Science/Research

エキシトン(励起子)で地上最薄レンズ実現

June, 13, 2024, Amsterdam--

レンズは、光を曲げたり集束したりするために使用される。通常のレンズは湾曲形状でこの効果を得ているが、アムステルダム大学とスタンフォード大学の物理学者は、量子効果を利用した原子3個分の厚さの平面レンズを作った。このタイプの […]

全文を読む

NIH、AIは、網膜イメージングを100倍速くする

June, 11, 2024, Bethesda--

NIHの科学者は、「P-GAN」と呼ばれる人工知能を使用して、目の奥の細胞の次世代イメージングを改善している。 米国国立衛生研究所(NIH)の研究者は、人工知能(AI)を応用して、目の細胞の高解像度画像を生成する技術を開 […]

全文を読む

UZHハイブリッドカメラとAI、ドライバーは歩行者を迅速に検出

June, 7, 2024, Zurich--

人工知能(AI)とバイオインスパイアードカメラを組み合わせることで、現在の車載カメラの100倍の速さで歩行者や障害物を検知することができる。 University of Zurich (UZH)の研究者が達成したコンピュ […]

全文を読む

動物の脳にインスパイアされた自律型ロボットのAIゲームチェンジャー

June, 4, 2024, Delft--

デルフト工科大学(Delft University of Technology)の研究チームは、動物の脳の働きに基づいて、ニューロモルフィック画像処理と制御を使用して自律的に飛行するドローンを開発した。 動物の脳は、GP […]

全文を読む

スタンフォード大、拡張現実が通常グラスになる

May, 31, 2024, Stanford--

スタンフォード大学のエンジニアは、ディスプレイ技術、ホログラフィックイメージング、人工知能(AI)の進歩を組み合わせることで、現実世界を直接見ながらフルカラー3D動画を表示する方法を見つけた。 研究空間コンピューティング […]

全文を読む

人工知能を使用してメタレンズカメラの画質を向上

May, 24, 2024, Washington--

中国の東南大学の研究者は、深層学習(DL)技術を活用して、メタレンズカメラの画質を向上させた。この新しいアプローチは、人工知能(AI)を使用して低品質の画像を高品質の画像に変換するため、これらのカメラは、複雑な顕微鏡アプ […]

全文を読む

ロボットインタフェースがソフトタッチをマスター

May, 7, 2024, Lausanne--

EPFLの研究者は、マシュマロから心臓の鼓動まで、様々な素材の柔らかさを再現できる触覚デバイスを開発し、これまでロボット工学者が逃れてきた一見複雑な課題を克服した。 柔らかさの知覚は、当然のことであるが、多くの行動や相互 […]

全文を読む

ガン診断に未踏の波長を利用~安全性の高い短波赤外蛍光色素を開発

May, 7, 2024, 札幌--

北海道大学などの共同研究チームは、短波赤外蛍光イメージングの医療応用に向けた蛍光色素の開発に成功した。 研究成果は、短波赤外光を利用した非侵襲イメージング技術を医療応用するうえで非常に重要な基礎技術となる。 短波赤外蛍光 […]

全文を読む

超高速の光パターン照明手法を開発

April, 16, 2024, 札幌/岡山--

北海道大学電子科学研究所の渋川敦史准教授、三上秀治教授、岡山大学学術研究院医歯薬学域(薬)の須藤雄気教授、韓国科学技術院(KAIST)生物・脳工学科のMooseok Jang助教授らの研究グループは、超高速の光パターン照 […]

全文を読む

毎秒数兆フレーム処理により光学イメージングの限界を押し広げる

April, 11, 2024, Quebec--

INRS のJinyang Liang教授のチームは、新しい超高速カメラシステムでイメージング速度を向上させた。 より速いスピードを追求することは、アスリートだけのことではない。研究者もまた、発見によってそのような偉業を […]

全文を読む

複数ドローン着陸技術「EAGLES Port」が強風下での精密着陸を実現

April, 8, 2024, 東京--

東北大学タフ・サイバーフィジカルAI研究センターは、同センターが開発し特許取得済みの複数ドローン着陸技術「EAGLES Port」が、風の強い条件下でのドローンの着陸性能を大幅に向上させることを、風洞施設での実機実験によ […]

全文を読む

水空合体ドローンを用いて、遠隔での橋脚水中点検に成功

April, 4, 2024, 東京--

KDDIスマートドローン株式会社(KDDIスマートドローン)、株式会社KDDI総合研究所(KDDI総合研究所)、株式会社プロドローン(プロドローン)は、2024年3月5日、新たに共同開発した水空合体ドローン新型機で、未来 […]

全文を読む

ケアワーカーの動作を真似る新しい着がえロボット

March, 18, 2024, New York--

ヨーク大学(University of York)科学チームは、介護福祉士(ケアワーカー)が服を着せる際の両手の動きを「模倣」できる新しいロボットを開発した。 これまで、高齢者や障害のある人の着替えを補助する補助着付けロ […]

全文を読む

ドローンのLi-ionバッテリ、ストレスの少ないデバイスで第二の寿命が可能

March, 13, 2024, Washington--

空を飛ぶことは、特にドローンに電力を供給するリチウムイオン電池にとってストレスになることがある。これらのセルに過度の負担がかかると、損傷が発生し、デバイスの全体的な寿命が短くなる。 ACS Energy Lettersに […]

全文を読む

EPFL研究者、DIY構造化照明顕微鏡

March, 13, 2024, Lausanne--

EPFLの科学者は、標準的な光学顕微鏡を、細胞、オルガノイド、胚の超解像3D画像を生成できる装置に変えるアドオンを構築するためのガイドを公開した。 何百年もの間、光学顕微鏡は、細胞、バクテリア、酵母の動きを研究したい科学 […]

全文を読む

創造的潜在力標準テストでAIが人を凌駕

March, 12, 2024, Fayetteville--

最近の研究では、151人の人間の参加者が、創造的思考の指標と考えられている発散的思考を測定するために設計された3つのテストでChatGPT-4と対戦した。 発散的思考は、「両親と政治の話をしないようにするための最良策は何 […]

全文を読む

自動運転用LiDARセンサに対する網羅的セキュリティ調査を世界で初めて実施

February, 20, 2024, 東京--

慶應義塾大学理工学部電気情報工学科の吉岡健太郎専任講師らは、カルフォルニア大学アーバイン校のアルフレッド・チェン助教授、同校博士課程学生の佐藤貴海と共同で、自動運転用のセンサが持つ脆弱性に焦点を当てた初めての網羅的セキュ […]

全文を読む

さまざまな距離や照明条件で鮮明な視界を提供するスパイラルレンズ

February, 19, 2024, Washington--

ワシントン—University of Bordeauxと CNRS研究チームは、多様な光条件、さまざまな距離で明確な焦点を維持するらスパイラルレンズを開発した。 新しいレンズは、視力矯正に使用される累進レンズとよく似て […]

全文を読む

Metasurfaceが顔認識をダウンサイズ

February, 16, 2024, 台湾--

台湾の研究者は、既存のプロジェクタベースの技術よりも200倍以上小さい光学系で正確な顔認識を実現できることを実証した(Nano. Lett., doi: 10.1021/acs.nanolett.3c05002)。 流線 […]

全文を読む

ホログラフィによるフルカラー動画投影を実現

February, 14, 2024, 東京--

東京農工大学大学院の山口眞和と齋藤洋輝氏、早稲田大学理工学術院の池沢聡研究院講師、東京農工大学大学院の岩見健太郎准教授は、メタサーフェスを利用して広視域角・高解像度・高効率のフルカラーホログラフィ動画を実現した。この成 […]

全文を読む

マウス用没入型VRゴーグル、脳科学の新たな可能性を解き放つ

February, 8, 2024, Evanston--

ノースウェスタン大学(Northwestern University)の研究者は、マウス用の新しいバーチャルリアリティ(VR)ゴーグルを開発した。 このミニチュアゴーグルは、かわいいだけでなく、実験室で暮らすマウスに、よ […]

全文を読む

360°HUD視界、リアルタイムで路上障害を警告

February, 8, 2024, Cambridge--

ケンブリッジ大学の研究チームは、潜在的な危険を高解像度の3次元ホログラムとしてドライバーの視界にリアルタイムで直接表示することで、交通安全を向上させることができる拡張現実ヘッドアップディスプレイ(HUD)を開発した。 現 […]

全文を読む

見通し外飛行ドローンを安全に制御する実証実験に成功

February, 5, 2024, 東京--

情報通信研究機構(NICT)は、障害物で直接電波が届かない“見通し外”を飛行するドローンに対し、中継用ドローンを経由して、従来使用されてきた電波(2.4 GHz帯)に比べて遠くに飛ばすことができる169 MHz帯電波で通 […]

全文を読む

回転するメタサーフェスを使用してコンパクトな熱画像システム作成

January, 30, 2024, Washington--

パデュー大学の研究チームは、メタ光学デバイスを使用して熱画像を実行する新しい技術を開発した。 このアプローチは、画像化された物体に関するより豊富な情報を提供し、自律航法、セキュリティ、サーモグラフィー、医用画像、リモート […]

全文を読む

無毒QD、民生用エレクトロニクスCMOS SWIR画像センサ道を開く

January, 23, 2024, Barcelona--

ICFOとQurvの研究者は、無毒のコロイド量子ドット(QD)をベースにした新しい高性能短波赤外線(SWIR)イメージセンサを製作した。 Nature Photonics誌に掲載された研究で、研究チームは、相補型金属酸化 […]

全文を読む

ドローン空撮で100m先の数㎜の変形を計測

January, 22, 2024, つくば--

産業技術総合研究所(産総研)分析計測標準研究部門 非破壊計測研究グループ 李志遠 上級主任研究員、叶嘉星主任研究員、同研究部門 遠山暢之 副研究部門長は、株式会社 CORE技術研究所(CORE技研)小椋紀彦研究員((兼) […]

全文を読む

低コストで革新的高速イメージングソリューション

January, 11, 2024, Québec--

革新的な超高速イメージングソリューションを低コストで実現 Jinyang Liang教授のチームは、生物医学とリモートセンシング技術の進歩に貢献する速さの新しいカメラを発表した。 Institut national de […]

全文を読む

高速度撮影の時間スケールをつなぐ光学技術を開発

January, 11, 2024, 東京--

東京大学大学院工学系研究科の佐伯峻生大学院生、中川桂一准教授、佐久間一郎教授らの研究チームは、従来の高速度撮影技術が抱えていた、ナノ秒時間領域における計測時間スケールのギャップを埋める撮影法の開発に成功した。 研究では、 […]

全文を読む

GPSが利用できない時、ドローン飛行にフォトニックチップを利用する

January, 10, 2024, New York--

ロチェスター大学の研究者は、弱い値増幅の量子技術を活用して、ドローンのジャイロスコープを置き換えることを目指している。 ロチェスター大学の研究チームは、無人航空機(UAV)やドローンで現在使用されているジャイロスコープに […]

全文を読む

Fraunhofer、耳を持つドローン

January, 10, 2024, Watchberg--

地震などの自然災害が発生すると、一分一秒が重要である。無人航空機(UAV)は、到達が困難なエリアの初期概要を提供し、犠牲者を検出するのに役立つため、生存者の捜索を支援するためによく使用されるが、犠牲者が見える場合に限られ […]

全文を読む

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。