All about Photonics

Science/Research 詳細

ORNL、次世代カメラ、ダイナミックビジョンセンサ

August, 19, 2019, Oak Ridge--オークリッジ国立研究所(ORNL)は、ダイナミックビジョンセンサ(DVS)という次世代カメラによるライブ情報読み取りトレーニングを行っている。
 これは、ロボット工学のアプリケーションであり、無人走行車センシングを改善できる機能。膨大な情報をフレームで記録する従来のデジタルカメラと違い、DVSは光強度の変化をピクセル毎に転送する。個々のピクセル位置が記録されマイクロ秒でタイムスタンプされ、デジタルデータ「イベント」が作られる。これが、一種のインテリジェントで、エネルギー効率のよいコンピューティングアーキテクチャ、神経形態ネットワークで処理される。「DVSは、それが見ていることの変化だけを記録するので、冗長データは存在しない」とORNL SULIインターン、Kemal Fidanは説明している。同氏は、この夏、ORNLのRobert Pattonのもとでダイナミックビジョンセンサについ研究した。この機能により、センサは、幅広い光強度で高速、省エネ、効果的になる。FidanのプロジェクトはDVSに、手の合図、拍手、二本指のピースサインをリアルタイムで認識できるように教えている。
(詳細は、https://www.ornl.gov/)