングは、他のアプローチと比べて遜色がないが、研究チ […]

全文を読む

MITとウィーン大学、ニューロンの活動を3Dムービーで表示

May, 22, 2014, Cambridge--

マサチューセッツ工科大学(MIT)とウィーン大学の研究グループは、生きた動物の脳でニューロンの活動を明らかにするイメージングシステムを開発した。この技術はミリ秒のタイムスケールで脳全体の3Dムービーを生成することができる […]

全文を読む

緑内障患者の血流を解析する新技術

May, 22, 2014, Vienna--

網膜の血流と緑内障の進展との関係が初めて正確に計測できるようになる。  これはすでに確立された計測法、OCTの開発をさらに進めることによって可能になった。OCTは網膜の視覚的評価を可能にし、重要な診断ツールになっている。 […]

全文を読む

体内深部で光ベースのガン治療が可能に

May, 19, 2014, Buffalo--

光線力学治療(PDT)は、口腔ガンや皮膚ガンなど簡単にアクセスできる腫瘍には効果的な治療であるが、光感作性薬剤をレーザを使って活性化するので、体内深部のガンには適していない。しかし、新技術によってこれが変わりつつある。新 […]

全文を読む

単一HIV粒子のタンパク質を探知する蛍光イメージング技術

May, 16, 2014, Leuven--

ルーヴァン・カトリッ ク大学(KU Leuven)の研究チームは、単一HIVウイルス粒子レベルでタンパク質がどように相互作用するかを調べる新しい技術を開発した。  ヒト免疫不全ウイルス(HIV)がどのように繁殖するかを理 […]

全文を読む

16 / 17« 先頭...10...1314151617

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。