All about Photonics

Products/Applications 詳細

Samsung、インテリジェントヘッドライト向けにPixCell LED出荷

April, 26, 2021, Suwon--Samsung Electronicsは、適応型ドライビングビーム(ADB)システムなど、インテリジェントヘッドライトに最適化された新しい自動車LEDモジュール、PixCell LEDを発表した。
 SamsunのPixCell LEDsを装備したADBヘッドランプは、ドライバーの視認性と安全性改善に役立つ。夜間、霧や大雨など悪天候でも全般的なドライビングエクスペリアンスの強化となるからである。

「単純な自動車用光源を超えて、SamsungのPixCell LEDは、道路の安全性と運転の利便性を改善するように設計された新しい照明技術をベースにしている。PixCell LEDから始め、当社は、電気自動車や自動運転車を含む将来の自動車に最適化された照明ソリューションを紹介していく」とSamsung ElectronicsのLEDビジネスチーム、シニアVP、Un Soo Kimはコメントしている。

ADBは、確実な最大運転視認性を支援するように設計された最先端のドライバー支援技術。ADBは、動く車輌近くに物体を発見すると自動的にヘッドライトビームパタンを調整する。これにより、不要なギラつきを防ぐ。将来の自動車技術、自動運転やコネクティッドドライビングなどにおける最近の開発は、車輌の安全基準を高め、究極的にはADBシステム需要を後押しする。

半導体技術におけるSamsungの長年の専門知識を利用し、新しいPixCell LEDは、100以上の超微小セグメントを単一のLEDチップにモノリシック集積し、同時に発光エリアを著しく小さくしている。

これらのLEDセグメントは、クロストークを防ぐためにシリコンウォールで分離されており、優れたコントラストで視認性を著しく高めている。各セグメントは、ピクセルのように機能して、光分布を制御する。ヘッドライトが必要な箇所を正確に照射するようにオン領域とオフ領域を区別しているからである。

発光エリアを、ADBシステム用の従来のディスクリートLEDモジュールの1/16に縮小したPixCell LEDは、ヘッドランプサイズを30-50%縮小できるので、滑らかでよりエレガントなランプの設計自由度が拡大している。

PixCell LED光分布と輝度レベルは、自動車照明ソフトウエアを利用して設計されており、世界中の自動車ランプ向けの様々な規制や要件に適合するように簡単に調整可能。単一標準ヘッドランプ設計をベースにして、ランプメーカーは、多様なデザインニーズに適合し、開発、製造、供給およびTime to Marketのリードタイムを削減するように、照明出力をカスタマイズできる。

Samsungは、次世代電気自動車用途向けにランプメーカーにPixCell LEDsの出荷を始めており、すでに30万を超える電気自動車に十分なPixCell LEDsを供給した。