All about Photonics

Science/Research 詳細

グリーンハウスのLED照明は有用だが、基準が必要

LED AJBoth White LED lamps over greenhouse grown basil

January, 17, 2020, New Brunswick--ラトガース大学の研究によると、LED照明はグリーンハウスの植物成長を促進できるが、最適な光強度や色を決めるために基準が必要である。研究チームは、栽培用照明製品のエネルギー効率改善に役立つ研究を行っている。

多くの照明会社は、最適な「光レシピ」を提供すると主張して、LED製品を市場に出している。このようなレシピは、波長と色の組合せ比率である。例えば、スペクトルで赤と青が4-to-1など。植物科学者は、植物の生育に対するランプの潜在的効果の評価にこの情報を利用することが多い。しかし、Acta Horticulturaeに発表された研究によると、これらの比率を計算する方法について標準手続が欠如している。

「効率的な補助照明が多ければ多いほど、生産者はますます少ない電力で作物を仕上げる必要がある。われわれは、屋内作物生産がより持続可能で、手頃な価格になることを望んでいる」と論文の共著者、A.J. Both教授はコメントしている。

エネルギー効率改善は、ボトムラインに大きな影響を与える。また、新しい作物照明戦略についての情報は、屋内農業産業発展に役立つ。

Bothの以前の研究によると、グリーンハウスと制御環境では、電球を使って太陽光を補完し、照明時間を延長して、野菜、花、ハーブなどの園芸作物を生産する。最近のエネルギー効率の優れたLED技術の進歩により、園芸業には照明オプションが多くなっている。しかし、生産者は技術やLEDオプションを簡単に比較できない、ランプの性能について独立したデータが欠如しているからである。チームの研究により、標準化された製品ラベルの提案に行き着き、メーカーのランプを比較できるようになる。

研究チームは独立に、消費電力、効率、光強度、光分布パタンなど性能測定基準の評価に継続して注目し、その情報を栽培業者に伝えていく。Bothの研究によると、最近の進歩で、LEDランプからの光を正確にコントロールし、植物の生育や発達への影響を調べる機会が得られるようになっている。研究チームは、食料や装飾作物として育てられる植物への光の影響を研究している植物科学者と密接に協力している。

チームの新研究は、特定の波長範囲で光出力を計測する測定器、分光放射計の利用を推奨している。そのような測定器を使うと、様々な光度比が計測できる。研究チームは、太陽光と、植物照明に利用される、LED、高圧ナトリウムランプ、白熱電球、蛍光灯などとの光度比に大きな差があると報告している。チームは、この研究が、植物の成長、発展に重要な特殊波長帯の標準定義の開発に貢献すること考えている。

(詳細は、https://news.rutgers.edu)