All about Photonics

Science/Research

生物学からヒントを得た目がロボットの飛行を安定化する

April, 9, 2015, Marseille--

マルセイユ大学(CNRS/Aix-Marseille Université)の運動科学研究所(Institut des Sciences du Mouvement)、バイオロボティクスの研究チームは、加速度計なしで視覚的 […]

全文を読む

がん細胞を光らせて検出する新たなスプレー蛍光試薬を開発

March, 17, 2015, 東京--

東京大学大学院医学系研究科・薬学系研究科の浦野泰照教授の研究グループは、外科手術時や内視鏡・腹腔鏡手術時に、がんが疑われる部分にスプレーするだけで、数分でがん部位のみを光らせて検出することを可能にする新たな蛍光試薬を開発 […]

全文を読む

新しいレーザ技術でガン治療を高速、高精度化

March, 12, 2015, Boca Raton--

現在、外科医はガンを除去するとき、200年来の技術「見て触る」で、どの程度除去し、何を残すべきかを決めている。フロリダアトランティック大学で開発されたレーザ技術は、ある箇所がガンであるか、健全な組織であるかの判断の改善に […]

全文を読む

デューク大学、光で遺伝子を制御

March, 11, 2015, Durham--

デューク大学(Duke University)の研究チームは、研究室のディシュ内の特定のどんな場所でも、どんなパタンでもスイッチ1つで遺伝子を活性化する方法を考案した。  光を使って特定の場所で遺伝子を活性化できることで […]

全文を読む

UKセントラルレーザファシリティの新しいレーザシステムLIFEtime

March, 3, 2015, Swindon--

セントラルレーザファシリティ(CLF)の新しい100万ポンドレーザ応用測定器、LIFEtimeによって、DNA、タンパク質、酵素およびその他の分子の最深部の働きが明らかになる。これらの分子は、人、動物、植物内の主要な自然 […]

全文を読む

オプトエレクトロニクス/薬剤送達に有望、DNAナノチューブ

February, 27, 2015, Montreal--

マギル大学(McGill University)の研究チームは、1ブロックずつDNAナノチューブを構築する新しいローコスト構成法を開発した。  これは1つのブレイクスルーであり、DNA鎖でできたスカフォールドを光デバイス […]

全文を読む

レーザアブレーションと同位体分析で海の酸性化を評価

February, 26, 2015, Kiel--

海洋研究キールセンタGEOMAR (GEOMAR Helmholtz Centre for Ocean Research Kiel)の研究者は、UK、カナダ、USの研究者と協働して先端技術を使い、19世紀末以来の、北太平 […]

全文を読む

NICT、ヒトの協力行動における前頭前野の機能を解明

February, 26, 2015, 東京--

NICT脳情報通信融合研究センター(CiNet)の春野雅彦主任研究員らは、従来、ヒトの協力行動において、自分の取り分を増やそうとする脳の活動を抑制するとされてきた前頭前野が、相手の期待を裏切る程度である“罪悪感”を表現す […]

全文を読む

分子構造の詳細解明にダイヤモンド欠陥を用いる新技術

February, 25, 2015, Cambridge--

MITなどの研究チームが開発を進めている新技術は、タンパク質の構造がどんなに複雑でも結晶化なしで、個々のタンパク質の詳細画像作り出せる見込みがある。  この技術は、制御された方法により実験室で誘発されるダイヤモンドの結晶 […]

全文を読む

脳全体のイメージングに新しい蛍光ラベル

February, 23, 2015, Ashburn--

ハワードヒューズ医療研究所(HHMI)、Janelia Research Campusで開発された新しいツールによって研究者は、特定の時点で活性化するニューロンを永続的にマークすることができる。  このツール、CaMPA […]

全文を読む

金ナノチューブを使いガン細胞を破壊する個別化医療

February, 20, 2015, Leeds--

リーズ大学の生体医療と臨床科学リーズ研究所(Leeds Institute for Biomedical and Clinical Sciences)の研究チームによると、金(ゴールド)ナノチューブにはガン治療で多くのア […]

全文を読む

UC3M、リアルタイム3D診断技術を開発

February, 16, 2015, Madrid--

マドリッドカルロス三世大学(UC3M)、中国科学アカデミ他の研究チームは、リアルタイム3D診断技術を開発している。これによって、ミバエの発育から、生検が正しく行われているかどうかまで、あらゆるタイプのプロセスが直ちに分か […]

全文を読む

蛍光プローブで骨関節炎を追跡

February, 13, 2015, Boston--

タフツ医科大学(TUSM)と同大学生体医療科学サクラ校(Sackler School)の研究チームは、近赤外蛍光が骨関節炎経時変化の検出に使えることを初めて立証した。この新しいアプローチは骨関節炎薬剤の効果の分析に役立て […]

全文を読む

生体試料の高分解能・高信頼度イメージング法を開発

February, 3, 2015, 東京--

理化学研究所(理研)放射光科学総合研究センター米倉生体機構研究室の高山裕貴基礎科学特別研究員、米倉功治准主任研究員らと、慶應義塾大学の中迫雅由教授、苙口友隆助教の共同研究グループは、コヒーレントX線回折イメージング(CX […]

全文を読む

顕微鏡画像を改善する新しいレーザ技術

January, 28, 2015, Lexington--

イェール大学で開発された新しい半導体レーザは、次世代のハイテク顕微鏡、レーザプロジェクタ、フォトリソグラフィ、ホログラフィや生体医療イメージングのイメージング品質を大幅に改善する可能性がある。  カオス共振器レーザ(Ch […]

全文を読む

採血せずに光で血糖を計測する技術を開発

January, 27, 2015, Dubendorf--

スイス連邦材料科学・技術研究所(Empa)とチューリッヒ大学病院は共同で、皮膚に接触させて血糖値を計測するセンサを開発した。  この技術は、血液サンプルは不要であり、調整さえも不要。グルコライト(Glucolight)は […]

全文を読む

6種の医療画像法で利用できるナノ粒子を開発

January, 23, 2015, Buffalo--

バッファロー大学(UB)の研究チームは、2つの生体適合パーツを使用して6種類の医療画像法で検出できるナノ粒子を設計した。  6種類のイメージング法は、CTスキャニング、PET、光音響イメージング、アップコンバージョンイメ […]

全文を読む

ボトルシップ型フェムト秒レーザ三次元加工技術を開発

January, 21, 2015, 和光--

理化学研究所(理研)光量子工学研究領域 理研-SIOM連携研究ユニットの杉岡幸次ユニットリーダーらの研究チームは、2光子造形法によりガラスマイクロ流体構造内部に精密な三次元構造を有する機能素子を形成する技術を開発した。 […]

全文を読む

Verisante Technology、脳腫瘍研究を発表

January, 21, 2015, Vancouver--

ベベリサンテ・テクノロジー(Verisante Technology, Inc)は、BC Cancer AgencyとImperial College Healthcare NHS Trustと提携して、同社の独占ライセ […]

全文を読む

DNA検出を簡素化するフォトニック結晶ナノレーザバイオセンサ

January, 16, 2015, Washington--

DNA、ガンやアルツハイマーなどの他の病気の潜在的なバイオマーカータンパク質の簡単な識別法が間もなく実現しそうである。これは横浜国立大学の研究成果。  Applied Physics Lettersに発表された論文による […]

全文を読む

UCLA、細胞レベルでガンを検出するレンズフリー顕微鏡を開発

January, 9, 2015, Los Angels--

カルフォルニア大学(UCLA)の研究グループは、大型で高価な光学顕微鏡と同じ精度でガンや他の細胞レベルの異常検出に使えるレンズフリー顕微鏡を開発した。  この研究成果によってより安価で可搬性を特徴とする技術が可能になり、 […]

全文を読む

手術後に残った悪性ガン細胞も除去する新技術を開発

January, 8, 2015, Corvallis--

オレゴン州立大学(OSU)の研究チームは、ガン細胞に選択的に化合物を挿入する新しい方法を開発した。これは、外科医が悪性組織を特定する際に役立ち、光線療法と組み合わせることで腫瘍摘出後に残ったガン細胞を死滅させるシステム。 […]

全文を読む

サザンプトン大学、新しいマーキング技術で脳の働きを見る

January, 7, 2015, Southampton--

サザンプトン大学の研究チームは、脳の働きの理解促進を助けるために個々の脳細胞をカラーマーキングした。  神経科学研究では、細胞に個別ラベル付けし、空間的時間的に追跡することが課題になっている。人の脳には数十億の細胞があり […]

全文を読む

MIT、光遺伝学を使ってREM睡眠パタンを見る

January, 6, 2015, Cambridge--

MITの研究チームは、自然な睡眠パタン実現に一歩近づいた。  研究チームがNational Academy of Sciencesに発表した論文には、光を直接マウスのニューロンに照射する技術を用いてREM、つまり夢見る睡 […]

全文を読む

UCL、オプトジェネティクスで脳にアクセスする

January, 5, 2015, London--

ロンドン大学(UCL)の研究チームは、閃光を使うことでどのように脳が働くかを理解する画期的な方法を開発し、脳の信号を「読み」「書き」できるようになった。  この新しい技術は、脳の電気的活動を読み出し、それを書き込む最先端 […]

全文を読む

ポジトロニウムフォトンでグミベアナノ細孔を評価

January, 5, 2015, Munchen--

ゼラチンは活性薬剤を封入するために製薬業界で用いられている。材料の細孔がどのように影響するかを調べるのは容易ではないが、ミュンヘン工科大学(Technische Universität München)の研究チ […]

全文を読む

NC州立大、新しいバイオセンサ開発に一歩前進

December, 24, 2014, Raleigh--

ノースカロライナ州立大学の研究チームは、水や放射線照射でもペプチドを安定に保つように、窒化ガリウム(GaN)表面にペプチドを結合する方法を発見した。この発見によって、医療や生物学的研究応用で使用する新しい領域のバイオセン […]

全文を読む

細胞内での変性タンパク質の動きを蛍光顕微鏡で見る

December, 15, 2014, Champaign--

イリノイ大学の化学研究チームは、^変性(折りたたまれていない)タンパク質の拡散を特殊な顕微鏡を使って見ることができるようになった。  タンパク質折り畳みと輸送との関連を調べると、アルツハイマーやハンチントン病のようなタン […]

全文を読む

イエナ大学、カラフルナノ粒子を標的細胞に輸送

December, 12, 2014, Jena--

イエナの研究チームは、極めて特殊なナノ粒子の生成に成功した。  結合した染料に応じて、ナノ粒子は肝臓や腎臓に誘導され、活性成分のペイロード(荷重)を直接、標的細胞に放出する。さらに、染料は、生体顕微鏡によって、あるいは非 […]

全文を読む

レーザでフルーツの熟成を調べる

December, 10, 2014, Washington--

レバノンの聖ヨゼフ大学とフランスの西ブルターニュ大学の研究チームは、「クライマクテリックフルーツ」(急速に成熟が進む、リンゴ、バナナ、トマトなどの果物)の収穫時を検出する技術を開発した。  「クライマクテリックフルーツは […]

全文を読む

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。