All about Photonics

Science/Research 詳細

ヘリオスペクトラ、栽培用LED研究に助成金54000ドル獲得

December, 25, 2015, Gothenburg--ヘリオスペクトラ(Heliospectra AB)は、スウェーデンのイノベーション機関、Vinnovaから研究助成金を獲得し、プロジェクト“LED Lighting to Enhance the Quality of Plants”(植物の品質を強化するLED照明)に取り組む。
 Vinnovaは、イノベーションと社会的便益の条件を改善することによって継続的な成長を促進する。1000万ドルを超える助成金がスウェーデンの96の多様なイノベーションプロジェクトに分配される。
 ヘリオスペクトラは、植物の香りや栄養を活性化させるためのLED成長照明をテストし、生産者や消費者のために生産物の品質を高める。パートナーには、SP、スウェーデン技術研究機関、SLU、農業科学スウェーデン大学、チャルマーズ大学ガ含まれる。
 SLU研究者、Dr. Karl-Johan Bergstrandは、「前の研究で、植物の内的品質に照明品質が非常に重要であることがわかった。われわれは、光を使ってわれわれが温室栽培のハーブで目標としている品質を実現したい」とコメントしている。
 このプロジェクトは、秋に行われた「ハーブの香りに対する照明の重要性」プロジェクトの実現可能性調査の継続である。同プロジェクトでは、きめ細かく制御された条件下でバジルを育てた。使用したのは4つの異なる照明で、1つがHPS(ナトリウムランプ)光、3つのLEDベース光。成熟した植物は刈り取られ、多数の品質要素、成長、揮発性化合物、知覚特性などに関して分析された。
 「予備調査の成果は、光の性質が植物の生育に影響することを示しており、この研究をさらに深めるための格好の基礎となる。異なる波長の照明が植物の香り生成にどのように影響するかをもっと知りたい。目標は、光の助けを借りて生産物の品質を制御し最適化できることである」とプロジェクトマネージャ SP、Tim Nielsen氏は語っている。
 またヘリオスペクトラCEO、Staffan Hillberg氏は、「この助成金、および当社がこの重要な研究に参加していることは、当社が開発し特許を取得している農業照明技術を証明するものとなる」とコメントしている。